海外FX初心者におすすめトレード練習ツールとは?おすすめのトレード練習ツールと活用法

woman
「海外FXのトレードを練習したいのですが、どのような方法が良いでしょうか?」
「海外FXのトレード練習ツールとは、どんなものですか?」

海外FXのトレードの練習にはどういう方法があるでしょうか。今回は、海外FX初心者におすすめトレード練習ツールについて解説します。

目次

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールとは

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールとは

トレード練習ツールとは

FXトレードの練習用に作られた「過去」に遡って、トレードの練習ができるシミュレーションツールのこと

を言います。

膨大な過去チャートを記録したシミュレーションツールを利用すれば

  1. 好きな過去に戻って
  2. その時のチャートを分析しながら
  3. トレード戦略を構築して
  4. 実際にどうなったのか?早送りで確認できる

ツールとなっています。

FX初心者は、デモ口座や少額のトレードで練習する方法もありますが、どうしても

woman
「結果が出るまでに時間がかかる」
「デイトレードでは、1日1回、2回しかトレード機会がなく、経験値を積むのに時間がかかる」

というデメリットがあるため、トレード練習ツールを使うことで

woman
「1日で何回もトレードのシミュレーションをお金を使わずに体験できる」

メリットがあるのです。

  1. 現状のチャートを分析する
  2. トレード戦略を立てる
  3. 実際にポジションを持つ
  4. 決済する

という一連のトレードの流れを、「早送り」しながら、スピーディーに体験して、経験値を積めるのが海外FXのトレード練習ツールなのです。

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールの特徴

今回は、AXIORYの提供する「fxSimulator」を利用しながら、説明していきます。

特徴その1.過去のチャートに戻ってトレードができる

トレード練習ツールでは、そのツールが保持している過去データの期間分、過去に戻ってトレードが可能です。

例:fxSimulator

2016年1月11日以降であれば、指定可能となっています。

例:fxSimulator

5年前に戻ってトレードをすることが可能です。

特徴その2.「再生」「早送り」が可能

日時を指定すると、その指定した日時のチャートが表示されます。

過去チャートとは言っても、指定した日時に戻れば、その日時以降のチャート推移は見えないため、過去に戻った未来がわからない状態でトレードを体験することが可能になります。

例:fxSimulator

2016年1月11日 8:30分のチャートデータです。

例:fxSimulator

「再生」を押すと、時間が経過します。

例:fxSimulator

「早送り」を押すと、時間が倍速で経過します。

例:fxSimulator 例:fxSimulator

2倍速
4倍速
8倍速
16倍速
32倍速
64倍速

まで早めて、時間経過・チャート推移を追うことが可能です。

また、ローソク足単位で「前に進む」「後に戻る」ことも可能です。

例:fxSimulator

倍速の早送りができることで、トレード戦略の結果をすぐに知ることができるのです。

特徴その3.「エントリー」「決済」が可能

通常のトレードと同じように「ポジション」をもって、時間経過とともに損益を確認することができます。

例:fxSimulator
例:fxSimulator
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 決済逆指値
  • 決済指値

でのエントリー・決済が可能です。

保有ポジションは

例:fxSimulator 例:fxSimulator
  • 通貨ペア
  • 数量
  • 取引種別
  • 開始時刻
  • 始値
  • 決済逆指値
  • 決済指値
  • 価格
  • コミッション
  • スワップ
  • 総利益
  • 利益

が表示されます。

時間を経過させれば、損益も変動していきます。

特徴その4.「テクニカル分析」が表示可能

トレード練習ツールでは「テクニカル分析」の表示も可能です。

例:fxSimulatorで使えるインジケーター
例:fxSimulatorで使えるインジケーター
  • ストキャスティクスオシレーター
  • 移動平均 収束/拡散
  • ボリンジャーバンド
  • アベレージトゥルーレンジ
  • 商品チャネル指数
  • 指数移動平均
  • 線形加重移動平均
  • 単純移動平均
  • ROC
  • Williams %R
  • 一目均衡表
  • 相対力指数
  • アルーン
  • マスインデックス
単純移動平均の表示
単純移動平均の表示 単純移動平均の表示
ボリンジャーバンドの表示
ボリンジャーバンドの表示 ボリンジャーバンドの表示
一目均衡表の表示
一目均衡表の表示 一目均衡表の表示
標準的なインジケーター(テクニカル分析)のみですが、初心者であれば十分なトレード手法が再現できるインジケーターが用意されていると考えて良いでしょう。

