海外FX口座通貨の選び方。「円口座」を選ぶべきか?「米ドル口座」を選ぶべきか?

woman
「海外FXの口座通貨はどうやって選べば良いですか?」
「海外FXは円口座でトレードすべきですか?」
「海外FXは米ドル口座でトレードすべきですか?」

海外FX業者の口座開設時には、口座通貨を「日本円」「米ドル」「ユーロ」から選ぶことができます。では、海外FXの口座通貨は、どれを選ぶべきでしょうか?今回は、海外FX口座通貨の選び方。「円口座」を選ぶべきか?「米ドル口座」を選ぶべきか?について解説します。

海外FXの口座通貨とは?

海外FXの口座通貨とは?

海外FXの口座通貨とは

海外FXの口座運用(入金・トレード・出金)時に利用する口座通貨のこと

を言います。

多くの海外FX業者では

  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ

の主要通貨での口座開設に対応しています。

例:XMTrading
例:XMTrading

口座の基本通貨

選択してください
EUR
USD
JPY

口座通貨を選択すると

日本円口座を利用する

  • → 日本円で入金
  • → 日本円でトレード
  • → 日本円で出金

米ドル口座を利用する

  • → 米ドルで入金
  • → 米ドルでトレード
  • → 米ドルで出金

ユーロ口座を利用する

  • → ユーロで入金
  • → ユーロでトレード
  • → ユーロで出金

ということになります。

teacher

海外FXの口座通貨をどの通貨にするのか?によって、大きくメリットデメリットが変わってきます。

あえて「ユーロ」口座を選ぶ理由は、ほとんどありませんので「日本円」口座、「米ドル」口座で解説します。

海外FXの口座通貨で「日本円」口座を選ぶメリット

海外FXの口座通貨で「日本円」口座を選ぶメリット

メリットその1.為替手数料が発生しない

最大のメリットは「日本円口座」を開設して、トレードすれば「為替手数料」が発生しない点です。

為替手数料とは
通貨を別の通貨に交換する時に金融機関に支払う手数料のこと

を言います。

  1. 日本の銀行口座(円預金)
    ↓入金
  2. 海外FXの口座(米ドル口座)
    ↓出金
  3. 日本の銀行口座(円預金)

の場合は

  1. 日本の銀行口座(円預金)
    ↓入金 ※「日本円」→「米ドル」の為替手数料発生
  2. 海外FXの口座(米ドル口座)
    ↓出金 ※「米ドル」→「日本円」の為替手数料発生
  3. 日本の銀行口座(円預金)

と、往復で2回為替手数料が発生してしまいます。

メガバンクの為替手数料は、三菱UFJ銀行の場合は、

為替手数料とは

日本円 → 米ドル

  • インターネットバンキング:25銭(25pips)
    窓口:100銭(100pips)

往復なら

  • インターネットバンキング:50銭(50pips)
  • 窓口:200銭(200pips)

も手数料が発生してしまうのです。

銀行によって為替手数料は異なりますが、FXトレードのスプレッドと比較するとかなり大きなコストが発生してしまうのが現状です。
海外FXの口座通貨を「円口座」にすれば、日本の円預金からの入金、日本の円預金からの出金時に為替手数料が発生しないため、無駄なコストを回避することが可能です。

メリットその2.管理画面・取引ツールの数値がわかりやすい

「日本円」口座で海外FX口座を開設すると

MT4・MT5(メタトレーダー)の表示も、「日本円」になります。

メリットその2.管理画面・取引ツールの数値がわかりやすい
  • 残高
  • 有効証拠金
  • 余剰書庫金
  • 手数料
  • 損益

が日本円(JPY)表記ですので、直感的に残高、損失などを把握することができます。

日本円に慣れた日本人には「日本円」表示の方がかなりわかりやすいのです。

「米ドル」口座で海外FX口座を開設すると

MT4・MT5(メタトレーダー)の表示も、「米ドル」になります。

メリットその2.管理画面・取引ツールの数値がわかりやすい
  • 残高
  • 有効証拠金
  • 余剰書庫金
  • 手数料
  • 損益

すべて「米ドル」表記です。

「米ドル」に慣れていない日本人にとっては、いちいち頭の中で日本円に変換しないと、どのくらいの残高があるの?どのくらいの損益なのか?がわからないため、使いにくさが出てしまいます。

また、当然、「米ドルが日本円でいくらになるのか?」は、為替変動があるため、常に変化します。頭の中で日本円に変換するときの相場も動いてしまうので、よりややこしくなってしまうのです。

