海外FX業者ECN口座ランキング!ECN口座でおすすめの海外FX業者はどこ?【2018年版】

man
「ECN口座を利用する場合におすすめの海外FX業者を知りたい。」
「ECN口座に興味がある」
「ECN口座で海外FX業者を選ぶポイントはどこ?」

ECN口座のおすすめ順で海外FX業者をランキング化しました。

いきなり海外FX業者ECN口座ランキングを見たい方はこちら

海外FX業者のECN口座評価の前に理解しておきたいポイント

海外FX業者のECN口座評価の前に理解しておきたいポイント

ECN口座とは?

ECN口座とは

ECNは「Electronic Communications Network」の略で、直訳すれば「電子取引所取引」です。日本人に身近なところでは株式投資に採用されている取引方法です。この電子取引所取引が利用できる口座のことを「ECN口座」と言います。

海外FXで採用されている一般的な口座は「STP口座」です。

ECN取引の仕組み
ECN取引の仕組み

STP口座とは

STPとは「Straight Through Processing」のままで直訳すれば「直結」と言っていいでしょう。インターバンク市場から提示された複数の価格レートの中から、投資家にとって一番有利な価格を自動的に選択して、売買を成立させる取引方法のことです。インターバンク市場直結で取引ができる口座のことを「STP口座」と言います。
STP取引の仕組み
STP取引の仕組み

ECN口座のメリット

約定拒否がない

「電子取引所取引」ですので「買い手」と「売り手」の希望価格が合致したときに取引が成立する仕組みです。そのため、約定拒否という概念が存在しません。

約定スピードが速い

通常のSTP口座の場合は、複数のインターバンクの最良価格で注文を処理していきます。

「投資家のPC」 ←→ 「海外FX業者の取引サーバー」 ←→ 「インターバンクのサーバー」

という情報の伝言ゲームが発生するので、約定スピードは若干落ちてしまうのです。

しかし、ECN口座の場合は、海外FX業者の電子取引所サーバーに個人投資家も、インターバンクも、いることになります。

同じ場所で売買の注文が発生し、価格が合致したところで約定する仕組みなので、約定スピードがかなり上がるのです。

板情報が見れる

ECN口座の場合は、トレードプラットフォームにもよりますが「cTrader」などを利用しているECN口座の場合は「板情報」を見ることができます。

cTrader/板情報
cTrader/板情報
どの価格帯にいくらの注文が入っているのか?

を把握することができます。

man
○○円の価格帯に大量の「売り」注文が入っているというのであれば、そこで上昇トレンドが反転する可能性が高い。

というような予測を立てることができます。

大量注文時の価格がわかる

STP口座で大量の注文を出してしまうと、すべてが最良価格で約定されるわけではなく、スリッページが発生してしまいます。

ECN口座の場合は「大量の注文をした場合に、いくらの価格になるのか?」があらかじめ表示されているため、スリッページにおびえる必要がなくなります。

大量注文時の価格がわかる

トレードコストが安くなる

STP口座
  • 取引手数料:無料
  • スプレッド:広い
ECN口座
  • 取引手数料:有料
  • スプレッド:狭い

という違いがあります。

このままでは単純に比較することができないので「出来上がりのトレードコスト」を計算します。

AXIORYの場合

スタンダード口座/MT4/STP

  • 米ドル/円 平均スプレッド:1.60pips

ナノスプレッド口座/cTrader/ECN

  • 米ドル/円 平均スプレッド:0.60pips
  • 取引手数料(片道):3ドル

です。

出来上がりのトレードコストを計算するには、取引手数料をスプレッド換算(往復1ドル=0.1pips)しなければなりません。

ECN口座のトレードコスト = 0.60pips + 0.3pips(手数料pips換算) × 2(往復) = 1.2pips

ということになります。

  • STP口座:1.6pips
  • ECN口座:1.2pips

ですから、出来上がりのトレードコストを見ても、ECN口座の方が安くなるのです。

スキャルピングもOK

海外FX業者の中にも、「スキャルピング禁止」という業者もあります。

しかし、ECN口座の場合は、外付けの手数料モデルですので、スキャルピングをして短期売買をしてくれれば、その分手数料収入が増えるので、全く問題ないのです。

外付け手数料は経費になる!

