海外FXで年10万円超の節税になる裏技!?海外FXは「ECN口座の外付け手数料」で節税

man
「海外FXの大きな問題点は、税金面の負担の大きさ!」

と思っている投資家の方も少なくありません。確かに通常の総合課税が適用されてしまう海外FXでは、税金の負担額が大きいというのは間違えありません。今回は、海外FXの税金を節税する裏技について解説します。

「国内FX」と「海外FX」の税金の違い

「海外FX」の税金

給料や不動産所得と合算して計算する「総合課税」が採用されています。

所得税の税率/2018年

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

復興特別所得税/2018年

所得税額 × 2.1%

住民税の税率/2018年

市区町村民税課税される所得金額×6%均等割り(自治体ごとに違う)
都道府県民税課税される所得金額×4%均等割り(自治体ごとに違う)

「国内FX」の税金

FXだけの利益に対して課税される「申告分離課税」が採用されています。

所得税の税率/2018年

15%

住民税の税率/2018年

5%

合計:20%

その他

  • 3年間の繰越控除
  • 他の金融商品との損益通算

このように税金面だけで見れば「国内FX」の方が「海外FX」よりも何倍も優遇されているのです。

海外FXの税金は「ECN口座の外付け手数料」で節税できる!

海外FX業者に支払うコストには3種類ある

  1. インターバンクの配信プライスの「Bid/Ask」の価格差(スプレッド)
  2. 海外FX業者がインターバンクの配信プラスにマークアップ(上乗せ)するコスト
  3. 海外FX業者の外付け手数料

の3つです。

一般的に

STP口座

インターバンクの配信プライスの「Bid/Ask」の価格差(スプレッド)

海外FX業者がスプレッドにマークアップ(上乗せ)するコスト

ECN口座

インターバンクの配信プライスの「Bid/Ask」の価格差(スプレッド)+

海外FX業者の外付け手数料

という形で、投資家はコストを支払うことになります。

これと「税金」が何が関係あるのかというと・・・

投資家がFX業者に支払うコストの中で

  1. スプレッドは「経費」にならない
  2. 海外FX業者がスプレッドにマークアップ(上乗せ)するコストは「経費」にならない
  3. 海外FX業者の外付け手数料は「経費」になる

ということです。

スプレッドが「経費」にならない理由

1万通貨分米ドル/円:1ドル=100円のロングでポジションを持つ

= 1万ドルを100万円で購入する

ということを意味します。

米ドル/円:1ドル=101円でエグジットする

= 1万ドルを101万円で売却する

1万円の儲け

となります。

teacher

「スプレッド」は、「買い」と「売り」の価格差です。

収支計算をするときには購入価格、売却価格の差額で計算するのですから、スプレッドははじめから収支の計算に含まれているため、スプレッドを経費として計上してしまったら「2重計上」になってしまうのです。

海外FX業者がスプレッドにマークアップ(上乗せ)するコストが「経費」にならない理由

購入価格に含まれてしまっているからです。

投資家は

「FX業者にいくらマークアップ(上乗せ)されているのか?」

を知ることができません。

teacher
知ることができないものを「経費」として計上することはできないのです。

「外付け手数料」が「経費」になる理由

teacher

しかし、「外付け手数料」であれば

  • 「FXの経費」=「売上を上げるために直接要した費用」であること
  • 明確にいくらかわかる

ため、「経費」として計上できるのです。

しかも、

実際に同じ海外FX業者が「STP口座」と「ECN口座」を提供している事例を実際にトレードしたスプレッドとともに表示すると

計測データ

1年間リアル口座で計測したXM(エックスエム)のスプレッド

米ドル/円の平均スプレッド

  • STP口座:2.06pips
  • ECN口座:1.04pips(取引手数料:片道5ドル)

ECN口座の取引手数料は「1ドル=0.1pips」に換算できるので

  • ECN口座の出来上がりコスト:1.04pips + 0.5pips × 2(往復) = 2.04pips
1年間リアル口座で計測したAXIORYのスプレッド

米ドル/円の平均スプレッド

  • STP口座:1.67pips
  • ECN口座:0.62pips(取引手数料:片道3ドル)

ECN口座の取引手数料は「1ドル=0.1pips」に換算できるので

  • ECN口座の出来上がりコスト:0.62pips + 0.3pips × 2(往復) = 1.22pips

となります。

支払うコストで見ると

XM

STP口座:2.06pips
ECN口座:2.04pips

→ ほぼ同じ

AXIORY

STP口座:1.67pips
ECN口座:1.22pips

→ ややECN口座の方がコスト安

となるのです。

支払うコストは、ほぼ変わらないか?ECN口座の方が安くなるのです。

  • ECN口座を利用すればトレードコストは同じか?安くなる
  • 外付け手数料分は「経費」として計上できて、節税につながる

のですから、

海外FXをしている方は手数料無料の「STP口座」から、手数料外付けの「ECN口座」に切り替えるだけで「節税」「コスト削減」が可能になるのです。

では、どのくらい節税につながるかシミュレーションしてみます。

外付け手数料の「ECN口座」にした場合の節税メリット試算

シミュレーションでは簡易的に節税メリットを計算しています。
しっかり、計算したい方はこちらの手順で計算しましょう。

XMを例にとれば
  • STP口座:2.06pips
  • ECN口座:1.04pips(取引手数料:片道5ドル)

