海外FX業者ハイレバレッジランキング!レバレッジが高い海外FX業者はどこ?【2019年版】

man
「海外FX業者を選ぶときはレバレッジの高さを重視したい。」
「少額資金で大きく稼げる海外FX業者を利用したい」
「レバレッジってどれくらいまでかけられるの?一番レバレッジが大きい海外FX業者は?」

と考える投資家の方も多いかと思います。

海外FX業者の魅力は「日本のレバレッジ制限にとらわれないハイレバレッジトレードができること」です。ただし、ただレバレッジが高ければ良いというものでもありません。今回は「海外FX業者のレバレッジ」という視点でおすすめの海外FX業者を評価していきます。

目次

海外FX業者のレバレッジ評価の前に理解しておきたいポイント

海外FX業者のレバレッジ評価の前に理解しておきたいポイント

その1.「最大レバレッジ」よりも、「最大許容損失額」が重要!

「レバレッジ」よりも重要なのは

「同じ証拠金でトレードした場合、いくらまで負けられるか?」

です。

FXトレードをしているときに「レバレッジ」を気にする人はほとんどいません。多くの方は、「強制ロスカットまでにどのくらいの余裕があるのか?」とか「どのくらいのポジションを持てるのか?」ということを重視して、トレードをしているはずです。

  • 1万通貨のポジションを持つと、最大でいくらまで負けられるのか?
  • 10万通貨のポジションを持つと、最大でいくらまで負けられるのか?

の方が重要なのです。

これを「最大許容損失額」と言います。

最大許容損失額の計算方法

最大許容損失額 = 資産 - 証拠金維持率 × 必要取引証拠金
必要取引証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ

例えば

国内FX業者でトレードする場合
  • レバレッジ:最大25倍
  • 投資資金:10万円
  • 取引通貨ペア:米ドル/円
  • 為替レート:1ドル=100円
  • ロスカットレベル(証拠金維持率):100%
1万通貨のトレードの場合
必要取引証拠金 = 為替レート:100円 × 取引量:1万通貨 ÷ レバレッジ:25倍 = 4万円
最大許容損失額 = 資産:10万円 - 証拠金維持率:100% × 必要取引証拠金:4万円 = 6万円
海外FX業者でトレードする場合
  • レバレッジ:最大500倍
  • 投資資金:10万円
  • 取引通貨ペア:米ドル/円
  • 為替レート:1ドル=100円
  • ロスカットレベル(証拠金維持率):100%
1万通貨のトレードの場合
必要取引証拠金 = 為替レート:100円 × 取引量:1万通貨 ÷ レバレッジ:500倍 = 2,000円
最大許容損失額 = 資産:10万円 - 証拠金維持率:100% × 必要取引証拠金:2,000円 = 9万8,000円

となるのです。

同じ10万円の資金でトレードした場合

  • 国内FX業者なら6万円負けた段階で、強制ロスカット
  • 海外FX業者なら9万8,000円負けた段階で、強制ロスカット

ですから、ポジションをギリギリまで我慢できるのは、圧倒的に海外FX業者の方が良いということになります。

「最大許容損失額」は

  • 「レバレッジ」が大きければ大きいほど、「最大許容損失額」は大きくなる
  • 「ロスカットレベル(証拠金維持率)」が小さければ小さいほど、「最大許容損失額」は大きくなる

という関係にあります。

「レバレッジ」が大きい海外FX業者でも、「ロスカットレベル(証拠金維持率)」が100%と高い場合には、「最大許容損失額」はそれほど上がらないことになります。

その2.海外FX業者は「追証ゼロシステム」があるからこそ、「最大レバレッジ」が生きてくる!