海外FXの投資家にとって、大きな問題になるのは「税金」です。

「スプレッド」は経費として認められません。

売買の価格がずれているだけですので、手数料(経費)という概念に当てはまらないのです。

「手数料」は経費として認められます。

稼ぎの大きい投資家にとっては「手数料が経費として認められる」ECN口座の方が税金が安くなるのです。

海外FX業者のECN口座を評価する指標

海外FX業者のECN口座を評価する指標

ECN口座の評価では

  1. 出来上がりのトレードコストの安さ
  2. cTraderが利用できるか否か?
  3. ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
  4. 資産保護の安全性(信託保全、金融ライセンス、企業規模)

の4つで評価します。

1.出来上がりのトレードコストの安さ

前述した通りで

ECN口座

  • 取引手数料:有料
  • スプレッド:狭い

という仕組みになっています。

出来上がりのトレードコストを平均スプレッドで計算し、出来上がりのトレードコストが安い順に評価します。

また、出来上がりのトレードコストが同じ場合は、取引手数料が高い口座の方が、税金で経費として認められる金額が大きいので有利と判断します。

2.cTraderが利用できるか否か?

ECN口座は

MT4も
cTraderも

どちらもあるのですが・・・

MT4は、そもそも「STP口座向け」に作られたトレードプラットフォームです。

むりやりECN口座に対応にしていますが・・・

  • 板情報が見れない。
  • 大量注文時の価格が見れない。
  • 複数注文の同時決済ができない。
    ・・・

と、あまりECN口座との相性が良くないのです。

ECN口座と相性の良い「cTraderが利用できること」を一つの評価条件にしています。
2.cTraderが利用できるか否か?

3.ECN口座の利用条件(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)

一般的には

  • 海外FXの初心者、中級者 → STP口座
  • 海外FXの中級者、上級者 → ENC口座

がおすすめです。

ECN口座は

  • 大量注文での約定スピード
  • ワンクリック注文
  • 複数注文の同時発注
  • 板情報というトレード材料の追加

という特徴があるため、大口投資家やFXの上級者に向いている口座(取引方法)なのです。

そのため、海外FX業者の中には

  • STP口座の利用条件のハードルを下げる
  • ECN口座の利用条件のハードルを上げる

形を取っているケースが少なくありません。

「ECN口座の利用条件のハードルの低さ」も評価指標とします。

4.資産保護の安全性(信託保全、金融ライセンス、企業規模)

前述した通りで

ECN口座は、大口投資家やFXの上級者に向いている口座です。

大口でトレードをするということは、預託する資産額も高額にならざるを得ません。

ということは

重要視すべきは「海外FX業者の安全性」なのです。

海外F業者の安全性を計る指標には

  1. 金融ライセンスの有無
  2. 信託保全の有無、内容
  3. 企業規模(従業員数・顧客数・展開している国の数など)
  4. 日本人顧客へのサービス提供の年数・日本人スタッフの有無