ですから、

STP口座で発生していたスプレッドの1.0pips分が取引手数料に変わるので、その分が経費になるということです。

XMではトレードコストに若干の違いはありますが、わかりやすくするため、「STP口座でも、ECN口座でも、トレードコストは同じ(収益は同じ)」として計算します。

外付け手数料の「ECN口座」にした場合の節税メリット試算

外付け手数料なしのSTP口座の場合

1回のトレード収益平均:30pips
1日のトレード回数:2回
1回のトレードの取引量:1万通貨

1日の収益 = 60pips = 6,000円
1カ月の収益(20日換算) = 1,200pips = 120,000円
1年間の収益 = 14,400pips = 1,440,000円

経費:0円

外付け手数料ありのECN口座の場合

外付け手数料:片道5ドル/1ロット(10万通貨) ※XMと同じ
1回のトレード収益平均:30pips
1日のトレード回数:2回
1回のトレードの取引量:1万通貨

1回のトレードの外付け手数料 = 片道0.5ドル × 2(往復) = 1ドル
1日のトレードの外付け手数料 = 1ドル× 2 = 2ドル
1カ月のトレードの外付け手数料 = 2ドル × 20日 = 40ドル
1年間のトレードの外付け手数料 = 40ドル × 12か月 = 480ドル

1日の収益 = 60pips = 6,000円
1カ月の収益(20日換算) = 1,200pips = 120,000円
1年間の収益 = 14,400pips = 1,440,000円

経費:480ドル(1ドル=100円の場合、48,000円)

この方の年収が600万円だった場合、FXの収益分144万円を加えると

所得税率:23%
住民税率:10%

合計:33%

※簡易的に計算しているため、復興特別所得税は除いて計算しています。

節税メリット = 48,000円 × 33% ≒ 15,840円

約15,840円程度税金が安くなることになります。

man
「たった、約15,840円か」

という方もいるかもしれませんが・・・

節税メリット簡易計算

1回の
トレード
収益
外付け
手数料
(ロット)
1日の
トレード
回数
経費収支給与所得合計所得税率節税
メリット
30pips5ドル1回24,000円720,000円6,000,000円6,720,000円30%7,200円
30pips5ドル2回48,000円1,440,000円6,000,000円7,440,000円33%15,840円
30pips5ドル3回72,000円2,160,000円6,000,000円8,160,000円33%23,760円
30pips5ドル4回96,000円2,880,000円6,000,000円8,880,000円33%31,680円
30pips5ドル5回120,000円3,600,000円6,000,000円9,600,000円43%51,600円
30pips5ドル10回240,000円7,200,000円6,000,000円13,200,000円43%103,200円
40pips5ドル1回24,000円960,000円6,000,000円6,960,000円33%7,920円
40pips5ドル2回48,000円1,920,000円6,000,000円7,920,000円33%15,840円
40pips5ドル3回72,000円2,880,000円6,000,000円8,880,000円33%23,760円
40pips5ドル4回96,000円3,840,000円6,000,000円9,840,000円43%41,280円
40pips5ドル5回120,000円4,800,000円6,000,000円10,800,000円43%51,600円
40pips5ドル10回240,000円9,600,000円6,000,000円15,600,000円43%103,200円
50pips5ドル1回24,000円1,200,000円6,000,000円7,200,000円33%7,920円
50pips5ドル2回48,000円2,400,000円6,000,000円8,400,000円33%15,840円
50pips5ドル3回72,000円3,600,000円6,000,000円9,600,000円43%30,960円
50pips5ドル4回96,000円4,800,000円6,000,000円10,800,000円43%41,280円
50pips5ドル5回120,000円6,000,000円6,000,000円12,000,000円43%51,600円
50pips5ドル10回240,000円12,000,000円6,000,000円18,000,000円43%103,200円

※「復興特別所得税」「各種控除」などは考慮しておりません。

  • トレード回数が多い方
  • FXの儲けが高額になる方

の場合は、年間10万円以上の節税につながるのです。

しかも、そもそも

XM

STP口座:2.06pips
ECN口座:2.04pips

→ ほぼ同じ

AXIORY

STP口座:1.67pips
ECN口座:1.22pips

→ ややECN口座の方がコスト安

ECN口座の方がトレードコストが安いのです。

teacher

「節税メリット」と「トレードコストの安さ」を加味すれば

「STP口座」から「ECN口座」へ切り替える

というのも、十分に現実的な選択肢になるのです。

  • 取引回数の多い方
  • 海外FXの収益が大きい方

におすすめのコスト削減方法と言えます。

まとめ

海外FXに限った話ではありませんが

投資家がFX業者に支払うコストは

  1. スプレッドは「経費」にならない
  2. FX業者がスプレッドにマークアップ(上乗せ)するコストは「経費」にならない
  3. FX業者の外付け手数料は「経費」になる

という税務上の違いがあります。

日本国内のFX業者には、外付け手数料の業者がほとんどありません。呑み取引のDD取引を採用しているためです。

しかし、海外FX業者であれば

  • 「外付け手数料」を採用することが多いECN口座が利用できる
  • STP口座の中にも一部「外付け手数料」の口座あり

という状況ですから、外付け手数料の口座に切り替えることで「節税メリット」が得られるのです。

teacher

同じ海外FX業者であっても

  • トレードコストは「ECN口座」の方が「STP口座」よりも安い

傾向があるため、実際のコスト削減も、節税効果と同時に得ることができます。少額投資の個人投資家にとっては、大きなメリットにならないかもしれませんが、ある程度のトレード回数がある、儲けが高額になる大口投資家にはお勧めの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です