海外FXリアルタイムスプレッド一覧。主要海外FX業者のリアルタイムスプレッド比較

man
「海外FX業者のリアルタイムスプレッドを一覧で比較したいのですが?」
「海外FX業者のリアルタイムスプレッドは、参考にすべきでしょうか?」

海外FX業者のスプレッドを比較するときの一つの方法として「リアルタイムスプレッド」というものがあります。その瞬間のスプレッドを比較することができれば、自分が取引する時間帯のスプレッドが狭い海外FX業者を見つけることが可能になります。今回は、海外FXリアルタイムスプレッド一覧。主要海外FX業者のリアルタイムスプレッド比較を行います。

海外FXリアルタイムスプレッドとは?

海外FXリアルタイムスプレッドとは?

海外FX業者のリアルタイムスプレッドとは

文字通り、リアルタイム(今現在)のスプレッドのこと

を言います。

海外FX業者の中でも、リアルタイムスプレッドのみを表示している海外FX業者も少なくありません。その瞬間瞬間のスプレッドを把握することができる特徴があります。

海外FXリアルタイムスプレッド比較

海外FXリアルタイムスプレッド比較

海外FX業者主要業者のリアルタイムスプレッド比較

HotForexのリアルタイムスプレッド一覧

LAND-FXのリアルタイムスプレッド一覧

TradersTrustのリアルタイムスプレッド一覧

IS6FXのリアルタイムスプレッド一覧

AXIORYのリアルタイムスプレッド一覧

AXIORYのリアルタイムスプレッド一覧

TitanFXのリアルタイムスプレッド一覧

TitanFXのリアルタイムスプレッド一覧

海外FXリアルタイムスプレッドで比較するメリット

海外FXリアルタイムスプレッドで比較するメリット

メリット1.自分がトレードする時間帯のスプレッドがわかる

海外FX業者が公表している「最小スプレッド」「平均スプレッド」では

いつの時点のスプレッドか?

ということが把握することができません。

海外FX業者では、ほとんどの業者が変動スプレッドを採用しているため、スプレッドは、刻一刻と変化しており、時間によってスプレッドが広い、狭いというのが出てきます。

ニューヨーク市場が開いている時間のスプレッドが狭い海外FX業者もあれば、アジア市場が開いている時間のスプレッドが狭い海外FX業者もあるのです。

これは海外FX業者ごとに、利用しているリクイディティプロバイダー(金融機関)が異なり、リクイディティプロバイダー(金融機関)に得手不得手や、営業時間などの兼ね合いがあるため、このような現象が起きてしまうのです。

「いつも自分がトレードをする時間帯で、どの海外FX業者・海外FX口座のスプレッドが狭いのか?」を知るためには、リアルタイムスプレッドによる比較が好ましいのです。

メリット2.事前に把握していたスプレッドとの乖離が少なくなる

「いくら最小スプレッドが狭くても、いくら平均スプレッドが狭くても、実際にトレードしてみると思っていたよりもスプレッドが広い気がする」

と思ったことのある投資家も少なくないはずです。

これは、最小スプレッドを測定した時期、平均スプレッドを測定した時期が明示されていないため、数年前のスプレッドを表示されても意味がなく、現在のスプレッドとの乖離が発生してしまうために起こってしまうものと考えられます。

しかし、

リアルタイムスプレッド = MT4・MT5のスプレッド

と同じ、今現在のスプレッドですので、リアルタイムスプレッドで狭い海外FX業者であれば、実際にトレードしたときも、近いスプレッドになることが想定されます。

事前に把握していたスプレッドとの乖離が少なくなるメリットがあります。

メリット3.ほとんどの海外FX業者がウェブサイト上で公表している

海外FX業者がウェブサイトで公表しているスプレッドには

  • 最小スプレッド
  • 平均スプレッド
  • リアルタイムスプレッド

がありますが、ほとんどの海外FX業者で

  • リアルタイムスプレッド

は公表されています。

MT4・MT5のスプレッドデータと同じですので、そのままウェブサイトに表示するだけで良いので、わかりやすく、運営の手間も少ないからです。

一方で、平均スプレッドで海外FX業者を比較しようとしても、平均スプレッドを公表していない海外FX業者が多く虫食いのような状態になってしまうのです。

多くの海外FX業者のスプレッドを比較できるメリットがあります。

海外FXリアルタイムスプレッドで比較するデメリット

海外FXリアルタイムスプレッドで比較するデメリット

デメリット1.刻一刻と変化するため、比較すること自体が難しい

リアルタイムスプレッドは、秒単位で次々と数字が変わっていってしまいます。

一つの海外FX業者のリアルタイムスプレッドを見て、次の海外FX業者のリアルタイムスプレッドを見ようとしたら、元の海外FX業者のリアルタイムスプレッドも動いてしまっているのです。

画面をキャプチャするなどをしないと、リアルタイムスプレッドを目視で比較するというのは、なかなか難しいのです。

デメリット2.主要通貨のリアルタイムスプレッドのみしか表示されていないことがある

  • 主要通貨のみリアルタイムスプレッドを表示
  • マイナー通貨は、最小スプレッド、平均スプレッドを表示

という形を採用している海外FX業者は少なくありません。

リアルタイムスプレッドでマイナー通貨を比較しようとしても、主要通貨しかリアルタイムスプレッドに対応していないケースがあります。
teacher
スプレッドを比較するときは、リアルタイムスプレッドよりも、当サイトが同環境で同タイミングで測定した平均スプレッドで比較することをおすすめします。

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ
海外FXプロトップページ
海外FX
海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円