海外FXスキャルピングでおすすめのスプレッドの狭い海外FX口座

man
「スキャルピングでおすすめの海外F口座はどこですか?」
「スキャルピングで勝ちやすいスプレッドの狭い海外FX口座はどこですか?」
「スキャルピングトレードでは、どの海外FX業者を選ぶべきですか?」

海外FXでも、スキャルピングをトレードスタイルとしてトレードしている投資家は少なくありません。今回は、スキャルピングを利用する投資家が海外FX口座を選ぶときのポイント、おすすめの海外FX口座について解説します。

海外FX業者でスキャルピングをする投資家が多い理由

海外FX業者でスキャルピングをする投資家が多い理由
スキャルピングトレードとは
  • 数分での売買
  • 1回あたりの勝ち幅は、数pips~10pips
  • 1日に何回もトレードを行う

トレードのことを言います。

teacher
1回あたりの勝ち幅が小さいため、一見するとスプレッドが国内FX業者よりも広く設定されている海外FX業者は不向きのように感じてしまいますが、実際には、海外FX業者を利用しているスキャルパー(スキャルピングトレードをトレードスタイルとしている投資家)は少なくありません。

その理由を解説します。

理由その1.国内FX業者は、スキャルピング禁止のところがある

DMMFXやGMOクリック証券などは「スキャルピングによって口座が凍結された。」という噂が多くSNSで取り上げられている国内FX業者です。

国内FX業者の場合は、公式には「スキャルピングは禁止しておりません。」というスタンスなのですが

  • 自動売買ツールを使ったスキャルピングは禁止
  • カバー取引が困難な時間帯に集中したスキャルピングは禁止
  • 指標発表時や早朝のスキャルピングは禁止
  • サーバーに過度の負担がかかる場合、スキャルピングは禁止

としている場合が多いのです。

国内FX業者の採用している取引方法は「呑み取引(店頭取引、OTC取引)」が基本のため、利益を上げる投資家の注文は、カバー取引をして、リスクヘッジをする形になります。

数分で売買を繰り返すスキャルピングトレードの場合、このカバー取引ができなくなってしまうリスクがあるため、国内FX業者は、一定の条件のもと、スキャルピングトレードを禁止し、禁止事項に抵触した投資家の口座を凍結、利益の消滅、取引制限などの対象にするのです。
teacher
海外FX業者の場合は「スキャルピングトレードOK」という海外FX業者であれば、アービトラージトレードなどでなければ、スキャルピングトレードが可能であるため、多くの投資家がスキャルピングトレードに海外FX業者を選んでいるのです。

理由その2.海外FX業者は、ハイレバレッジでトレードできる

スキャルピングトレードでは

  • 勝ち幅も、数pips~20pips
  • 負け幅も、数pips~20pips

ですから、レバレッジが小さい国内FX業者では、持てるポジションが小さく、何回も勝ち続けないと十分な利益にならないのです。

取引量 1pipsあたりの利益 10pipsあたりの利益 国内FX業者の必要証拠金
レバレッジ:25倍
海外FX業者の必要証拠金
レバレッジ:1,000倍
100通貨 1円 10円 400円 10円
1,000通貨 10円 100円 4,000円 100円
1万通貨 100円 1,000円 40,000円 1,000円
10万通貨 1,000円 10,000円 400,000円 10,000円
100万通貨 10,000円 100,000円 4,000,000円 100,000円

例:1万円の投資資金しかない場合

国内FX業者

  • 保有可能なポジション数 = 10,000円 × 25倍 = 250,000円分の外貨(米ドルなら2,500通貨)
  • 1回10pipsの勝った時の利益 = 25円 × 10pips = 250円

海外FX業者

  • 保有可能なポジション数 = 10,000円 × 1,000倍 = 10,000,000円分の外貨(米ドルなら10万通貨)
  • 1回10pipsの勝った時の利益 = 1,000円 × 10pips = 10,000円
同じトレード手法を使ったとしても、得られる利益には、国内FX業者と海外FX業者で格段の差が出てきます。
安定した勝率を挙げられるスキャルピングトレードの投資家ほど、1回の利益額が数十倍になる海外FX業者を選ぶのです。