特徴その5.チャート上に「図形」表示可能

図形を引くことが可能
図形を引くことが可能
  • 長方形
  • 楕円形
  • 矢印

を引くことができます。

図形を引くことが可能
  • 水平線(レジスタンスライン、サポートライン)
  • チャネルライン
  • レンジのボックス

などを引くことでトレードが可能になります。

また、フィボナッチレベルが利用可能です。

図形を引くことが可能

フィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)を引くことが可能です。

特徴その6.無料で利用できる

多くのトレード練習ツールは無料で、簡単な登録のみで利用することが可能です。

例:fxSimulatorの利用手順

手順その1.AXIORYのウェブサイトに行く
口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当
手順その2.無料登録する
手順その2.無料登録する

登録フォーム

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号
  • 利用規約の同意

を入力して「利用を開始ボタン」をクリックします。

名前や電話番号などは、架空のものでも、問題なく利用ができました。

手順その3.ログインする

メールアドレスと設定したパスワードでログイン可能です。

会員登録後は、ログインしなくても、自動的にログイン状態になり、fxSimulatorが利用できます。

手順その3.ログインする

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールのメリット

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールのメリット

メリットその1.すぐにトレード戦略のテストができる

デモ口座やリアル口座でトレードを練習するとなると

1日4回しかトレード機会のないデイトレードのトレード手法を採用してしまったら、1日4時間パソコンに張り付いても、年間50回程度しかトレードはできないです。

1年間で50回分のトレードの経験値しか貯まらない

ということになります。

トレード練習ツールを利用すれば

  • 採用するトレード方法のエントリータイミングまで、時間を早送りしながら探せる
  • してから結果が出るまで、時間を早送りできる

のですから、5分あれば1回のトレードが完了します。

1日4時間パソコンに張り付いていれば

1日で48回分のトレードの経験値を貯められる

のです。

普通

にデモ口座やリアル口座でトレードした1年分の経験値を、たった1日で体験することができるのが「トレード練習ツール」の最大のメリットと言っていいでしょう。
  • どのトレード手法が結果が出るのか?
  • どういうタイミングでエントリーすべきか?
  • どういうタイミングでエグジットすべきか?

FX初心者は、練習回数を積まないと、なかなか経験値が貯まらずに「負ける期間(赤字の期間)」が長引いてしまうのです。

トレード練習ツールで経験値を積み上げれば、「負ける期間(赤字の期間)」を短くすることが可能になります。

メリットその2.チャートの推移を直感的にとらえることが可能になる

実際に過去のチャートを見ながら

早送りをして、チャートの推移を追いかけることで

「どういう時に、どういう風に、チャートが動くのか?」

為替変動・チャートのクセやパターンというものを体感して、身に着けることができます。

儲けているプロのトレーダーほど、チャートとにらめっこする期間が長く、理論とは別に体感の中で、チャートのクセやパターンが染みついているのです。

これを「最大64倍速という早送りで体験できる」というのは、トレード練習ツールの大きなメリットです。

メリットその3.完全に無料で時間制限もない

デモ口座も、仮想のお金で無料でトレードできる口座ですが

デモ口座は、練習というよりは「その海外FX業者(海外FX口座)の使い勝手をお試しするための口座」という位置づけになります。

そのため、「1カ月のみ利用可能」という利用制限があるなど、練習用に使い続けることができるツールではないのです。

トレード練習ツールであれば、完全に無料で、利用期限なく、練習が可能になります。

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールのデメリット

海外FX初心者におすすめトレード練習ツールのデメリット

デメリットその1.心理的負荷は体験できない

  • リアル口座で、自分のお金がかかった中でのトレード
  • 練習ツールで、負けても全くお金が減らない状態でのトレード

では「心理的負担(心理的負荷)」が異なります。

損失が大きくなれなるほど、

man
「自分が頑張って稼いだお金が減るのが、もう我慢できないエグジットしよう。」
「負けを取り戻すためには、2倍のポジションでトレードするしかない。」

というように「心理的負担(心理的負荷)」がかかり、あらかじめ決めていたトレードルール通りにはトレードできないケースは少なくありません。

teacher
勝てる投資家ほど、「心理的負担(心理的負荷)」を跳ね返す意思の強さがあり、決めたことを従順に実行し続けるのですが、この「心理的負担(心理的負荷)」は、練習ツールやデモ口座では体験できないのです。