「レバレッジ」よりも重要なのは

「特定の取引量のポジションを持つために、いくらの資金が必要なのか?」

です。

例えば

10万通貨のトレードをするときに必要な証拠金額というのは

必要取引証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ

で計算できます。

国内FX業者の場合
必要取引証拠金 = 為替レート:100円 × 取引量:10万通貨 ÷ レバレッジ:25倍 = 40万円
レバレッジ500倍の海外FX業者の場合
必要取引証拠金 = 為替レート:100円 × 取引量:10万通貨 ÷ レバレッジ:500倍 = 2万円

です。

1ロット、つまり、10枚のポジションを持つためには

  • 国内FX業者:40万円の資金
  • 海外FX業者:2万円の資金

が必要ということになります。

この資金額で10万通貨のポジションを持つと、証拠金維持率が100%のFX業者であれば、少しでも予想の反対方向にレートが動けば、強制ロスカットとなってしまいます。

少しでも予想の反対方向にレートが動けば

  • 国内FX業者:40万円の資金 → 0円 + 追証リスク(借金)発生
  • 海外FX業者:2万円の資金 → 0円 + 追証なし

という損失の可能性があるのですが・・・

海外FX業者は「追証ゼロシステム」を採用しているため、10万通貨でポジションを持った時に予想と反してレートが動いても、損をするのは2万円で済むのです。

海外FX業者の場合は、ほぼ「追証ゼロシステム」を採用していますが、一部の海外FX業者では「追証あり」の海外FX業者もあるため、レバレッジを比較検討するときには、「追証ゼロシステム」を採用しているかどうかも重要な要素となってくるのです。

その3.レバレッジは口座ごとに違う!

海外FX業者をレバレッジで比較するときに考えなければならないのは・・・

どの口座でのレバレッジか?

です。

XMの場合

XMとしての最大レバレッジは888倍と表現されてしまいますが・・・

XMの場合

最大888:1倍のレバレッジ

実際は

  • 口座ごとに違う
  • 証拠金額によって違う

のです。

XMの場合

マイクロ口座の場合

  • 証拠金額:$5~$20,000 → レバレッジ:最大888倍
  • 証拠金額:$20,001~$100,000 → レバレッジ:最大200倍
  • 証拠金額:$100,001~ → レバレッジ:最大100倍

スタンダード口座の場合

  • 証拠金額:$5~$20,000 → レバレッジ:最大888倍
  • 証拠金額:$20,001~$100,000 → レバレッジ:最大200倍
  • 証拠金額:$100,001~ → レバレッジ:最大100倍

XM Zero口座(ECN口座)の場合

  • 証拠金額:$5~$20,000 → レバレッジ:最大500倍
  • 証拠金額:$20,001~$100,000 → レバレッジ:最大200倍
  • 証拠金額:$100,001~ → レバレッジ:最大100倍

となっています。

XM Zero口座(ECN口座)を使いたい人にとっては

  • XMの最大レバレッジは500倍

2万ドル以上の証拠金でトレードをしたい人にとっては

  • XMの最大レバレッジは200倍

ということになってしまうのです。

XMの場合は、口座ごとにスプレッドの違いはなく(ECN口座も外付け手数料を含めたトレードコストは同じ)、なかなか2万ドル(約230万円)以上の資金でトレードをする方もいないため、大きな問題にはなりませんが・・・

  • 狭いスプレッドの口座 → 最大レバレッジを低く設定する
  • 広いスプレッドの口座 → 最大レバレッジを高く設定する

という海外FX業者もあるため、

レバレッジを比較する際には「口座」別に比較しなければならないのです。
teacher

海外FX業者の場合は、最大レバレッジが低く設定されていても、200倍程度のものが多いので、国内FX業者の25倍と比較すれば、大きな違いとなります。だとすれば、スプレッドが狭い口座の方が稼げる可能性は高いのです。

  • スプレッドの狭さ
  • 取引手数料
  • 最低入金額
  • STP口座か?ECN口座か?