これは管理画面(マイページ)も同様です。

メリットその2.管理画面・取引ツールの数値がわかりやすい

「日本円」口座で海外FX口座を開設すると

  • 管理画面(マイページ)の表示も、「日本円」になります。

「米ドル」口座で海外FX口座を開設すると

  • 管理画面(マイページ)の表示も、「米ドル」になります。
日本円口座の方が残高をストレートに把握できるメリットがあります。

メリットその3.日本円口座のある海外FX業者の方が日本人向けのサービスが手厚い

海外FX業者には

  • 日本円口座を口座の基本通貨として採用していない海外FX業者
  • 日本円口座を口座の基本通貨として採用している海外FX業者

があります。

例:日本円口座を口座の基本通貨として採用していない海外FX業者

FBSの基本通貨
FBSの基本通貨
  • USD(米ドル)
  • EUR(ユーロ)
HotForexの基本通貨
HotForexの基本通貨
  • USD(米ドル)
  • EUR(ユーロ)
  • NGN(ナイラ)

例:日本円口座を口座の基本通貨として採用している海外FX業者

XMTradingの基本通貨
XMTradingの基本通貨
  • USD(米ドル)
  • EUR(ユーロ)
  • JPY(日本円)
TitanFXの基本通貨
TitanFXの基本通貨
  • USD(米ドル)
  • EUR(ユーロ)
  • JPY(日本円)
  • SGD(シンガポールドル)

海外FX業者が口座通貨に「日本円」を採用しているかどうかは

man
「その海外FX業者の日本人顧客がどれだけのシェアを占めているのか?」

に依存します。

多くの日本人投資家の方は「円口座」でトレードするので

  • 世界中の顧客の中に日本人のシェアが10%にも満たなければ、その海外FX業者にとって「マイナーな国の投資家」という扱いになり、コストのかかる「日本円口座」の採用はしない

という判断になりますし、

  • 世界中の顧客の中に日本人のシェアが50%を超えていれば、その海外FX業者にとって「メジャーな国の投資家」という扱いになり、コストのかかる「日本円口座」の採用をする

という判断になります。

つまり、

「日本円口座」を採用している海外FX業者には、日本人投資家がそれなりの割合で存在する

ということを意味します。

そうなれば

  • ウェブサイトの日本語対応
  • 複数名の日本人スタッフの雇用
  • 手厚い日本語サポート
  • 平日24時間の日本語サポート
  • 日本語ウェビナーの開催
  • 日本語分析レポートの提供
  • 日本語解説動画の提供
  • 日本人投資家好みの取引ツール・分析ツールの提供
  • 日本人向けのボーナス

などを積極的に展開してくれるのです。

「日本円口座」を採用している海外FX業者の方が、日本人投資家の顧客シェアが大きい分、日本人投資家向けのサービスが充実しているメリットがあるのです。

海外FXの口座通貨で「米ドル」口座を選ぶメリット

海外FXの口座通貨で「米ドル」口座を選ぶメリット

メリットその1.「米ドル」の方が海外FX業者の選択肢が広がる

前述したように海外FX業者には

  • 日本円口座を口座の基本通貨として採用していない海外FX業者
  • 日本円口座を口座の基本通貨として採用している海外FX業者

があります。

「日本円口座」にこだわると、それだけ利用できる海外FX業者の選択肢が狭まることになります。

「米ドル口座」であれば、ほぼすべての海外FX業者が対応しているため、利用できる海外FX業者の選択肢が広がります。

海外FX業者の選択肢が広い方が

  • スプレッドの狭い海外FX業者が見つかる
  • 約定力の高い海外FX業者が見つかる
  • ボーナスやトレードコンテストの選択肢が広がる
  • ECN口座、PAMM口座、コピートレード口座などの選択肢が広がる

というメリットがあるのです。

メリットその2.「米ドル」の方が「日本円」よりも、将来性が有望な通貨

通貨としてのポテンシャルに注目すると、「日本円」よりも「米ドル」の方が有望な通貨となります。

「日本円」よりも「米ドル」の方が有望な理由

1.流動性が高い

通貨シェア/2016年~2019年

1.流動性が高い
  • 米ドル:44.0%
  • ユーロ:16.0%
  • 日本円:8.4%
  • ポンド:6.4%
  • 豪ドル:3.4%

出典:BIS(国際決済銀行)

世界的に見れば、米ドルが基軸通貨であり、米ドルで資産管理をしていれば、一人負けということが起こりにくいのです。

一番信用力の高い通貨、一番流動性の高い通貨「米ドル」で資産管理する方が、「日本円」で資産管理するよりも、安全性が高いということを意味しています。
2.成長性が見込める

