勝てない投資家必見!プロにトレードを任せる海外FXのMAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)とは?MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)のメリットデメリット、仕組み、はじめ方を徹底解説

man
「なかなか、FXトレードで勝てない。」
「海外FXをやってみたんだけど、徐々に負けて資産が目減りしていってしまう。」
・・・

という方におすすめなのが「MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)」と呼ばれる海外FX業者などが提供しているサービスです。今回は、MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)のメリットデメリット、仕組み、はじめ方を丁寧に解説します。

目次

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)とは?

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)とは?

マネージドアカウントとは?

投資家の代わりに「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」が資産運用してくれる口座のこと

を言います。

投資家は、お金を出すだけで「後はプロにお任せ。」という形で、資産運用ができる「投資信託」「ファンド」に近い性質のサービスであり、これらの「FX版」と考えてよいでしょう。

マネージドアカウントの主なものは

  1. MAM口座(マム口座)
  2. PAMM口座(パム口座)

があります。

MAM口座(マム口座)とは?

MAM口座(マム口座)は、英語では「Multi Account Manager」の略で、運用者である「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」が投資家の口座を借りて、売買の指示を行う形のマネージドアカウントのことを言います。
  • 資産は「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」に預ける必要がない
  • 「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」が利用するのは、投資家の口座上でトレード

という形になっています。

PAMM口座(パム口座)とは?

PAMM口座(パム口座)は、英語では「Percentage Allocation Management Module」の略で、運用者である「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」の口座と投資家の口座を紐づけて、運用者が複数の投資家の口座を合算した「マスター口座」で売買するマネージドアカウントのことを言います。

「MAM口座(マム口座)とPAMM口座(パム口座)の違いがわからないんだけど・・・」

  • MAM口座(マム口座) → 運用者の取引履歴が委託した投資家にバレます。(投資家の口座でトレードするため)
  • PAMM口座(パム口座) → 運用者の取引履歴は委託した投資家にバレません。(委託者は口座残高の推移しかわからない)

という大きな違いがあります。

マネージドアカウントを運用する「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は

トレードノウハウが飯のタネ

ですから、人にその手口がばれることを極端に嫌います。

なぜなら

  • 多くの人に自分のトレード手法がばれてしまえば、トレード手法自体が通用しなくなる可能性がある
  • 委託者に自分のトレード手法がばれてしまえば、次からは自分でトレードしてしまい自分に委託しなくなる

からです。

結果的に

優秀な「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、MAM口座(マム口座)ではなく、PAMM口座(パム口座)しかやらない

ことになってしまうのです。

teacher

実際、サービスとして展開されているのは、圧倒的に「PAMM口座(パム口座)」が多いのです。

海外FX、海外投資でマネージドアカウントを検討している場合は、迷わず「PAMM口座(パム口座)」をおすすめします。

PAMM口座/マネージドアカウントの仕組み

PAMM口座/マネージドアカウントの仕組み

PAMM口座/マネージドアカウントの仕組み

PAMM口座/マネージドアカウントの仕組み

説明

  1. 「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、PAMM口座を開設できる海外FX業者で口座開設する
  2. 「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、自分に資産運用を委託してくれる投資家を募集する
  3. 資産運用を委託する投資家は、同じ海外FX業者にPAMM口座用の口座を開設し、入金する
  4. 資産運用を委託する投資家の残高が合算されたマスター口座(親口座)ができる
  5. マスター口座(親口座)と委託者の子口座が紐づけられる
  6. 「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、マスター口座(親口座)を運用する
  7. 委託者の子口座は、出資割合に応じて、マスター口座と同じ売買を行う
  8. 発生した利益の30%が運用者の取り分、70%が委託者にバックされる

という流れになっています。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)の報酬分配

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)の報酬分配

一般的な相場は

  • 運用者:利益の30%
  • 委託者:利益の70%

が取り分となっています。

利益が出なかった場合には、運用者である「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、1円も報酬が入りません。

これは「投資信託」「ファンド」と大きな違いです。

利益が出なければ、無収入になってしまうのですから、「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、必死に利益を出そうとするのです。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するメリット

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するメリット

メリットその1.プロが運用するからこそ、勝ちやすい

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を運用する「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)からの収入 = 自分の給料

です。

それを生業にしているのですから、副業や経験の少ない投資家とは、レベルが違うほどノウハウを持っているのです。

しかも、利益が出なかった場合には、運用者である「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、1円も報酬が入らないのです。

この条件であれば

  • 数年しかトレード経験がない投資家
  • FXトレードで利益が出ない投資家
  • 専業主婦トレーダー
  • 副業トレーダー

よりも、「何倍も勝ちやすい」ことがわかるかと思います。

メリットその2.運用金額が大きくなるからこそ、勝ちやすい

不思議に思うことがないでしょうか?