理由その3.海外FX業者は、MT4・MT5で高度な分析が可能

スキャルピングトレードで勝つためには高度なテクニカル分析が必要になります。

デイトレードやスイングトレード以上にシビアな分析をする必要があるため

  • 数多くのテクニカル分析を利用できる
  • 数多く自動売買ツールを利用できる
  • 板情報が見れる(ECN口座)

が重要になってくるのです。

海外FX業者では、基本的にどの業者でも、MT4・MT5(メタトレーダー)は利用できるため、上記の条件をクリアしており、初心者向けのトレードツールが多い国内FX業者よりも、高度な分析が可能になるのです。

スキャルピングでおすすめできる海外FX業者選びのポイント

スキャルピングでおすすめできる海外FX業者選びのポイント

1.スキャルピングトレードが禁止されていない海外FX業者を選ぶ

海外FX業者でも

  • スキャルピングトレードを禁止している業者
  • スキャルピングトレードを禁止していない業者

があります。

当然、スキャルピングトレードを禁止していない業者を選ぶ必要があります。

2.スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ

前述したようにスキャルピングトレードは、一回の勝ち幅が小さいトレードスタイルです。

1回の勝ち幅が10pips程度だとしたら

  • 平均スプレッド1.0pipsの海外FX口座を使う
  • 平均スプレッド3.0pipsの海外FX口座を使う

のでは、一回のトレードで2.0pipsもの差が出てきてしまいます。

1日10回のトレードだとすれば、1カ月で200回のトレードになります。1回2pips損をしていたとしたら、1カ月に400pipsも損をしてしまうことになるのです。1年間なら4,800pipsです。

できるだけスプレッドの狭い海外FX業者(海外FX口座)を選ぶことが、スキャルピングトレードで勝つためには必要不可欠なのです。

3.約定力が高い海外FX業者を選ぶ

スキャルピングトレードで大きな問題になるのが

約定力の遅さ = スリッページの発生が多い

です。

数pipsの利幅を狙っているのに、注文から約定が遅れてしまっては、トレード戦略自体が崩れてしまいますし、大きなpipsを稼げるチャンスを逃してしまうことにもつながります。

注文したタイミングですぐに約定する「約定力の高い」海外FX業者を選ぶ必要があります。

海外FXスキャルピングでおすすめのスプレッドの狭い海外FX口座

海外FXスキャルピングでおすすめのスプレッドの狭い海外FX口座 海外FXスキャルピングでおすすめのスプレッドの狭い海外FX口座

1位.TitanFX「ブレード口座」

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

TitanFX「ブレード口座」をスキャルピングトレードでおすすめする理由

スキャルピング推奨
スキャルピング推奨

大口取引やEA、スキャルピングに最適な、格安の取引毎手数料と極狭スプレッド口座

スキャルピング推奨

当社の市場監視アルゴリズムは、デイトレーダー、スキャルパー、EAトレーダーの皆様に、最高水準の取引環境をご提供します

TitanFX「ブレード口座」は「スキャルピングに最適」とスキャルパーをターゲットにしているため、当然、スキャルピングトレードは禁止されていません。
海外FX業者の中で、一番狭いスプレッド

当サイトで定点観測して計測した米ドル/円のスプレッドの平均値では

  • TitanFX「ブレード口座」:0.53pips
  • TitanFX「ブレード口座」(取引手数料含む):1.23pips

と、一番狭い結果を残しています。

海外FX業者の中でも、一番狭いスプレッドでトレードできる海外FX業者として、スキャルピングにおすすめです。
海外FX業者の中で二番目に速い約定スピード

当サイトで定点観測して計測した米ドル/円の約定スピードの平均値では

  • TitanFX:0.419秒

と、二番目に速い結果を残しています。

海外FX業者の中でも、二番目に高い約定力でトレードできる海外FX業者として、スキャルピングにおすすめです。
まとめ
  • スキャルピングを推奨している
  • 海外FX業者の中で、一番狭いスプレッド(当社調べ)
  • 海外FX業者の中で、二番目に速い約定スピード(当社調べ)