米国の人口予測

  • 2010年:約3億864万人
  • 2050年:約3億8959万人

日本国の人口予測

  • 2010年:約1億2805万人
  • 2050年:約1億192万人

と、米国は2割以上増加する予測ですが、日本は2割減少する予測となっています。

人口は、経済力の源ですから、米ドルは将来的に値上がりし、日本円は将来的に値下がりし、円安ドル高が進行することが予想されます。

「米ドル」で資産管理していた方が、資産価値は拡大する可能性が高いのです。
3.多様な投資商品が利用できる

「米ドル」建ての投資商品・金融商品というのは、世界中で販売されているため、その種類というのは、日本で販売されている「日本円」建ての投資商品・金融商品の比ではありません。

  • 預金
  • MMF
  • 債券
  • 投資信託
  • 株式
  • ETF
世界的に見れば、ドル建ての商品が多く、「米ドル」で資産管理していた方が、投資先の選択肢が多くなるのです。
4.世界中で利用できる

「米ドル」は、世界の基軸通貨ですから、「日本円」が使えなくても、「米ドル」は使えるという国が少なくありません。

teacher

これらの理由があるからこそ

資産管理を「日本円」ではなく「米ドル」で行う方が資産性は高く、資産管理を「米ドル」で行うのであれば、海外FX口座も「米ドル口座」の方が手数料が発生しない分有利になるのです。

メリットその3.世界基準で見れば「米ドル」の方が為替変動の影響を受けない

「日本円」で投資をしていると

  • 円高ドル安 → 海外旅行に行きやすくなる
  • ドル高円安 → 海外旅行に行きにくくなる、株高になる

と、「米国」対「日本」という構図でのメリットデメリットを探してしまうのですが、円安が続けば、海外旅行や海外の不動産や金融商品が割高になってしまいます。

「米ドル」で資産管理をして、「米ドル」で投資をすれば

  • ドル安 → 世界的に通貨安になる
  • ドル高 → 世界的に通貨高になる

と、米ドルの変動が世界経済に与える影響が大きいため、相対的な為替変動リスクは小さく済むのです。

「米ドル」口座での運用の方が為替変動の影響は受けにくく、世界的に見て、資産が目減りするリスクは少なくなるのです。

海外FX口座通貨の選び方。「円口座」を選ぶべきか?「米ドル口座」を選ぶべきか?

海外FX口座通貨の選び方。「円口座」を選ぶべきか?「米ドル口座」を選ぶべきか?
  • 海外FXの初心者
  • FXトレードの初心者
  • 日本円で資産管理をしている
  • 資産額が少ない(目安;1,000万円以下)
  • 日本語対応がしっかりしている海外FX業者しか使わない
  • FXトレード以外の投資をしていない

→ 「日本円口座」に対応している海外FX業者を選ぶべき

  • 海外FXの中級者、上級者
  • FXトレードの中級者、上級者
  • 米ドルで資産管理をしている
  • 資産額が多い(目安:1,000万円超)
  • いろいろな海外FX業者を使ってみたい
  • いろいろな海外FXのツールを使ってみたい
  • いろいろな海外FXの口座を使ってみたい
  • FXトレード以外の投資をしている

→ 「米ドル口座」に対応している海外FX業者を選ぶべき

と判断できます。

teacher

ある程度の資産をお持ちの方であれば

  • 投資資金の一部を米ドルで管理する(国際決済サービスなどを利用)
  • 米ドル建ての投資を行う(海外FXも含む)

形の方が

  • 世界情勢に影響されにくい
  • 世界基準で多くの投資商品、金融商品を利用できる
  • 将来的に「米ドル」が値上がりする可能性が高い
  • 海外FXの米ドル口座への入出金でも、為替手数料が発生しない

というメリットがあるため、おすすめです。

しかし、それほど資産がない段階で、無理やり「米ドル」で資産管理しても、コスト負担のデメリットの方が大きくなってしまいます。

teacher

資産額が少ない、FXトレードに慣れていないのであれば

  • 日本円で入出金、トレードができる
  • 取引ツールや管理画面(マイページ)の表示が日本円表示でわかりやすい
  • 日本人サポートが充実している
  • 日本の銀行口座(円預金)からの入出金でも、為替手数料が発生しない

「日本円口座」に対応している海外FX業者を選ぶべきなのです。

基本的に「日本円口座」に対応している海外FX業者は、「米ドル口座」にも対応しているため、安定したトレードによる収益が見込めるようになり、ある程度の資産額になってきたら、「米ドル口座」に切り替えるという運用も可能になります。

ただし、PAMM口座、ECN口座、VIP口座、コピートレード口座など、他の口座は「日本円」に対応していても、特殊な口座は「日本円」に対応していないこともあります。PAMM口座、ECN口座、VIP口座、コピートレード口座でトレードしたい方は、否応なく「米ドル口座」を選択しなければならないケースもあるので、注意が必要です。

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円