があります。

今回は、総合的に安全性を評価指標に入れます。

海外FX業者のECN口座スプレッド・取引手数料比較

人気ランキング海外FX業者名口座の種類取引手数料
(片道)
取引手数料
(pips換算:片道)
スプレッド種類平均スプレッド
米ドル/円
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
最大レバレッジ最低取引通貨最低入金額信託保全
分別管理
1位
XM
ゼロ口座/ECN5ドル0.50変動0.451.45500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
1,000通貨1万円相当2万EURまで信託保全(キプロス口座)
上限あり一部信託保全(セーシェル口座)
2位
AXIORY
ナノスプレッド口座/cTrader/ECN3ドル0.30変動0.601.20400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
1,000通貨2万円相当全額信託保全
(Sparkasse bank)
2位
AXIORY
ナノスプレッド口座/MT4/ECN3ドル0.30変動0.601.20400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
1,000通貨2万円相当全額信託保全
(Sparkasse bank)
3位
LAND-FX
ECN口座/ECN3.5ドル0.35変動0.401.10200倍10,000通貨20万円相当5万EURまで信託保全
FCA CASS(顧客資金取扱規定)
4位
TitanFX
Zeroブレード口座/ECN3.5ドル0.35変動0.331.03500倍1,000通貨2万円相当分別管理
(National
Australia Bank)
6位
Tickmill
VIP口座/ECN1ドル0.10変動0.200.40500倍1,000通貨1万円相当分別管理
6位
Tickmill
プロ口座/ECN2ドル0.20変動0.200.60500倍1,000通貨1万円相当分別管理
7位
FBS
ECN口座/ECN6ドル1.20変動3.005.40500倍10,000通貨10万円相当分別管理
8位
IronFX
ECN手数料なし口座/ECN無料0.00変動30倍※バミューダ口座は500倍1,000通貨5万円相当100万EURまで信託保全
FCA CASS(顧客資金取扱規定)
8位
IronFX
ECNゼロスプレッド口座/ECN3.25ドル~6.75ドル0.32変動30倍※バミューダ口座は500倍1,000通貨5万円相当100万EURまで信託保全
FCA CASS(顧客資金取扱規定)

海外FX業者ECN口座ランキング

海外FX業者のECN口座スプレッド・取引手数料比較 海外FX業者のECN口座スプレッド・取引手数料比較

1位:AXIORY

ECN口座評価:総合評価 4.1
ECN口座評価指標ECN口座ECN口座評価点数
出来上がりのトレードコストの安さ米ドル/円 平均スプレッド+取引手数料:1.2pips★★★★☆4.0
cTraderが利用できるか否か?cTrader利用可★★★★☆4.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
、最低入金額2万円相当、最小取引量1,000通貨
★★★★☆3.5
資産保護の安全性
(信託保全、金融ライセンス、企業規模)
Sparkasse bankで全額信託保全、ベリーズの金融ライセンスIFSC★★★★★5.0
総合評価4.1

AXIORY

AXIORYとは

AXIORY(アキシオリー)はAxiory Global Ltdが運営している海外FXサービスです。本社所在地はベリーズにあり、ベリーズの金融ライセンスIFSC (International Financial Services Commission)(番号:60/255/TS/16)を取得し、FXサービスを提供しています。

AXIORYは、社員数50名を超える中堅企業でForex、CFD、コモディティー、インデックス、ブローカーヘッジ、各種カード、ファンド運用、マネーマネージメントなど多角的な金融サービスで世界展開しています。

FXサービスの特徴は2016年12月実績データで「約定率99.99%」「スリッページ平均-0.067pips」「約定スピード201.95m/sec」と高い約定力を提供しています。約定力が高い理由は「金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンター利用」「複数の大手Liquidity Providersと提携」などが挙げられます。

とくに約定スピード、約定率、スリッページ、提携LPの会社名など重要な情報がウェブサイト上で公開されています。海外FX業者でここまで情報公開に積極的な業者はほとんどいないのですが、約定力に自信がある証左と言えます。

他にも「ECN口座の手数料が格安設定」「Sparkasse bankで全額信託保全」「cTraderが利用可能」なども用意されています。

一方で、ボーナスやトレードコンテストなどは一切なく、ボーナスなどで顧客に還元するのではなく、サービス水準を高めることを徹底的に重要視していることがうかがえます。約定力を重視する中級者以上の投資家におすすめできる海外FX業者です。

口コミ 19
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
3人2人10人1人0人0人16人

AXIORY

7.3

約定力の高さ

8.6/10

スプレッドの狭さ

8.1/10

ボーナス

5.4/10

情報の質と数

6.9/10

サポートの質

7.7/10

良い点

  • 約定率99.99%
  • スリッページ平均-0.067pips
  • 約定スピード201.95m/sec
  • 金融インフラ世界最大のEQUINIX社データセンター利用
  • ECN口座の手数料が格安設定

