レバレッジ無制限の海外FX口座とは?無制限のハイレバレッジトレードのメリットデメリット

man
「海外FXのレバレッジ制限が無制限ってどういうことですか?」
「無制限ならどれだけ大きなポジションでも持てるということですか?」
「レバレッジ無制限のハイレバレッジトレードができる海外FX業者を教えてください。」

海外FX業者の場合、国内FX業者に課されるレバレッジ制限が適用外になるため、多くの海外FX業者では、500倍、1,000倍、3,000倍というハイレバレッジな設定にしています。しかし、さらにハイレバレッジ設定である「無制限」でトレードができる海外FX業者があるのです。今回は、海外FXレバレッジ無制限ってどういうことなのか?無制限のハイレバレッジ口座を徹底します。

レバレッジ無制限の海外FX業者・海外FX口座

レバレッジ無制限の海外FX業者・海外FX口座

「レバレッジ無制限」というサービスを提供している海外FX業者は

Exness

口座の種類スタンダード口座MT5/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
平均スプレッド
米ドル/円
1.10
最大レバレッジ2000倍
約定力
最低入金額300円相当

です。

最大レバレッジ 1:無制限

となっていて、無制限のレバレッジでトレードが可能になっています。

「どんな口座でも、残高でも、無制限のレバレッジでトレードできるんですか?」

そうではありません。条件があります。

レバレッジ無制限が利用できる口座

Exnessには下記の口座が用意されています。

  • スタンダード口座/MT4 初回入金額3ドル※入金方法による
  • スタンダード口座/MT5 初回入金額3ドル※入金方法による
  • ロースプレッド口座/MT4 初回入金額1,000ドル
  • ロースプレッド口座/MT5 初回入金額1,000ドル
  • プロ口座/MT4 初回入金額1,000ドル
  • プロ口座/MT5 初回入金額1,000ドル
  • ゼロ/MT4 初回入金額1,000ドル
  • ゼロ/MT5 初回入金額1,000ドル

この中で無制限のレバレッジでトレードできる口座は

  • スタンダード口座/MT4 初回入金額3ドル※入金方法による
  • ロースプレッド口座/MT4 初回入金額1,000ドル
  • プロ口座/MT4 初回入金額1,000ドル
  • ゼロ/MT4 初回入金額1,000ドル

の4つです。

つまり、MT4(メタトレーダー4)でトレードする口座は、すべてレバレッジ無制限でトレードできる設定ということになります。

レバレッジ無制限が利用できる残高

有効証拠金(USD) 最大レバレッジ
0~999ドル 1:無制限
0~4,999ドル 1:2000
5,000ドル~14,999ドル 1:1000
15,000ドル~29,999ドル 1:600
30,000ドル~59,999ドル 1:400
60,000ドル~199,999ドル 1:200
200,000ドル以上 1:100
無制限でトレードできるのは、999ドル(約10万円)の証拠金残高の時のみということになります。これ以上残高が増えると、最大レバレッジは徐々に低くなっていく設定となっています。

レバレッジ無制限が利用できる条件

パーソナルエリアの全ての本取引口座で少なくとも10ポジション(指値注文を除く)、および5ロット(または500セントロット)を決済していること

つまり、Exnessで無制限のレバレッジでトレードするためには

  • MT4(メタトレーダー4)が利用できる口座を選ぶ
  • 有効証拠金を1,000ドル未満にする
  • 10ポジション、かつ5ロットの決済を完了していること

という条件をクリアしなければならないのです。

「無制限のレバレッジて、本当に無制限なんですか?」

正確な数値で表現すると、無制限というわけではなく

1:2,100,000,000

倍のレバレッジということになります。実質的にほぼ無制限ということになります。

「強制ロスカット(ストップアウト)は何%ですか?」

通常のFX業者の場合は

証拠金維持率が○%を割り込んだら強制ロスカット

というロスカットレベル(ストップアウトライン)を設定しています。

証拠金維持率 = 有効証拠金総額 / 必要証拠金

一般的に

  • 国内FX業者のロスカットレベル:100%以下
  • 海外FX業者のロスカットレベル:20~50%以下

に設定されることが多いです。

しかし、Exnessの場合は「無制限」のレバレッジでトレードできることを売りにしているため、必要証拠金というのが理論上0円になってしまうため

  • Exnessのロスカットレベル:0%以下

という設定になっているのです。

どんなにハイレバレッジで設定しても、資金が完全になくならない限りは、強制ロスカット(ストップアウト)はされないため、資金を最大限有効に利用することができます。
口座 マージンコール ストップアウト
スタンダード 60% 0%
プロ 30% 0%
ゼロ 30% 0%
ロースプレッド 30% 0%