も、レバレッジと合わせて比較する必要があるのです。

海外FX業者ハイレバレッジランキング

海外FX業者ハイレバレッジランキング
レバレッジの高さだけを評価しているランキングではありません。レバレッジと関連するサービスも含めて総合評価しています。

参考データ:国内FX業者の最大許容損失額

  • 最大レバレッジ:25倍
  • 証拠金維持率:100%
  • 追証ゼロシステム:なし
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:40,000円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:60,000円
  • 1万通貨最大許容損失pips:600.0pips

10万通貨トレード

  • 取引不可
投資資金:10万円の場合

FBS

  • 最大レバレッジ:3000倍
  • 口座によるレバレッジの違い:あり(セント口座:最大1000倍、ECN口座/ECN:最大500倍)
  • 証拠金によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金維持率:20%
  • 追証ゼロシステム:あり
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:333円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,933円
  • 1万通貨最大許容損失pips:999.3pips

10万通貨トレード

  • 10万通貨に必要な証拠金:3,333円
  • 10万通貨取引時の最大許容損失額:99,333円
  • 10万通貨最大許容損失pips:99.3pips

FBS

FBSとは

FBS(エフ・ビー・エス)はFBS Markets Inc社/Parallax Incorporated社が運営している海外FXサービスです。FBS Markets Incでは、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可を受け、サービス提供していますが、日本人顧客向けのサービスは、セントビンセント及びグレナディーン諸島にあるParallax Incorporated社が行っています。法人を分けているのは金融庁対策なので組織的には同じ管理になり、十分な信用があると考えて良いでしょう。。FBSは、世界120か国でサービス展開し、600万人を超える投資家が口座を開設しています。毎日8000人の口座開設があり、半数の顧客が投資額を8倍~10倍に増やしているなど、急速に成長を続ける海外FX業者なのです。

FXサービスの特徴は「0.0pips~のECN口座」「レバレッジは最大3000倍」「100円の入金からトレードが可能」「95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行」「入金不要の口座開設ボーナス」「無料預金保険」「無料VPSサーバー」「MT5が利用可能」「アンリミテッド口座であれば米ドル/円平均スプレッド1.1pips」などが挙げられます。

入金額が100円という少額で、かつ最大3000倍のレバレッジ設定、入金口座ボーナスで123ドルがもらえるため、数百円レベルから海外FXをハイレバレッジで楽しめるのが大きなメリットと言えます。入金ボーナスや損失に保険をかけて損失をカバーする無料預金保険というサービスもあるため、安心してトレードできる材料が多いのです。

中級者以上の投資家向けのゼロスプレッド口座やアンリミテッド口座など、狭いスプレッドの口座も用意されているため、幅広い層に対応している海外FX業者です。

弱点としては、「日本人スタッフの数が少ないこと」や「日本語対応が若干怪しいこと」「約定力がそれほど高いわけではない」ことなどが挙げられます。

メリットとデメリットがはっきりした海外FX業者です。

口コミ 15
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
4人3人7人3人0人0人17人

FBS

7.2

約定力の高さ

7.3/10

スプレッドの狭さ

7.9/10

ボーナス

8.7/10

情報の質と数

6.6/10

サポートの質

5.6/10

良い点

  • 世界120か国、600万人を超える投資家
  • ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)のライセンス保有
  • レバレッジは最大3000倍
  • 95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行
  • 0.0pips~のECN口座

悪い点

  • 日本人スタッフの数が少ない
  • 信託保全ではない
  • 日本語対応がいまいち
  • 通貨ペア数やCFDのラインナップは手薄

FBSボーナスキャンペーン

ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件ボーナス出金条件
ポイント/キャッシュバック継続最大15ドル/ロット全顧客-出金可
入金ボーナス継続100%全顧客制限なし出金可/(ロット数×3倍)のボーナス(ドル)まで
口座開設ボーナス継続100ドル全顧客100ドルのボーナス口座の開設/30日以内に最低5ロットの取引出金可