悪い点

  • STP口座はスプレッドがそれほど狭いわけではない
  • ボーナスがない
  • レバレッジは低めの設定

AXIORY口座概要

口座の種類スタンダード口座/MT4/STPナノスプレッド口座/MT4/ECNスタンダード口座/cTrader/STPナノスプレッド口座/cTrader/ECN
取引手数料
(片道)
無料3ドル無料3ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.300.000.30
スプレッド種類変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.100.101.100.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.600.601.600.60
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.100.701.100.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.601.201.601.20
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当
信託保全
分別管理
全額信託保全
(Sparkasse bank)
全額信託保全
(Sparkasse bank)
全額信託保全
(Sparkasse bank)
全額信託保全
(Sparkasse bank)
1位:AXIORY

2位:FxPro

ECN口座評価:総合評価 3.9
ECN口座評価指標ECN口座ECN口座評価点数
出来上がりのトレードコストの安さ米ドル/円 平均スプレッド+取引手数料:1.4pips★★★☆☆2.5
cTraderが利用できるか否か?cTrader利用可★★★★☆4.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
レバレッジ500倍、最低入金額5万円相当、最小取引量10,000通貨★★★★☆4.0
資産保護の安全性
(信託保全、金融ライセンス、企業規模)
2万EURまで信託保全、ICF(投資家保護基金)加盟、英国FCA★★★★★5.0
総合評価3.9

FxPro

FxProとは

FxPro(エフエックスプロ)はFxPro Financial Services Limitedが運営している海外FXサービスです。本社所在地はキプロスにあり、キプロス証券取引委員会(CySEC)(番号:078/07)の監査を受け、金融ライセンスを所有しています。また、グループ会社のFxPro UK Limitedは英国金融行動監視機構(FCA)(番号:509956)に登録されており、どちらも監査の厳しい金融ライセンスであり、信頼性の高い海外FX業者と言えます。10年以上の実績があり、世界で150万以上の投資家が口座を開設しています。

FxProはのFXサービスの特徴は「米ドル/円で最小0.6pips、平均でも1.6pipsと海外FX業者では狭いスプレッド」「50秒以内に99.9%の注文を執行」「MT5、cTradeが利用可能」「FxPro Quantストラテジー・ビルダー、cAlgoアルゴリズム取引など自動売買ツールが豊富」「VIPならデポジット手数料無料、無料VPS、FX速報」「5万ユーロまでの信託保全」「ECN口座のスプレッドが0.0pips~で手数料も4.5ドル/ロットと格安」などがあります。

MT4、MT5、ECN口座のcTrader、さらにマーケット決済、即時決済、独自プラットフォーム、自動売買SuperTraderと幅広い選択肢を用意している海外FX業者で、スプレッドや約定力など総合的な水準が高いため、初心者から上級者まで使い勝手の良いFXサービスとなっています。

一方で、日本人向けのサービスというよりは世界的なサービスになっているため、FXレポートやウェブサイトの一部は英語のままになっている部分も多く、初心者にはハードルが高い面もあります。

VIPサービスも充実しているため運用資金が大きい投資家、取引量が大きい投資家、ECN口座や自動売買を利用したい投資家などにおすすめの海外FX業者です。

口コミ 36
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
4人2人8人3人0人0人17人

FxPro

7.1

約定力の高さ

7.8/10

スプレッドの狭さ

6.9/10

ボーナス

5.6/10

情報の質と数

7.2/10

サポートの質

7.9/10

良い点

  • キプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス保有
  • 世界で150万以上の投資家
  • 50秒以内に99.9%の注文を執行
  • 5万ユーロまでの信託保全
  • FxPro Quantストラテジー・ビルダー、cAlgoアルゴリズム取引など自動売買ツール