ですから、スキャルピングには最適な海外FX口座として、自信を持っておすすめできます。

まとめ

2位.AXIORY「ナノスプレッド口座」

口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

AXIORY「ナノスプレッド口座」をスキャルピングトレードでおすすめする理由

スキャルピング推奨
スキャルピング推奨

スキャルピング(超短期売買)はできますか?
スキャルピング(超短期売買)は可能です。また、スキャルピングの回数に制限は設けておりません。

スキャルピングは禁止されていません。
海外FX業者の中で、二番目に狭いスプレッド

当サイトで定点観測して計測した米ドル/円のスプレッドの平均値では

  • AXIORY「ナノスプレッド口座」:0.53pips
  • AXIORY「ナノスプレッド口座」(取引手数料含む):1.23pips

と、二番目に狭い結果を残しています。

海外FX業者の中でも、二番目に狭いスプレッドでトレードできる海外FX業者として、スキャルピングにおすすめです。
海外FX業者の中で、一番速い約定スピード

当サイトで定点観測して計測した米ドル/円の約定スピードの平均値では

  • TitanFX:0.348秒

と、一番目に速い結果を残しています。

海外FX業者の中でも、一番高い約定力でトレードできる海外FX業者として、スキャルピングにおすすめです。
高度なトレードツール

AXIORYでは

  • チャートパターンを自動分析できる「オートチャーティスト」
  • MT4の機能を強化する独自の強化アプリ「ストライクインジケーター」(トレンドを把握する)
  • 過去の実際のチャートにさかのぼってトレードの練習ができる「fxSimulator」

など、スキャルピングトレードの質を上げるためのツールが多く用意されています。

まとめ
  • スキャルピングは禁止されていません。
  • 海外FX業者の中で、二番目に狭いスプレッド(当社調べ)
  • 海外FX業者の中で、一番速い約定スピード(当社調べ)
  • トレードツールが充実している

という特徴がありjます。

TitanFXに次いで、スキャルピングに最適な海外FX口座として、自信を持っておすすめできます。

まとめ

3位.TRADEVIEW「ILC口座」

口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.250.250.30
最小スプレッド
米ドル/円
1.800.000.000.30
平均スプレッド
米ドル/円
2.000.600.600.60
最大レバレッジ400倍100倍400倍400倍
約定力
最低入金額1万円相当10万円相当1万円相当1万円相当

TRADEVIEW「ILC口座」をスキャルピングトレードでおすすめする理由

スキャルピング推奨
ウェブサイトには開示されていませんが、TRADEVIEWは、スキャルピングトレードが可能な海外FX業者です。、
海外FX業者の中で狭いスプレッド

TRADEVIEW「ILC口座」のスプレッドは、開示されている自社公表の数字ですが

  • TRADEVIEW「ILC口座」:0.60pips
  • TRADEVIEW「ILC口座」(取引手数料含む):1.10pips

の狭いスプレッドを記録しています。

数値上は、TitanFXよりも狭いスプレッドですが、自社公表データは、スプレッドが狭く表記されていることが多いので、1位ではなく、3位としています。

ただし、十分に狭いスプレッドを期待できる海外FX業者と言えます。
まとめ
  • スキャルピングは禁止されていません。
  • 海外FX業者の中で、自社公表データであれば、一番狭いスプレッド(自社公表データ)

という特徴がありjます。

スプレッドが狭い海外FX業者という点でスキャルピングにおすすめできる海外FX業者です。

上記以外のスキャルピングトレードにおすすめできるスプレッドが狭い海外FX業者はこちら

海外FXのトレード手法を検証しているブログはこちら
海外FXブログ
海外FX業者の選び方はこちら
海外FX業者
海外FXの税金・確定申告の最新ガイドはこちら
海外FX税金
海外FXボーナスの最新情報はこちら
海外FXボーナス

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円