FBS口座概要

口座の種類セント口座/STPマイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ・スプレッド口座/STPECN口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料無料10ドル6ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.001.001.20
スプレッド種類変動原則固定変動原則固定変動
最小スプレッド
米ドル/円
2.003.001.000.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.003.002.000.003.00
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
2.003.001.002.003.40
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
2.003.002.002.005.40
最大レバレッジ1000倍3000倍3000倍3000倍500倍
約定力95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨10,000通貨
最低入金額100円相当500円相当1万円相当5万円相当10万円相当
信託保全
分別管理
分別管理分別管理分別管理分別管理分別管理
投資資金:10万円の場合

XM

  • 最大レバレッジ:888倍
  • 口座によるレバレッジの違い:あり(ECN口座で最大500倍)
  • 証拠金によるレバレッジの違い:あり(2万ドル以上の証拠金で最大200倍、10万ドル以上の証拠金で最大100倍)
  • 証拠金維持率:20%
  • 追証ゼロシステム:あり
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:1,126円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,775円
  • 1万通貨最大許容損失pips:997.7pips

10万通貨トレード

  • 10万通貨に必要な証拠金:11,261円
  • 10万通貨取引時の最大許容損失額:97,748円
  • 10万通貨最大許容損失pips:97.7pips

XM

XMとは

XM(エックスエム)はTrading Point (Seychelles) Limitedが運営している海外FXサービスです。本社所在地はセーシェルにあり、セーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD010)を取得し、FXサービスを提供しています。

XMは日本人向けのFXサービス提供に積極的で、50万人以上の顧客を持つ世界的な海外FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しているので日本国内のFX業者と変わらないサービスが受けられます。

FXサービスの特徴は「全注文の99.35%は1秒以内で約定」「リクオートや約定拒否なし」という高い約定力と「最大888倍のレバレッジ設定」「日本人スタッフが多数在籍し、日本語対応も完璧」「スプレッド0.0pips~のXMゼロ口座」「手厚い口座開設ボーナス、入金ボーナス」「上限付きの信託保全」等が挙げられます。

約定力、スプレッド、レバレッジというFXサービスのスペックの高さはもちろん、「日本のウェブサイトのようなわかりやすいサイト設計」「24時間日本人が対応してくれるサポート窓口」「信託保全」「7年以上の運営歴」「最低入金額は5ドル」「最小取引通貨単位は10通貨」など日本人が安心してトレードできる環境が整っているのが大きな魅力となっています。

手厚いボーナスやトレードコンテストも踏まえると、海外FX業者を選ぶ際の一番手になるのもうなづけます。実際に日本人利用者が最も多い海外FX業者ですので、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある海外FX業者となっています。

口コミ 389
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
65人24人138人67人6人24人324人

XM

8.1

約定力の高さ

7.9/10

スプレッドの狭さ

6.8/10

ボーナス

8.9/10

情報の質と数

8.2/10

サポートの質

8.6/10

良い点

  • 日本人の利用者数No.1
  • 顧客数50万人超
  • 全注文の99.35%は1秒以内で約定
  • 日本人スタッフが多数在籍
  • 手厚い口座開設ボーナス、入金ボーナス

悪い点

  • スプレッドはそれほど狭くはない
  • ソーシャルトレードなどの機能はない

XMボーナスキャンペーン

ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件ボーナス出金条件
口座開設ボーナス継続3,000円全顧客口座開設/入金不要出金不可/利益のみ出金可
入金ボーナス継続100%全顧客500ドルの入金まで出金不可/利益のみ出金可
入金ボーナス継続20%全顧客501ドル~5000ドルの入金まで出金不可/利益のみ出金可
ポイント/キャッシュバック継続10~20ポイント/ロット全顧客-3ポイント=1ボーナス