悪い点

  • スプレッドはやや広め
  • ボーナスなどはない

FxPro口座概要

口座の種類MT4口座(即時決済)/STPMT4口座(マーケット決済)/STPMT5口座(マーケット決済)/STPFxPro Markets口座(マーケット決済)/STPcTrader口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料無料無料4.5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.000.000.45
スプレッド種類変動変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
0.600.600.600.600.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.401.601.400.50
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
0.600.600.600.600.90
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.601.401.601.401.40
最大レバレッジ30倍30倍30倍30倍30倍
約定力注文の99.9%が42ミリ秒以内に約定
スリッページの発生率5.19%
注文の99.9%が42ミリ秒以内に約定
スリッページの発生率5.19%
注文の99.9%が42ミリ秒以内に約定
スリッページの発生率5.19%
注文の99.9%が42ミリ秒以内に約定
スリッページの発生率5.19%
注文の99.9%が42ミリ秒以内に約定
スリッページの発生率5.19%
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨10,000通貨
最低入金額5万円相当5万円相当5万円相当5万円相当5万円相当
信託保全
分別管理
2万EURまで信託保全
ICF(投資家保護基金)加盟
FSCS(金融サービス補償機構)加盟
2万EURまで信託保全
ICF(投資家保護基金)加盟
FSCS(金融サービス補償機構)加盟
2万EURまで信託保全
ICF(投資家保護基金)加盟
FSCS(金融サービス補償機構)加盟
2万EURまで信託保全
ICF(投資家保護基金)加盟
FSCS(金融サービス補償機構)加盟
2万EURまで信託保全
ICF(投資家保護基金)加盟
FSCS(金融サービス補償機構)加盟
2位:FxPro

3位:TRADEVIEW

ECN口座評価:総合評価 3.5
ECN口座評価指標ECN口座ECN口座評価点数
出来上がりのトレードコストの安さ米ドル/円 平均スプレッド+取引手数料:0.7pips★★★★★5.0
cTraderが利用できるか否か?cTrader利用不可★★☆☆☆2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
レバレッジ200倍、最低入金額1万円相当、最小取引量10,000通貨★★★☆☆3.0
資産保護の安全性
(信託保全、金融ライセンス、企業規模)
35,000ドルまでの信託保全、ケイマン諸島金融庁(CIMA)★★★★☆4.0
総合評価3.5

TRADEVIEW

TRADEVIEWとは

TRADEVIEW(トレード・ビュー)は、Tradeview LTD社が運営している海外FXサービスです。本社所在地はイギリス領ケイマン諸島にあり、ケイマン諸島金融庁(CIMA)(ライセンス番号585163)の金融ライセンスを取得し、サービス展開しています。ケイマン諸島というと若干不安に感じる方もいるかもしれませんが、1.5兆円もの大金が動く、世界5位の金融センターであり、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)でアメリカの次に基準をクリアしている信頼性の高い国でもあるのです。銀行300社、保険会800社社、ファンド10,000社がケイマン諸島金融庁(CIMA)に登録する世界的な金融大国なのです。TRADEVIEWは世界8か国にオフィスを持ち、2万以上の投資家の口座を持っています。

TRADEVIEWはのFXサービスの特徴は「10年以上の運営歴を誇る信頼性の高い海外FX業者」「ECN口座は手数料2.5ドルと格安」「ECN口座の米ドル/円スプレッドは平均0.2pipsと狭い」「35,000ドルまでの信託保全」「cTrader、Currenexも利用できる」「50以上のトップLPと提携」「機関投資家向けのサービスが充実」という点が挙げられます。

2004年からサービス展開している、世界的には知名度のある海外FX業者です。元々、機関投資家向けのサービス提供が主体で、日本人向けのサービスはあまり力を入れてこなかったのですが、日本語サイトを作る等徐々に日本人の個人投資家にもサービス展開していく方針のようです。とはいえ、日本語化されている部分は未だ少なく、利用するためには多少の英語読解力は必要になるでしょう。

ECN口座の手数料が格安でスプレッドも狭く、信託保全がある信頼性の高い海外FX業者なので、英語がある程度できる、海外FXの経験が長い、中級者以上の投資家におすすめできる海外FX業者と言えます。

