海外FX「日本語対応」で一番おすすめの海外FX業者はこれだ!

man
「英語ができないけど、海外FXってできるのでしょうか?」
「日本人スタッフがいる海外FX業者ってどこですか?」

やはり、海外FXに興味を持った方が一番はじめに思う不安というのは「日本語が通じるのか?」「英語ができなくても利用できるのか?」「英語ができなくてもサポートが受けられるのか?」という点です。今回は、「日本語対応」で一番おすすめの海外FX業者について解説します。

海外FX業者の「日本語対応」の状況

海外FX業者の「日本語対応」の状況

海外FX業者で日本語対応が必要なものには

  1. サポート対応
  2. ウェブサイト(マイページ含む)
  3. トレードプラットフォーム
  4. その他の教育コンテンツ(セミナー、チュートリアル動画、取引ツール)

の4つがあります。

一つずつ現状について解説します。

日本人サポートの現状

日本語対応してもらわないと困るサービスの一番手が「サポート対応」です。

  • トレードプラットフォームの使い方がわからない
  • トレードプラットフォームの設定がわからない
  • 入金がうまくいかない
  • 出金がうまくいかない
  • ログインがうまくできない
  • 口座のサーバーに接続できない
  • 身に覚えのない取引がある
  • ボーナスが付与されていない
  • 口座が凍結された
  • 作りたい口座の情報が欲しい
  • 両建てをしても良いのか、確認したい

など

海外FXをはじめる段階で、または海外FXでトレードをしている最中に、ウェブサイトのFAQでは解決できない問題、疑問というのは多々発生します。

このときに利用するのが「サポート」です。

日本人顧客の受け入れをOKとしている海外FX業者の多くは、日本人の社員やスタッフを雇用しています。

これらの日本人スタッフは、海外FX業者の本社(金融ライセンスがある本社ではなく、実際の運営部隊がいる本社)の国(キプロスやオーストラリア、香港など)にいる、現地在住の日本人です。

日本人の多い国に本社がある海外FX業者は、日本人スタッフの採用に困ることがないので、日本人スタッフを2名~3名日本人顧客のサポート対応用に雇用しているのです。

teacher

当然、日本人の方がある程度の知識を持って対応してくれるので、大きく不便さを感じることはありません。

日本人の場合は、思いやりやおもてなし、責任感などが強い方が多いので、安心してサポートに連絡することができます。

「日本人サポート」の注意点

日本語が話せる外国人のサポートに注意

日本人スタッフの採用が難しい国(日本人が少ないロシアなど)では、日本語が話せる外国人が日本人のサポート対応をするケースがあります。

カタコトの日本語対応だけでもストレスになりますし、外国人ですから、日本人のマインドである「思いやり、おもてなし、責任感」などは薄いので、対応に不満を感じることも少なくありません。
日本人スタッフの数に注意

日本人スタッフが2名~3名の海外FX業者だと、日本人のサポート要員は、1人か2人です。

当然、平日24時間対応ができないので、ある時間帯に問い合わせをすると、外国人が英語、もしくはgoogle翻訳を使った日本語で「今は日本人スタッフがいないので、時間をおいて連絡してください。」「今は日本人スタッフがいないので、後ほど返信します。」というような回答がきます。

チャット問い合わせなどを利用して、即時レスポンスが欲しい場合に、長ければ半日程度回答を待つ必要が出てきてしまいます。

ある程度の日本人スタッフの人数がスムーズなサポートには必要になるのです。

ウェブサイト(マイページ含む)の日本語対応の現状

海外FX業者のウェブサイト(マイページ含む)の役割は

  • その海外FX業者のサービスの情報を入手する
  • 口座開設をする
  • マイページで入金・出金・残高管理をする
  • トレードプラットフォームをダウンロード、ログインする
  • その海外FX業者独自のサービス、教育コンテンツを利用する
  • トレード条件、取引条件、ボーナス条件を確認する

というものがあります。

当然、日本語しかできない日本人投資家にとっては、「完ぺきな日本語化を期待したいもの」の一つです。

海外FX業者のウェブサイトの日本語対応は

  • 完全に日本語対応をしている海外FX業者
  • 利用規約、トレード規約などの規約系以外は日本語対応をしている海外FX業者
  • 公開されているページは英語、管理画面は日本語という海外FX業者
  • 日本語対応をしていない海外FX業者