XM口座概要

口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.50
スプレッド種類変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.801.800.45
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.001.001.00
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.801.801.45
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定99.35%を1秒以内に約定99.35%を1秒以内に約定
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当
信託保全
分別管理
2万EURまで信託保全(キプロス口座)
上限あり一部信託保全(セーシェル口座)
2万EURまで信託保全(キプロス口座)
上限あり一部信託保全(セーシェル口座)
2万EURまで信託保全(キプロス口座)
上限あり一部信託保全(セーシェル口座)
投資資金:10万円の場合

iFOREX

  • 最大レバレッジ:400倍
  • 口座によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金維持率:0%
  • 追証ゼロシステム:あり
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:2,500円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:100,000円
  • 1万通貨最大許容損失pips:1,000.0pips

10万通貨トレード

  • 10万通貨に必要な証拠金:25,000円
  • 10万通貨取引時の最大許容損失額:100,000円
  • 10万通貨最大許容損失pips:100.0pips

iFOREX

iFOREXとは

iFOREX(アイフォレックス)はiFOREX Ltd社の子会社であるFormula Investment House Ltd社が運営している海外FXサービスです。本社所在地はキプロスであり、英領バージン諸島の金融サービス委員会(BVIFSC:番号SIBA/L/13/1060)の金融ライセンスを取得しています。親会社であるiFOREX Ltd社は監査が厳しいキプロス証券取引委員会(CySEC:番号143/11)で金融ライセンスを保有しています。

iFOREXグループは、330名を超える社員が在籍する大企業であり、1996年創業と運営籍も長く、日本にも海外FX業者の中で最も早く進出した海外FXのパイオニア的存在です。海外FX業者は入れ替わりが激しいものの、10年以上変わらずサービス提供をしています。

商品の特徴は「原則固定スプレッドを採用していること」「スプレッドは平均的な設定」「FXnet Traderを採用」「経済ニュース、トレードレポートが充実」「日本語対応のレベルが高い」「入金ボーナスあり」「証拠金が全額利用可能(ロスカット証拠金維持率0%)」などが挙げられます。

10数年に渡って安定してサービス展開してきた安心感が大きいことが最大のメリットですが「MT4が使えない」「口座は1種類のみ」「スキャルピング不可」というようなマイナス点もあります。

ロスカット証拠金維持率0%、原則固定スプレッドなど他の海外FX業者にないメリットもある、特徴のはっきりした海外FX業者と言えます。安心できる海外FX業者で長期的にトレードをしたいという投資家におすすめです。

口コミ 42
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
6人7人19人9人0人1人42人

iFOREX

7

約定力の高さ

7.2/10

スプレッドの狭さ

6.4/10

ボーナス

7.6/10

情報の質と数

6.6/10

サポートの質

7.0/10

良い点

  • 日本進出したパイオニアの海外FX業者
  • 10数年を超える運営歴
  • 原則固定スプレッド
  • 入金ボーナスあり
  • ロスカット証拠金維持率0%

悪い点

  • スプレッドは平均的
  • MT4が利用できない
  • スキャルピング不可

iFOREXボーナスキャンペーン

ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件ボーナス出金条件
入金ボーナス継続100%全顧客初回/最大1000ドルの入金まで。1000ドル超過分は40%出金不可/利益のみ出金可
ポイント/キャッシュバック継続最大100%全顧客設定された取引量のクリア出金可
利息ボーナス継続年率0.0%~3.0%利息1000ドル以上150,000ドルまでの入金と取引有効保有額の年率3.0%出金可

iFOREX口座概要

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(片道)
無料
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
スプレッド種類原則固定
最小スプレッド
米ドル/円
1.80
平均スプレッド
米ドル/円
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.80
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
最大レバレッジ400倍
約定力
最低取引通貨1,000通貨
最低入金額1万円相当
信託保全
分別管理
分別管理
投資資金:10万円の場合

GEMFOREX

  • 最大レバレッジ:1000倍
  • 口座によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金維持率:20%
  • 追証ゼロシステム:あり
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:1,000円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,800円
  • 1万通貨最大許容損失pips:998.0pips