ただし、毎日の株式取引の休止時間帯の間のストップアウト値は100%以下になるため、株式取引でポジションを持つ場合は注意が必要です。

レバレッジ無制限でトレードするメリット

レバレッジ無制限でトレードするメリット

レバレッジ無制限ということは

Exnessのスタンダード口座のbitwalletによる最低入金額:10ドルを入金した場合

たった10ドル(約1,000円)の入金でも

  • 1000通貨(0.01ロット) → レバレッジ:100倍
  • 1万通貨(0.1ロット) → レバレッジ:1,000倍
  • 10万通貨(1.0ロット) → レバレッジ:10,000倍
  • 100万通貨(10.0ロット) → レバレッジ:100,000倍

のポジションを持って、トレードをすることができるということです。

同じ利益を出すトレードをしたとしても、保有しているポジションの取引量によって収益は大きく変わってきます。

  • 1000通貨(0.01ロット) → 1pipsあたりの利益 = 10円
  • 1万通貨(0.1ロット) → 1pipsあたりの利益 = 100円
  • 10万通貨(1.0ロット) → 1pipsあたりの利益 = 1,000円
  • 100万通貨(10.0ロット) → 1pipsあたりの利益 = 10,000円

仮に1回のトレードで20pisの利益が出るトレードを1日5回、月20日行ったと仮定すると

月間の獲得pips数:2,000pips

となります。その場合は

  • 1000通貨(0.01ロット) → 月間利益 = 2万円
  • 1万通貨(0.1ロット) → 月間利益 = 20万円
  • 10万通貨(1.0ロット) → 月間利益 = 200万円
  • 100万通貨(10.0ロット) → 月間利益 = 2,000万円

と格段の利益に差が出てくるのです。

最大レバレッジが国内FX業者の25倍だとしたら、1ドル=100円と仮定した場合、米ドル円で持てる最大のポジション量は

  • 証拠金:1,000円 × 25倍 = 250ドル(250通貨)

最大レバレッジが一般的な海外FX業者の500倍だとしたら、1ドル=100円と仮定した場合、米ドル円で持てる最大のポジション量は

  • 証拠金:1,000円 × 500倍 = 5,000ドル(5,000通貨)

最大レバレッジが大きい海外FX業者の3,000倍だとしたら、1ドル=100円と仮定した場合、米ドル円で持てる最大のポジション量は

  • 証拠金:1,000円 × 3,000倍 = 30,000ドル(30,000通貨)

ですから、

レバレッジが大きければ大きいほど、持てるポジションが大きくなる仕組みになっています。

持つポジションが大きければ大きいほど、同じpips数を獲得しても、得られる利益が大きくなるのです。

少額の資金しか用意できない投資家ほど、最大レバレッジが大きい海外FX業者の方が、持てるポジションが大きくなり、利益を出しやすくなるのです。「レバレッジ:無制限」であれば、さらに大きいポジションを持つことができるため、大きく稼ぐ、一獲千金のチャンスが出てくるのです。これが最大のメリットと言えます。

レバレッジ無制限でトレードするデメリット・リスク

レバレッジ無制限でトレードするデメリット・リスク

少額資金でレバレッジ無制限でトレードするデメリット・リスクは

持つポジションが大きければ大きいほど、1pipsあたりの損失が大きくなり、すぐに資金が尽きてしまう

ことです。

持つポジションの取引量に応じて、1pipsあたりの利益も変動しますが、これは損失についても同じことが言えます。

  • 1000通貨(0.01ロット) → 1pipsあたりの損失 = 10円
  • 1万通貨(0.1ロット) → 1pipsあたりの損失 = 100円
  • 10万通貨(1.0ロット) → 1pipsあたりの損失 = 1,000円
  • 100万通貨(10.0ロット) → 1pipsあたりの損失 = 10,000円

レバレッジ無制限であれば、1,000円の証拠金で10万通貨(1.0ロット)のポジションを持ってトレードすることもできますが、1pipsの損失が発生しただけで、資金がなくなってしまうことを意味します。

1pipsというのは、海外FX業者のスプレッド程度の損失ですので、下手すればエントリーした瞬間に資金がなくなってしまうのです。

つまり、レバレッジ無制限で持つポジションを過度に高めてしまうと、一瞬で資金が尽きるリスクがあるのです。

現実的に考えると、いくら無制限でレバレッジが設定できると言っても、レバレッジ:1,000倍を超えてくると、予想が外れた場合、数pipsで資金が尽きて、ゲームオーバーになってしまうのです。

