【海外FXトレード手法1週間検証ブログ】ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレード/勝率80.0%、+62.8pips勝

teacher
海外FXトレード手法検証ブログでは、ハイレバレッジトレードができる海外FXで「稼げる可能性の高い」トレード手法、トレードテクニックを実際に1週間テストしてみて、どのくらいの勝率になるのか?どのくらいのpipsが稼げるのか?を実際にトレードをしてみて、検証する海外FXブログです。高い勝率のトレード手法があれば参考にしてください。

目次

検証したトレード手法の概要

今回は「移動平均線」と「ストキャスティクスのテクニカル分析を利用したシンプルなトレードです。

移動平均線の特徴

移動平均線とは

過去○日の終値の平均値を線グラフで示したもの
  • 短期線:5日移動平均線、9日移動平均線、25日移動平均線
  • 中期線:52日移動平均線、75日移動平均線
  • 長期戦:200日移動平均線

があり、今回のトレード手法では

移動平均線とは
  • 62EMA(赤)
  • 200SMA(青)
  • 800SMA(黒)

の3本の移動平均線を使います。

62EMA(赤)
200SMA(青)
800SMA(黒)

の順で、並行に位置しているとき(短期・中期・長期が同じトレンドを示す) → 強い上昇トレンド発生中

800SMA(黒)
200SMA(青)
62EMA(赤)

の順で、並行に位置しているとき(短期・中期・長期が同じトレンドを示す) → 強い下降トレンド発生中

と判断します。

ストキャスティクスの特徴

ストキャスティクスとは

「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するテクニカル分析のこと

を言います。

ストキャスティクスでは、サブチャートに「%K(パーセントK)」「%D(パーセントD)」の二本のラインが引かれます。

ストキャスティクスとは

「%K(パーセントK)」:短期ライン

  • ( 当日の終値 - 過去9日間の安値 ) / ( 過去9日間の高値 - 過去9日間の安値 )

「%D(パーセントD)」:中期ライン

  • ( 当日の終値 - 過去9日間の安値 )の3日間の合計 / ( 過去9日間の高値 - 過去9日間の安値 )

計算式を見てもらうとわかる通りで

  • 「当日の終値と過去9日間の安値の価格差」が「過去9日間の高値と過去9日間の安値の価格差」と同じぐらい(80~100) → 当日の終値が過去9日間の高値に近づいているので「買われすぎ」
  • 「当日の終値と過去9日間の安値の価格差」が「過去9日間の高値と過去9日間の安値の価格差」よりかなり小さい(0~20) → 当日の終値が過去9日間の安値に近づいているので「売られすぎ」

と判断するのです。

ストキャスティクスとは
「%K(パーセントK)」が80~100の「買われすぎ」ゾーンにいる → 「売り」エントリーチャンス
「%K(パーセントK)」が0~20の「売られすぎ」ゾーンにいる → 「買い」エントリーチャンス

となります。

今回のトレードでは、さらにゴールデンクロス、デッドクロスで、相場の転換点を見極めます。

「売られすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を下から上に抜く

→ 強い上昇トレンド

「買われすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を上から下に抜く

→ 強い下降トレンド

となります。

MT4・MT5の設定

MT4・MT5の設定
  • 「%K(パーセントK)」期間:30
  • 「%D(パーセントD)」期間:10
  • スローイング:10

で今回は設定しています。

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードの特徴

今回のトレード手法は

押し目買い・戻り売りの順張りトレード

となります。

上昇トレンド中に一時的に下降し、再上昇するときに「買い」エントリー

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードの特徴

下降トレンド中に一時的に上昇し、再下降するときに「売り」エントリー

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードの特徴

です。

  • トレンドの発生を判断する → 3本の移動平均線
  • 再上昇、再下降を判断する → ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロス

という役割分担となります。

トレンドの発生を判断する

62EMA(赤)
200SMA(青)
800SMA(黒)

の順で、並行に位置しているとき(短期・中期・長期が同じトレンドを示す) → 強い上昇トレンド発生

800SMA(黒)
200SMA(青)
62EMA(赤)

の順で、並行に位置しているとき(短期・中期・長期が同じトレンドを示す) → 強い下降トレンド発生

再上昇、再下降を判断する

「売られすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を下から上に抜く

→ 強い上昇トレンド

「買われすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を上から下に抜く

→ 強い下降トレンド

組み合わせると

組み合わせると

62EMA(赤)
200SMA(青)
800SMA(黒)

の順で、並行に位置しているときに

「売られすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を下から上に抜く

→ 「買い」エントリー

800SMA(黒)
200SMA(青)
62EMA(赤)

の順で、並行に位置しているときに

「買われすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を上から下に抜く

→ 「売り」エントリー

となります。

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードのメリットデメリット

メリット

  • 勝率が高い
  • エントリータイミングが明確
  • エグジットタイミングが明確

デメリット

  • エントリー機会が少ない
  • 勝ち幅はそれほど大きくない

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードのエントリータイミング

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードのエントリータイミング ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードのエントリータイミング

手順その1.トレンドの方向を確認する

  • 62EMA(赤)
  • 200SMA(青)
  • 800SMA(黒)