10万通貨トレード

  • 10万通貨に必要な証拠金:10,000円
  • 10万通貨取引時の最大許容損失額:98,000円
  • 10万通貨最大許容損失pips:98.0pips

GEMFOREX

GEMFOREXとは

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、GEM-TRADE Co.,Ltd社が運営している海外FXサービスです。本社所在地はニュージーランドにあり、ニュージーランドの金融ライセンス「FSP564306」を取得し、2010年から運営している事業歴の長い海外FX業者です。元々、MT4のストラテジー「EA」の無料サービスから展開している海外FX業者であり、無料で利用できるEAが多く、システムトレード派のトレーダーに重宝されている海外FX業者です。その反面、金融ライセンスなどは取得していないデメリットもあります。

GEMFOREXはのFXサービスの特徴は「約150個のFX自動売買ソフト(EA)が無料で使い放題」「0.78秒以内に99.79%約定」「最大レバレッジ1000倍」「平均スプレッドもオールインワン口座で米ドル/円0.3pips~、ノースプレッド口座で米ドル/円0.3pips~」「最短30秒で口座開設、最短3分でトレードができる」「FXミラートレードも無料」「追証なし」という点が挙げられます。

「スプレッドが広い」とデメリットがある一方で「無料で150個ものEAが利用できる」というメリットがあり、一長一短がはっきりした海外FX業者と言えます。顧客資金は香港HSBC口座で信託保全しているとされています。

システムトレード、自動売買でトレードする投資家におすすめできる海外FX業者です。日本向けのサービス展開で7年経過している実績もおすすめのポイントです。

口コミ 23
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
0人0人7人6人0人0人13人

GEMFOREX

7.4

約定力の高さ

7.6/10

スプレッドの狭さ

6.8/10

ボーナス

9.0/10

情報の質と数

6.9/10

サポートの質

6.5/10

良い点

  • 約150個のEAが無料で使える
  • 0.78秒以内に99.79%約定
  • 6年以上の運営歴がある海外FX業者
  • ノースプレッド口座の平均スプレッドが狭い
  • FXミラートレードも無料

悪い点

  • ノースプレッド口座の最低入金額が高い
  • スプレッドが広い

GEMFOREXボーナスキャンペーン

ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件ボーナス出金条件
口座開設ボーナス継続20,000円全顧客口座開設/入金不要出金不可/利益のみ出金可

GEMFOREX口座概要

口座の種類オールインワン口座/STPノースプレッド口座/STP
取引手数料
(片道)
無料無料
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.00
スプレッド種類変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.200.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.200.30
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.200.00
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.200.30
最大レバレッジ1000倍1000倍
約定力99.79%を0.78秒以内に約定99.79%を0.78秒以内に約定
最低取引通貨1,000通貨100,000通貨
最低入金額100円相当30万円相当
信託保全
分別管理
分別管理分別管理
投資資金:10万円の場合

TitanFX

  • 最大レバレッジ:500倍
  • 口座によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金維持率:20%
  • 追証ゼロシステム:あり
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:2,000円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,600円
  • 1万通貨最大許容損失pips:996.0pips

10万通貨トレード

  • 10万通貨に必要な証拠金:20,000円
  • 10万通貨取引時の最大許容損失額:96,000円
  • 10万通貨最大許容損失pips:96.0pips

TitanFX

TitanFXとは

TitanFX(タイタンエフエックス)はTitan FX Limitedが運営している海外FXサービスです。本社所在地は、ニュージーランドにあり、ニュージーランドの金融ライセンスニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)(番号:FSP388647)を取得し、100カ国以上の投資家にFXサービスを提供しています。ただし、日本の顧客へはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)の金融ライセンス、金融商品及び証券等取扱ライセンス(CAP.70)を持つ法人「TI Securities Limited」でサービス提供されています。

FXサービスの特徴は「業界トップクラスの狭いスプレッド」「0.0pips~のECN口座」「ECN口座の取引手数料が格安設定」「STP口座も海外FX業者1位、2位を争う狭スプレッド」「70以上の通貨ペアが選べる」「アクティブトレーダー専属サポートが利用できる」「ソーシャルトレードのZuluTradeが使える」「国内銀行出金が可能」「ミリ秒単位の約定スピード」などがあります。