トレード練習ツールで勝率の高い、稼げるトレード手法を見つけたからと言って、リアル口座で実際に自分のお金を賭けてトレードしたら、勝てなくなる可能性があるのです。

「心理的負担(心理的負荷)」までは、トレード練習ツールでも、練習できないのです。

デメリットその2.使えないインジケーターも多い

基本的にインジケーターは利用できるようになっていますが、MT4/MT5(メタトレーダー)にある何万というインジケーターと比較すると、数は少なく、利用できないインジケーターも少なくありません。

試したいトレード手法があったとしても、そのトレード手法で利用するインジケーターがなければ、そのトレード手法を試すことができないのです。

トレード練習ツールの活用法

トレード練習ツールの活用法

手順その1.利用したいトレード手法を決める

まずは、「自分がどういうトレード手法を利用したいのか?」を決める必要があります。

「どういう戦略で行くのか?」まずは、直感でも構わないので、決める必要があります。

この時のポイントとしては、トレード練習ツールで利用できるインジケーターを利用したトレード手法でなければなりません。トレード練習ツールで使えないインジケーターのトレード手法は、再現することができません。

参考トレード手法

手順その2.過去に戻って、トレード手法を試す

基本的にトレード手法を試す回数としては

  • 10回:データが少ない
  • 20回~30回:ある程度の精度
  • 40回~60回:十分な精度

と考えるため、40回~60回を目安にトレードをテストする必要があります。

トレード練習ツールであれば、5分で1回のトレードは可能になるため、4時間あれば十分に一つのトレード手法の成果を知ることができます。

手順その3.複数のトレード手法で結果の良かったものを採用する

1日4時間あれば、一つのトレード手法の結果

  • 勝率
  • 収益

を確認することができるはずです。

1カ月(20日)あれば、トレード手法20個をテストすることが可能です。

20個のテストしたトレード手法の中から

  • 最も収益の高いトレード手法
  • 最も勝率の高いトレード手法
  • 自分が使いやすかったトレード手法

を、メインで採用するトレード手法として、選択します。

teacher

ポイントとしては、メインで採用するトレード手法は一つだけでなく、2、3個は候補を持っておくべきです。

トレード手法にも、流行り廃りがあり、時代の流れで通用しなくなる可能性やリアル口座で機能するトレード手法が異なる可能性もあるからです。

手順その4.選んだトレード手法をカスタマイズしてより精度を高める

採用するトレード手法が決まったら

  • エントリータイミングを変えてみる
  • エグジットタイミングを変えてみる
  • 他のテクニカル分析と併用する
  • 別の通貨ペアでトレードしてみる

など、試行錯誤を繰り返すことで

トレード手法を自分流にカスタマイズすることが可能になります。

この作業をPDCA(仮説 → 実行 → 分析 → 改善)と言いますが、PDCAを回しながら、精度を高めることで、より勝率・収益性の高い自己流のトレード手法にカスタマイズできあmす。

teacher

ポイントは、エントリーごとにトレードノートをつけなければ「何が結果が良かったのか?」「何が結果が悪かったのか?」把握することができません。

トレードノートを付けることをこころがえましょう。

手順その5.リアル口座で試してみる

ここまでくれば、あとは実践あるのみです。

リアル口座でしか体験できない「心理的負担(心理的負荷)」がありますが、結果が出なくても、トレード手法・戦略の通りに忠実にトレードを実行することをおすすめしおます。

teacher
リアル口座でのトレードの中でも、トレードノートを付けながら、PDCAを繰り返すことが重要です。

おすすめのトレード練習ツール

AXIORY/fxSimulator

AXIORY/fxSimulator
口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

ThinkMarkets/ThinkTrader

ThinkMarkets/ThinkTrader

その他の海外FXおすすめツールはこちら

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円