man
「そんなに勝てるんだったら、人の資産運用なんてしないで「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は自分でトレードして稼げば良いのでは?」

なぜ、「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、自分でトレードしないかというと・・・

FXトレードでは、資金力が大きい方が勝ちやすい

からです。

運用する資金力が大きくなれなるほど、相場を動かす力があるのです。

ある時点で「損切」を抱えている個人投資家が多い

と判断すれば、一気に売りをかけて「損切」を発動させ、相場が戻るタイミングで利益を出す

という機関投資家ならではの戦略がとれるのです。

複数の投資家の資産を合算してトレードできる「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、自分でトレードするよりも、勝率を挙げられるのです。

メリットその3.FXトレード以外の時間をとれる

FXトレードを本気でやろうとすれば

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードであれば、1日何時間も、パソコンの前でチャンスを伺っていなければなりません。

運用を任せてしまえば、その負担はなくなります。

1日何時間という時間が自由になるので、ほかの趣味や仕事、副業、別の投資に時間を割くことができます。

メリットその4.少額から投資ができる

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)は

複数の投資家の口座を運用者が一括管理できる仕組みです。

何人投資家が増えても、管理の手間は変わらないのです。

そのため、MAM口座/PAMM口座によって最低入金額は異なりますが、1万円程度からはじめられるものもあるのです。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するデメリット

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するデメリット

デメリットその1.日本の国内FX業者には同様のサービスがない

日本では、他人の資産を運用するためには「金融商品取引業者」「投資法人」などの免許が必要になります。

個人や中小企業、零細企業だとなかなか「金融商品取引業者」「投資法人」の免許が取れないのです。

優秀な「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」は、個人の方が多いため

日本には、MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)はないのです。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用したい場合は、海外の企業のMAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用する必要があります。
海外業者とやり取りしなければならないため、日本人スタッフが在籍している海外FX業者を除けば、ほとんどのケースで最低限の英語が必要になってきます。

デメリットその2.どうやって運用されているかがわからない

  • MAM口座:取引履歴がわからない
  • PAMM口座:取引履歴がわかる

という違いがありますが、ほとんどのケースで「PAMM口座」が主流のため

man
「どうやって、自分の資金が運用されているのかがわからない。」

というのが通常の状態です。

不安などを感じるかと思いますが「信じて任せる」必要があるのです。

デメリットその3.誰に任せるのかの判断が重要

alpari PAMM

alpari PAMM

このようにalpari(アルパリ)では

3,500人の「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」が参加しています。

当然ながら、運用成績には差があり、「だれを選ぶのか」が最大のポイントとなってきます。

alpari PAMM

運用成績は公開されていますが、その運用成績を見ながら、優秀な方を見つける必要があります。

デメリットその4.細かい調整は一切できない

基本的に

自分の裁量トレードであれば

  • 損切
  • 利確
  • エントリー
  • エグジット
  • ロット変更
    ・・・

も、当然ですが自由自在です。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)の場合は

  • いくら入金するか?
  • 誰に任せるか?
  • 利用する
  • 利用しない

ぐらいしか決められることがありません。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)のはじめ方

基本的には

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を取り扱っている海外FX業者を利用する

という方法になります。

alpari

alpari
  • 複数のPAMM口座を扱う
  • 日本人スタッフなし

IronFX

IronFX IronFX
  • IronFX自身がPAMM口座の運用者
  • 「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」へパーソナル・マルチ口座管理(PMAM)プラットフォーム提供
口座の種類固定ライブスプレッドVIP口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.60
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ500倍
約定力スリッページなし
取引の99.62%が1000分の1秒以内に実行
成行注文は取引の100%が1000分の1秒以内に実行
最低入金額200万円相当

実際にIronFXに100万円を入金して、PAMM口座で運用を開始しました。

TitanFX

TitanFX
  • 「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」へTitan FX マルチアカウントマネージャー(MAM/PAMM)提供
口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

FXopen

FXopen
  • 複数のPAMM口座を扱う
口座の種類STP口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
0.00
平均スプレッド
米ドル/円
3.20
最大レバレッジ500倍
約定力
最低入金額1,000円相当
alpari → 複数のPAMM口座への投資が可能
IronFX → IronFXが運用するPAMM口座への投資が可能
TitanFX → 運用者向けのPAMM口座あり
FXopen → 複数のPAMM口座への投資が可能

という違いがあります。

teacher
alpariやIronFXの場合は、PAMM口座の口座開設をすることで利用することができます。
TitanFXの場合は、TitanFXに聞けば自社の管理口座を使っている「ファンドマネージャー」を紹介してくれる可能性があります。

「MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)とコピートレード、ソーシャルトレードは同じもの?」

コピートレード、ソーシャルトレードとは

優秀なトレーダーのトレードをコピー(フォロー)することで、そのトレーダーと同じトレードを自動的に行うことができる仕組みのこと

を言います。

基本的には「PAMM口座」と同じ仕組みと考えてよいでしょう。

明確な定義はありませんが・・・

PAMM口座
  • クローズされた場所で、本当に優秀なトレーダーが高額な資金を運用する
  • 最低入金額が高い
  • 運用成績などの情報があまり公開せれていない
コピートレード、ソーシャルトレード
  • オンライン上で運用成績が公開されている
  • 最低入金額が低い
  • 運用成績などの情報が多く公開されている

という違いがあります。

コピートレード、ソーシャルトレードの方がとっつきやすい面もあります。

  • 運用資金額が少額
  • 運用成績を見て、多くのマネージャーから選びたい

→ コピートレード、ソーシャルトレードがおすすめ

  • 利回りの高い、本格的なマネージャーを探している

→ PAMM口座がおすすめ

です。

コピートレード、ソーシャルトレードがおすすめの海外FX業者

Traderstrust/ソーシャルコピートレーダー

Traderstrust/ソーシャルコピートレーダー
口座の種類クラシック座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.40
平均スプレッド
米ドル/円
2.00
最大レバレッジ500倍
約定力0.04秒以内で99.9%の注文が約定
最低入金額5千円相当

HotForex/HFコピー

HotForex/HFコピー
口座の種類マイクロ口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.70
最大レバレッジ1000倍
約定力
最低入金額500円相当

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するときの注意点

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するときの注意点

注意点その1.信頼できる海外FX業者のMAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用する

多くの海外FX業者は

  • MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)のマネージャー

を募集しているのですが、マネージャーが応募する際には、必ず「審査」が入ります。

運用成績が悪いマネージャーを入れてしまうと、海外FX業者全体の評価が悪化してしまうからです。

当然、

  • 信頼性の高い海外FX業者ほど、審査が厳しく、生き残ったマネージャーは優秀
  • 信頼性の低い海外FX業者ほど、審査が適当で、多くのダメマネージャーもいる

ことになってしまいます。

マネージャーが多いPAMM口座が一見良いPAMM口座に思えてしまいますが、選択肢の多さは、成績の優秀なマネージャーに絞り込んでいないともいえるのです。

どこが優秀か?というのは、複数のPAMM口座を使いながら見極めていくしかないでしょう。

注意点その2.日本人スタッフが在籍しているMAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用する

英語が話せる投資家であれば、日本人スタッフの有無は関係ありません。

しかし、英語ができない方がPAMM口座を利用する場合には、日本人スタッフが在籍している海外FX業者を利用する方が無難です。

何かトラブルがあったときに問い合わせができる窓口は、日本人スタッフであった方が、何倍もトラブルの解決がしやすいのです。

注意点その3.優秀なPAMM口座でも一時的に資産が減ることもある。辛抱強く利用すべき

どんなに優秀なPAMM口座のマネージャーであったとしても、一時的に資産が減る可能性はあります。

注意点その3.優秀なPAMM口座でも一時的に資産が減ることもある。辛抱強く利用すべき
ある程度の期間の我慢は必要になってきます。

まとめ

マネージドアカウントとは?

  • 投資家の代わりに「プロトレーダー」「ファンドマネージャー」が資産運用してくれる口座のこと

を言います。

マネージドアカウントには

  1. MAM口座
  2. PAMM口座

の2種類があり、PAMM口座が主流です。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するメリット

  • メリットその1.プロが運用するからこそ、勝ちやすい
  • メリットその2.運用金額が大きくなるからこそ、勝ちやすい
  • メリットその3.FXトレード以外の時間をとれる
  • メリットその4.少額から投資ができる

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)を利用するデメリット

  • デメリットその1.日本の国内FX業者には同様のサービスがない
  • デメリットその2.どうやって運用されているかがわからない
  • デメリットその3.誰に任せるのかの判断が重要
  • デメリットその4.細かい調整は一切できない
teacher

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)には、メリットデメリットがありますが、裁量トレードでなかなか利益が出せない投資家の選択肢として、割り切って「プロに任せてしまう。」という方法もおすすめします。

MAM口座/PAMM口座(マネージドアカウント)は、利益が発生しなければ、運用者の収益はゼロ円なのですから、必死で運用してくれるのです。

実際にIronFXに100万円を入金して、PAMM口座で運用を開始しました。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円