とくに0.0pips~のECN口座「Zeroブレード口座」では、取引手数料片道3.5ドルでトレードが可能で、かつEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に配置した複数の最新サーバーとアジア(東京、シンガポール)に複数配置したデータセンターで、地理的なレイテンシーを抑えて高速約定が可能です。(ただし、当サイトで測定した実績データではSTP口座の方がトレードコストは低コストになっています。)

また、50以上の銀行およびダークプールリクイディティ(流動性)と提携し、その情報も公開しているため、透明性の高い海外FX業者でもあります。

他にも、アクティブトレーダー専属サポートでは、取引量トラッキングレポート、損益レポート、デイリースナップショットや無料VPS、個別銀行口座での資金管理などが利用できます。どのくらいの取引量でアクティブトレーダーと認定されるかは問い合わせが必要です。

一方で、ボーナスやトレードコンテストなどは一切なく、ボーナスなどで顧客に還元するのではなく、サービス水準を高めることを徹底的に重要視していることがうかがえます。スプレッドを重視して海外FX業者を検討している方、ECN口座を利用する方、約定力を重視する中級者以上の投資家におすすめできる海外FX業者です。

口コミ 39
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
4人2人13人7人1人0人27人

TitanFX

7

約定力の高さ

8.6/10

スプレッドの狭さ

8.4/10

ボーナス

5.1/10

情報の質と数

6.2/10

サポートの質

6.7/10

良い点

  • 親会社はニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)のライセンス保有
  • ECN口座の取引手数料が格安設定
  • STP口座のスプレッドも業界トップクラスの狭スプレッド
  • 国内銀行出金が可能
  • アクティブトレーダー専属サポートが利用できる

悪い点

  • ボーナスがない
  • 信託保全ではない。分別管理のみ
  • 計測データではECN口座よりもSTP口座の方が低コスト
  • トレードコンテストがない
  • 日本人顧客へサービス提供しているのはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)の金融ライセンスのある法人

TitanFX口座概要

口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.35
スプレッド種類変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.000.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.331.03
最大レバレッジ500倍500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピードミリ秒単位の約定スピード
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
信託保全
分別管理
分別管理
(National
Australia Bank)
分別管理
(National
Australia Bank)
投資資金:10万円の場合

AXIORY

  • 最大レバレッジ:400倍
  • 口座によるレバレッジの違い:なし
  • 証拠金によるレバレッジの違い:あり(10万ドル以上の証拠金で最大300倍、10万ドル以上の証拠金で最大200倍)
  • 証拠金維持率:20%
  • 追証ゼロシステム:あり
投資資金:10万円の場合

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:2,500円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,500円
  • 1万通貨最大許容損失pips:995.0pips

10万通貨トレード

  • 10万通貨に必要な証拠金:25,000円
  • 10万通貨取引時の最大許容損失額:95,000円
  • 10万通貨最大許容損失pips:95.0pips

AXIORY

AXIORYとは

AXIORY(アキシオリー)はAxiory Global Ltdが運営している海外FXサービスです。本社所在地はベリーズにあり、ベリーズの金融ライセンスIFSC (International Financial Services Commission)(番号:60/255/TS/16)を取得し、FXサービスを提供しています。

AXIORYは、社員数50名を超える中堅企業でForex、CFD、コモディティー、インデックス、ブローカーヘッジ、各種カード、ファンド運用、マネーマネージメントなど多角的な金融サービスで世界展開しています。

FXサービスの特徴は2016年12月実績データで「約定率99.99%」「スリッページ平均-0.067pips」「約定スピード201.95m/sec」と高い約定力を提供しています。約定力が高い理由は「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンター利用」「複数の大手Liquidity Providersと提携」などが挙げられます。