口コミ 2
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
0人0人1人0人0人0人1人

TRADEVIEW

6.5

約定力の高さ

7.8/10

スプレッドの狭さ

8.3/10

ボーナス

5.8/10

情報の質と数

5.3/10

サポートの質

5.3/10

良い点

  • 10年以上の運営歴を誇る
  • ECN口座が格安設定
  • 50以上のトップLPと提携
  • 35,000ドルまでの信託保全
  • cTrader、Currenexも利用できる

悪い点

  • 完全な日本語対応ができていない
  • STP口座のスプレッドは広めの設定

TRADEVIEW口座概要

口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
取引手数料
(片道)
無料2.5ドル2.5ドル3.0ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.250.250.30
スプレッド種類変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.800.000.000.30
平均スプレッド
米ドル/円
2.000.20
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.800.500.500.90
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
2.000.70
最大レバレッジ500倍200倍400倍400倍
約定力
最低取引通貨1,000通貨10,000通貨10,000通貨10,000通貨
最低入金額1万円相当1万円相当1万円相当1万円相当
信託保全
分別管理
35,000ドルまでの信託保全35,000ドルまでの信託保全35,000ドルまでの信託保全35,000ドルまでの信託保全
3位:TRADEVIEW

4位:TitanFX

ECN口座評価:総合評価 3.3
ECN口座評価指標ECN口座ECN口座評価点数
出来上がりのトレードコストの安さ米ドル/円 平均スプレッド+取引手数料:1.03pips★★★★☆4.0
cTraderが利用できるか否か?cTrader利用不可★★☆☆☆2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
レバレッジ500倍、最低入金額2万円相当、最小取引量1,000通貨★★★★☆4.0
資産保護の安全性
(信託保全、金融ライセンス、企業規模)
分別管理、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)★★★☆☆3.0
総合評価3.3

TitanFX

TitanFXとは

TitanFX(タイタンエフエックス)はTitan FX Limitedが運営している海外FXサービスです。本社所在地は、ニュージーランドにあり、ニュージーランドの金融ライセンスニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)(番号:FSP388647)を取得し、100カ国以上の投資家にFXサービスを提供しています。ただし、日本の顧客へはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)の金融ライセンス、金融商品及び証券等取扱ライセンス(CAP.70)を持つ法人「TI Securities Limited」でサービス提供されています。

FXサービスの特徴は「業界トップクラスの狭いスプレッド」「0.0pips~のECN口座」「ECN口座の取引手数料が格安設定」「STP口座も海外FX業者1位、2位を争う狭スプレッド」「70以上の通貨ペアが選べる」「アクティブトレーダー専属サポートが利用できる」「ソーシャルトレードのZuluTradeが使える」「国内銀行出金が可能」「ミリ秒単位の約定スピード」などがあります。

とくに0.0pips~のECN口座「Zeroブレード口座」では、取引手数料片道3.5ドルでトレードが可能で、かつEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に配置した複数の最新サーバーとアジア(東京、シンガポール)に複数配置したデータセンターで、地理的なレイテンシーを抑えて高速約定が可能です。(ただし、当サイトで測定した実績データではSTP口座の方がトレードコストは低コストになっています。)

また、50以上の銀行およびダークプールリクイディティ(流動性)と提携し、その情報も公開しているため、透明性の高い海外FX業者でもあります。

他にも、アクティブトレーダー専属サポートでは、取引量トラッキングレポート、損益レポート、デイリースナップショットや無料VPS、個別銀行口座での資金管理などが利用できます。どのくらいの取引量でアクティブトレーダーと認定されるかは問い合わせが必要です。

一方で、ボーナスやトレードコンテストなどは一切なく、ボーナスなどで顧客に還元するのではなく、サービス水準を高めることを徹底的に重要視していることがうかがえます。スプレッドを重視して海外FX業者を検討している方、ECN口座を利用する方、約定力を重視する中級者以上の投資家におすすめできる海外FX業者です。

口コミ 24
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
1人2人9人4人0人0人16人

TitanFX

7.1

約定力の高さ

8.7/10

スプレッドの狭さ

8.7/10

ボーナス

5.1/10

情報の質と数

6.3/10

サポートの質

6.8/10

良い点

  • 親会社はニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)のライセンス保有
  • ECN口座の取引手数料が格安設定
  • STP口座のスプレッドも業界トップクラスの狭スプレッド
  • 国内銀行出金が可能
  • アクティブトレーダー専属サポートが利用できる