だからこそ、Exnessのウェブサイトでは

レバレッジ無制限でトレードするデメリット・リスク

無制限レバレッジはリスクが高く、より大きな損失が発生する可能性があるため、経験を積んだトレーダー向けのものとなっています。 無制限レバレッジの利用には、必要条件があります。

取引口座の有効証拠金がUSD1,000未満であること
パーソナルエリアの全ての本取引口座で少なくとも10ポジション(指値注文を除く)、および5ロット(または500セントロット)を決済していること

と必要条件を定めているのです。

「証拠金以上の損失が出て口座残高がマイナスになったら、投資家の損失になるの?」

なりません。

Exnessも、他の海外FX業者と同様に「追証ゼロ・ゼロカット・ロスカット保護」サービスを提供しています。

「証拠金以上の損失が出て口座残高がマイナスになったら、投資家の損失になるの?」

残高がマイナスでももちろん入金できます。 ただし、いずれかの口座残高がマイナスになっている場合、マイナス残高はNULL操作(マイナス残高をゼロに修正する操作)により自動的に修正されるため、少しお待ちいただくことを推奨します。

Exnessはマイナス残高保護を行っており、残高がマイナスになっている口座のすべてにNULL操作を行います。

マイナス残高のある口座に入金を行うと、マイナス残高を差し引いた額のみが入金されます。マイナス残高を補填するにはExnessサポートチームにご連絡いただく必要がございます。

teacher
Exnessサポートチームに連絡するという一手間が必要になりますが、ハイレバレッジでトレードして口座残高以上に損失が発生して、マイナス残高になったとしても、マイナス分は、Exnessが補填してくれるため、投資家は1円も支払う必要がありません。入金した金額以上の損失は発生しないメリットがあります。

レバレッジ無制限の海外FX口座を使う必要性はありますか?

レバレッジ無制限の海外FX口座を使う必要性はありますか?

大きな意味はありません。

前述した通りで

レバレッジ無制限の海外FX口座を利用すれば

  • レバレッジ:1,000倍
  • レバレッジ:5,000倍
  • レバレッジ:10,000倍
  • レバレッジ:50,000倍
  • レバレッジ:100,000倍
  • レバレッジ:1,000,000倍

でトレードすることも可能です。

しかし、レバレッジ:10,000倍でトレードをしても、レバレッジ:10,000倍のポジションを持ってしまうと、許容できる損失は1pips程度になってしまい、スプレッド分だけで資金が尽きてしまいます。そもそも、現実的ではないのです。いくら海外FX業者と言っても、過度なレバレッジ、過度なポジション量でトレードしてしまうと、利益も増やせる反面、損失をほとんど許容できないため、トレードがただのギャンブルになってしまいます。

どんなに有名なプロトレーダーでも、勝率100%ということがないのですから、損失を許容できないレバレッジ設定では、取引回数が増えれば増えるほど、資金がなくなってしまう可能性が高くなってしまうのです。

「FXトレードで安定した収益を上げること」を目的とするのであれば、レバレッジは国内FX業者の25倍では少なすぎるものの、海外FX業者の平均的な設定である200倍~500倍もあれば十分なのです。1,000倍、3,000倍であっても、大きすぎるレバレッジですので、レバレッジ無制限というのは、ほぼ不要なレバレッジ設定となっています。

teacher

唯一、無制限のレバレッジにメリットがあるとすれば、レバレッジ無制限の設定の中で、持つポジションを200倍~500倍程度のレバレッジに限定すれば「資金が0円になるまでは強制ロスカットされない」ということになります。

レバレッジが低い、ロスカットレベルが高めの設定の海外FX業者の場合は、資金が0円になるずっと手前で強制ロスカットされてしまうことが多く、「もう少し我慢できたら反転したのに」と思うことも少なくありません。その点、資金をギリギリまで使いきれるメリットが、レバレッジ無制限の海外FX口座にあるのです。

口座の種類スタンダード口座MT5/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
平均スプレッド
米ドル/円
1.10
最大レバレッジ2000倍
約定力
最低入金額300円相当
海外FXのトレード手法を検証しているブログはこちら
海外FXブログ
海外FX業者の選び方はこちら
海外FX業者
海外FXの税金・確定申告の最新ガイドはこちら
海外FX税金
海外FXボーナスの最新情報はこちら
海外FXボーナス

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円