とくに約定スピード、約定率、スリッページ、提携LPの会社名など重要な情報がウェブサイト上で公開されています。海外FX業者でここまで情報公開に積極的な業者はほとんどいないのですが、約定力に自信がある証左と言えます。

他にも「ECN口座の手数料が格安設定」「Sparkasse bankで全額信託保全」「cTraderが利用可能」なども用意されています。

一方で、ボーナスやトレードコンテストなどは一切なく、ボーナスなどで顧客に還元するのではなく、サービス水準を高めることを徹底的に重要視していることがうかがえます。約定力を重視する中級者以上の投資家におすすめできる海外FX業者です。

口コミ 29
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
5人3人15人2人0人0人25人

AXIORY

7.3

約定力の高さ

8.5/10

スプレッドの狭さ

8.1/10

ボーナス

5.3/10

情報の質と数

6.7/10

サポートの質

7.7/10

良い点

  • 約定率99.99%
  • スリッページ平均-0.067pips
  • 約定スピード201.95m/sec
  • 金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンター利用
  • ECN口座の手数料が格安設定

悪い点

  • STP口座はスプレッドがそれほど狭いわけではない
  • ボーナスがない
  • レバレッジは低めの設定

AXIORY口座概要

口座の種類スタンダード口座/MT4/STPナノスプレッド口座/MT4/ECNスタンダード口座/cTrader/STPナノスプレッド口座/cTrader/ECN
取引手数料
(片道)
無料3ドル無料3ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.300.000.30
スプレッド種類変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.100.101.100.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.600.601.600.60
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.100.701.100.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.601.201.601.20
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当
信託保全
分別管理
全額信託保全
(Sparkasse bank)
全額信託保全
(Sparkasse bank)
全額信託保全
(Sparkasse bank)
全額信託保全
(Sparkasse bank)

海外FX業者をレバレッジで比較する上での注意点

海外FX業者をレバレッジで比較する上での注意点

レバレッジは400倍以上あれば十分!

レバレッジが高い海外FX業者のランキングを紹介してきましたが・・・

「国内FX業者」と「海外FX業者」を比較すると・・・

投資資金:10万円の場合

国内FX業者:レバレッジ25倍

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:40,000円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:60,000円
  • 1万通貨最大許容損失pips:600.0pips
海外FX業者「FBS」:レバレッジ3000倍

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:333円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,933円
  • 1万通貨最大許容損失pips:999.3pips

ですから、「強制ロスカットまで、どのくらい負けられるか?」の「最大許容損失額」が大きく変わってきます。

その差は、約400pipsもあります。

海外FX業者の方が

「追証」もなく、ギリギリまでポジションを持って、反転するのを待てるメリットがある

ので、海外FX業者の方が有利なトレードが可能になるのです。

しかし、「海外FX業者」同士を比較すると・・・

海外FX業者「FBS」:レバレッジ3000倍

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:333円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,933円
  • 1万通貨最大許容損失pips:999.3pips
海外FX業者「XM」:レバレッジ888倍

1万通貨トレード

  • 1万通貨に必要な証拠金:1,126円
  • 1万通貨取引時の最大許容損失額:99,775円
  • 1万通貨最大許容損失pips:997.7pips

その差は、約1.6pips程度しかありません。

誤差の範囲なのです。

だとすれば、海外FX業者同士を比較するときに「レバレッジ」をそれほど重視して、比較検討する必要性はないのです。
teacher

レバレッジ:400倍以上の海外FX業者であればOK

という前提のもと

  • 信頼性
  • スプレッドの狭さ
  • 取引手数料の安さ
  • 出金のしやすさ
  • 日本語対応

などの、他の要素で、海外FX業者を選ぶべきなのです。

海外FX業者は、ハイレバレッジだから利用するという投資家が多いのは間違えありませんが、最大400倍もあれば、十分であり、海外FX業者同士を比較するのであれば、他の要素の方が重要であるということを理解しておきましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円