の順で、並行に位置 → 強い上昇トレンド発生

  • 800SMA(黒)
  • 200SMA(青)
  • 62EMA(赤)

の順で、並行に位置 → 強い下降トレンド発生

手順その2.ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスを待ってエントリー

上昇トレンド発注中

「売られすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を下から上に抜く

→ 「買い」エントリー

下降トレンド発生中

「買われすぎ」ゾーンで短期戦「%K」が中期線「%D」を上から下に抜く

→ 「売り」エントリー

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードのエグジットタイミング

手順その1.反対のゾーンでのクロスでエグジット

「買い」ポジション

「買われすぎ」ゾーンで中期線「%D」が短期戦「%K」を上から下に抜く

→ 利確エグジット

「売り」ポジション

「売られすぎ」ゾーンで中期線「%D」が短期戦「%K」を下から上に抜く

→ 利確エグジット

手順その2.損切

10pipsのストップロス注文

移動平均線と水平線(サポートライン・レジスタンスライン)の順張りトレードのトレード検証

MT4/チャート/テクニカル分析の設定

  • 5分足
  • 米ドル/円
  • 移動平均線:62EMA、200SMA、800SMA
  • ストキャスティクス:%K30、%D10

トレードルール

移動平均線でトレンドの発生を確認
上昇トレンドで、「売られすぎ」ゾーンで「%K」が「%D」を下から上に抜く
下降トレンドで、「買われすぎ」ゾーンで「%K」が「%D」を上から下に抜く
反対のゾーンでのクロスで利確
エントリー時に10pipsのストップロス注文で損切

検証期間

2020年8月31日~2020年9月4日

2020年8月31日~2020年9月1日

2020年8月31日~2020年9月1日 2020年8月31日~2020年9月1日

ポジション方向「売り」
エントリー:105.894
エグジット:105.995

-10.1pips損失

2020年8月31日~2020年9月1日

2020年8月31日~2020年9月1日 2020年8月31日~2020年9月1日

ポジション方向「売り」
エントリー:105.912
エグジット:105.631

+28.1pips儲け

2020年9月2日~2020年9月3日

2020年9月2日~2020年9月3日

ポジション方向「買い」
エントリー:106.166
エグジット:106.262

+9.6pips儲け

ポジション方向「買い」
エントリー:106.127
エグジット:106.21

+8.3pips儲け

2020年9月3日

2020年9月3日

ポジション方向「買い」
エントリー:106.221
エグジット:106.49

+26.9pips儲け

検証結果

トレード回数:5回
勝敗:4勝1敗
勝率:80.0%
損益:+62.8pips
1回のトレード損益:+12.6pips
手法回数エントリー方向エントリーエグジット損益勝敗
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロストレード1回目売り105.894105.995-10.1pips
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロストレード2回目売り105.912105.631+28.1pips
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロストレード3回目買い106.166106.262+9.6pips
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロストレード4回目買い106.127106.210+8.3pips
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロストレード5回目買い106.221106.490+26.9pips

検証結果考察

トレード手法の良い点

高い勝率

勝率:80%

という高い精度を誇るトレード手法です。

FXトレードのトレード手法の中でも、かなり高い勝率を誇るため、FX初心者にもおすすめのトレード手法です。

エントリーポイント・エグジットポイントが明確

ゴールデンクロス・デッドクロスのタイミングで、エントリーし、エグジットするため、誰がトレードをしても、同じタイミングでのエントリー、同じタイミングでのエグジットとなります。

明確なエントリーポイント、エグジットポイントの設定は、FX初心者向けのトレード手法と言えます。

トレード手法の悪い点

エントリー機会が少ない

5日チェックして、5回しかトレード機会がありません。

1日1回のトレード機会ですから、1日1時間~2時間しかトレードしない投資家は、「その日に一度もトレード機会がない」ということになってしまいます。

トレード機会を増やす工夫が必要不可欠です。

改善できる点

トレード機会の確保

トレード機会を増やすためには、トレードする通貨ペアを広げるしかありません。

  • 米ドル/円

だけでトレードしていた方であれば、順張りトレードですので比較的素直な値動きをする通貨ペアで、選択肢を広げてみます。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/円
  • 米ドル/豪ドル
  • ユーロ/豪ドル

狙う通貨ペアを6種類に増やせれば、理論上は、トレード機会も6倍になるはずです。

6倍になれば、5日でトレード機会が30回に増えるので、十分なトレード機会が確保できます。

まとめ

ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレードの順張りトレードの検証結果としては

  • 勝率が高い
  • エントリーポイント・エグジットポイントが明確
  • トレード機会が少ない

という特徴があるトレード手法です。

teacher
エントリーポイント・エグジットポイントが明確で勝率が高いトレード手法ですので、FX初心者におすすめのトレード手法です。押し目買い・戻り売りの順張りトレードですから、利幅は小さいものの、高い勝率を期待でき、かつわかりやすいのが初心者向きです。最大のネックは、トレード機会が少ないことですので、通貨ペアを増やすなど、トレード機会を増やす方法を考えましょう。
海外FXのトレード手法を検証しているブログはこちら
海外FXブログ

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円