の大きく分けて4種類あります。

一番多いのは

  • 利用規約、トレード規約などの規約系以外は日本語対応をしている海外FX業者

です。

これであれば、規約を読まない投資家にとっては、ほぼ不自由なく、日本語でウェブサイトを閲覧、利用することができます。

「規約も日本語に訳せば良いのに?」と思う方も多いと思いますが

翻訳を担当しているのは、数名の日本人スタッフが本来の業務の片手間で行う

ケースが多いため、

  • 量が多い
  • 更新の頻度も多い

規約系の文章の日本語訳は、後回しになってしまい、手を付けられていない海外FX業者が多いのです。

それでも、規約で気になる点があれば、日本人スタッフに問い合わせれば良いだけですので、このタイプの海外FX業者であれば、問題なく、日本語でウェブサイトを活用できるのです。

意外とトレード条件の良い海外FX業者も多い

  • 公開されているページは英語、管理画面は日本語という海外FX業者

というパターンもあります。

その国の金融監督庁に対して

staff
「うちの会社は、日本人投資家をターゲットにしていませんよ。」

とアピールするために、ウェブサイトの公開されているページは、英語で、日本語対応をあえてしないケースもあるのです。

このような海外FX業者でも

  • 管理画面は、日本語
  • サポートは、日本人

ですので、口座開設さえしてしまえば、後は、それほど日本語の不自由さはなく、海外FXでトレードすることが可能です。

注意しなければならないのは、公開されているページが英語だと、英語ができない投資家にとっては、海外FX業者のサービスや口座に関する情報がわからないため、口座開設に至らずにあきらめてしまうケースが多いのです。

teacher
公開ページは英語という海外FX業者は、主要な金融ライセンスを保有している優良業者であることも多く、多くの日本人が利用しないからこそ、快適にトレードができるケースもあります。初見の英語表記だけで、あきらめてしまうのは、もったいないのです。

「ウェブサイト」の日本語対応の注意点

少なからず英語表記はでてきてしまう!

比較的規模の大きい、世界展開している海外FX業者を利用すると

  • 入金・出金のプラットフォームだけ英語
  • ボーナスの利用規約だけ英語
  • トレードコンテストの利用規約だけ英語
  • アナリストのレポートのみ英語

という一部日本語対応していないものも出てきてしまいます。

この場合の対応策としては

  • chromeの日本語翻訳で、ある程度の内容を把握する
  • より知りたいことがある場合は、日本人サポートに聞く

という方法があります。

teacher
知りたい情報があるときにあきらめる必要はないので、わからないことはどんどん聞くことを心がけましょう。

トレードプラットフォームの日本語対応の現状

基本的に海外FX業者で利用するトレードプラットフォームは

  • MT4
  • MT5
  • cTrader

ぐらいです。

これらのトレードプラットフォームは、日本語対応しているので、問題なく、日本語でトレードが可能です。

トレードプラットフォームの日本語対応の注意点

外国製のインジケーターやEA

一部、海外製のインジケーターやEAを使う場合には、説明や設定が英語表記になっているので、注意が必要です。

教育コンテンツ(セミナー、チュートリアル動画、取引ツール)の日本語対応の現状

オートチャーティストなどのトレードサポートツールは、英語が基本となっていて、日本語対応していないもの少なくありません。

基本的には、単語レベルものですので、大きな問題はありませんが、間違った設定にしないように注意が必要です。

また、ウェビナーやアナリストレポートも英語のみのものが少なくありません。

例:HotForex

ウェビナー
ウェビナー
アナリストレポート
アナリストレポート
オートチャーティスト
オートチャーティスト
有効な教育コンテンツ、トレードツールであっても、英語しかない場合は、英語がわからない方にとっては、有効に使えない可能性があります。

教育コンテンツ、トレードツール、アナリストレポートなどに興味を持って、海外FX業者を選ぶ前に「そのコンテンツやツールは、日本語対応しているのか?」という点をチェックしておく必要があります。