悪い点

  • ボーナスがない
  • 信託保全ではない。分別管理のみ
  • 計測データではECN口座よりもSTP口座の方が低コスト
  • トレードコンテストがない
  • 日本人顧客へサービス提供しているのはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)の金融ライセンスのある法人

TitanFX口座概要

口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.35
スプレッド種類変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.000.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.331.03
最大レバレッジ500倍500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピードミリ秒単位の約定スピード
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
信託保全
分別管理
分別管理
(National
Australia Bank)
分別管理
(National
Australia Bank)
4位:TitanFX

5位:LAND-FX

ECN口座評価:総合評価 3.3
ECN口座評価指標ECN口座ECN口座評価点数
出来上がりのトレードコストの安さ米ドル/円 平均スプレッド+取引手数料:1.1pips★★★★☆4.0
cTraderが利用できるか否か?cTrader利用不可★★☆☆☆2.0
ECN口座の利用条件
(レバレッジ、最低入金額、最低取引量)
レバレッジ200倍、最低入金額20万円相当、最小取引量10,000通貨★★☆☆☆2.0
資産保護の安全性
(信託保全、金融ライセンス、企業規模)
最大5万ユーロまでの信託保全、英国FCA★★★★★5.0
総合評価3.3

LAND-FX

LAND-FXとは

LAND-FX(ランドエフエックス)はLand-FX UK Ltdが運営している海外FXサービスです。本社所在地はロンドンにあり、英国金融行動監視機構(FCA)(番号:709866)に登録し、金融ライセンスを所有しています。また、英金融サービス補償機構(FSCS)と金融オンブズマン・サービス(FOS)の一員でもあり、顧客資産の保護にも力を入れています。

LAND-FXは、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCや日本人の岡崎慎司選手が所属しているFSV マインツのスポンサー企業の実績もあるのです。

LAND-FXはのFXサービスの特徴は「米ドル/円で最小0.7pips、平均でも0.9pipsと海外FX業者では圧倒的に狭いスプレッド」「約定スピード0.035秒」「最大5万ユーロまでの信託保全」「100%入金ボーナスあり」「Zuluトレードが利用可能」「ECN口座のスプレッドが0.1pips~で手数料も3.5ドル/ロットと格安」などがあります。

STP口座(Live口座)でも、ECN口座でも、比較的スプレッドが狭いことに特徴がある海外FX業者です。ECN口座の手数料も10万通貨あたり3.5ドルなのでかなり格安設定になっています。また、最大5万ユーロまでの信託保全ですので、安心してトレードすることが可能です。

また、Equinix、Amazon、RousTech、PrimeXMなどのデータセンターと提携しているため、高い約定力スピードを実現しているのです。さらにZuluトレードと言ったソーシャルトレード(コピートレード)のプラットフォームが利用できます。

運用資金が大きい投資家、取引量が大きい投資家、はじめて海外FXにチャレンジする方、ソーシャルトレードを利用したい投資家などにおすすめの海外FX業者です。

口コミ 22
100万円~
利益
50~100万円
利益
~50万円
利益
~50万円
損失
50~100万円
損失
100万円~
損失
口コミ数合計
6人0人10人1人0人1人18人

LAND-FX

7.7

約定力の高さ

8.0/10

スプレッドの狭さ

8.2/10

ボーナス

7.8/10

情報の質と数

7.1/10

サポートの質

7.6/10

良い点

  • 英国金融行動監視機構(FCA)取得
  • スプレッドが狭い
  • 約定スピード0.035秒
  • 最大5万ユーロまでの信託保全
  • ECN口座のスプレッドが狭い

悪い点

  • レバレッジは低めの設定
  • 教育コンテンツなどはほとんどない
  • トレードコンテストはない
  • ECN口座の入金ハードルが高い
  • 日本語サポートは24時間ではない