「日本語対応」で海外FX業者を選ぶ条件

「日本語対応」で海外FX業者を選ぶ条件

その1.日本人スタッフが多く在籍している海外FX業者を選ぶ

基本的に日本人スタッフの有無が重要なポイントとなります。

通常のサポート対応でも、出金できないなどのトラブルがあったときでも、「日本語で日本人に相談できる」という環境が、大きな安心材料となるからです。

とくに日本人スタッフは

  • おもいやり
  • 気配り
  • 丁寧さ
  • 責任感

と言ったものを、ある程度は誰でも持っているので、安心してサポートしてもらうことができます。

また、日本人スタッフの人数にも注目する必要があります。

日本人担当者1名体制という海外FX業者の場合

  • その日本人が辞めてしまったら、急に日本語対応ができなくなる
  • 日本語でサポートしてもらえる時間が限られてしまう(いないときは対応できない)

のですから、

複数名の日本人スタッフ、できるだけ多くの日本人スタッフが働いている海外FX業者を選ぶべきなのです。

その2.日本人向けのサービスの事業歴の長い海外FX業者を選ぶ

必然的に

日本人向けのサービスの事業歴が長い

→ 日本人スタッフが多い可能性がある
→ 今まで日本人投資家にサービス提供してきて問題が起きていない
→ 日本人投資家のサポート対応のノウハウがある

ことを意味します。

前述した日本人スタッフの在籍人数が公開されていない海外FX業者も多いので、日本人向けのサービスの事業歴の長さも、重要なポイントとしてチェックしておく必要があるのです。

その3.日本語対応が徹底している海外FX業者を選ぶ

日本語対応していないことが多いのは

  • 教育コンテンツ(動画、セミナー、アナリストレポート)
  • 利用規約
  • 入金、出金ページ
  • 独自のトレード支援ツール

です。

逆に言うと、これらのコンテンツがしっかり日本語化されている場合、日本語対応を積極的に行っている海外FX業者と判断することができます。

海外FX「日本語対応」で一番おすすめの海外FX業者はこれだ!

海外FX「日本語対応」で一番おすすめの海外FX業者はこれだ!

海外FX「日本語対応」で一番おすすめの海外FX業者は「XMTrading」です。

XMTrading
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
信託保全
分別管理
2万EURまで信託保全(キプロス口座)
保険にて上限あり一部信託保全(セーシェル口座)
ロスカットレベル証拠金維持率20%以下
取引システムMT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
通貨ペア数57通貨ペア
口座通貨USD,EUR,JPY
口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.501.500.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.600.10
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当

チェックポイント

在籍する日本人スタッフの人数

変動するので、明確に何名という回答があるわけではありませんが、以前質問したときは「20名ぐらい」ということでした。

海外FX業者の中でも、最も日本人が働いている海外FX業者と言って、過言ではありません。

事業歴

  • 2009年から日本人投資家へのサービス提供を開始

海外FX業者の中でも老舗であり、日本人投資家が50万人以上利用している海外FX業者のため、日本人スタッフの数も億、サポート対応のノウハウも十分に保有しています。

日本語対応の徹底度

規約
  • 個人情報保護方針 → 日本語
  • クッキーに関する方針 → 日本語
  • 契約条件 → 英語
規約
ウェビナー → 日本語(日本人講師)
ウェビナー → 日本語(日本人講師)
アナリストレポート → 日本語(デイリーマーケット分析ビデオ)

シグナル → 日本語
世界的に同じものを管理しなければならない「契約条件」以外は、すべて日本語で日本人が配信しています。

「日本語対応」だけ、を重視するのであれば「XMTrading」の一択と言っていいでしょう。

次点では「GEMFOREX」をおすすめします。日本人スタッフの在籍人数だけは、XMTradingに劣りますが、日本人が立ち上げた海外FX業者ですので、日本のFX業者と変わらない徹底した日本語対応ができています。

デメリットは、営業時間は、平日の10時~17時と若干短く設定されている点です。

GEMFOREX
口座の種類オールインワン口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.20
平均スプレッド
米ドル/円
1.20
最大レバレッジ1000倍
約定力99.79%を0.78秒以内に約定
最低入金額100円相当
  • 日本人スタッフ:複数名在籍
  • 日本人向けのサービス提供歴:2010年(日本人が立ち上げた会社)
  • 利用規約、ガイドラインなど:日本語
  • 自動売買、コピートレード:日本語
teacher
はじめて海外FX業者を選ぶのであれば、日本人がいて、日本語対応が完ぺきな海外FX業者をおすすめします。海外FXに慣れてきたら、スプレッドや約定力も含めて、徐々に日本語対応が完ぺきでない海外FX業者も選択肢に広げていけば良いのです。

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円