海外FXで約定スピード・約定力を上げるVPSの活用法

man
「海外FXは、約定スピードが遅く感じる」
「約定スピードの速い海外FX業者はどこ?」

と海外FXトレードをする投資家は、当然のことながらスプレッドの狭さ以上に「約定力」「約定スピード」にこだわっているかと思います。今回は、海外FXで約定スピード・約定力を上げるVPSの活用法について解説します。

約定力・約定スピードとは?

約定力・約定スピードとは?

約定力とは

スリッページなく、注文した価格で注文が成立する力のこと。約定率のことを約定力ということもあります。

約定スピードとは

注文してから、約定するまでにかかる時間のこと

を言います。

約定力と、約定スピードは、イコールではありませんが・・・

約定スピードが遅い → 約定力が低くなる
約定スピードが速い → 約定力が高くなる

という関係にあります。

なぜ、FXの投資家は「約定力・約定スピード」を重視するのか?

なぜ、FXの投資家は「約定力・約定スピード」を重視するのか?

約定力が低いFX業者を使っていた場合(国内業者でも、海外業者でも)

110.525円

で「買い注文」したとしても

実際の約定価格を見てみると

110.535円

となっていた場合「1.0pips」スリッページが発生してしまっているのです。

このFX業者のスプレッドが0.3pipsだったとしても、

実際にかかったトレードコストは

0.3pips + 1.0pips = 1.3pips

という計算になってしまうのです。

スリッページが発生するのであれば、0.3pipsという狭いスプレッドであっても、まったく意味がない!

ということになってしまうのです。

だからこそ、FXの投資家は「約定力・約定スピード」を重視して、少しでもスリッページが起きないFX業者を探しているのです。

例えば

FX業者A社

  • スプレッド0.3pips
  • 約定率50%
  • スリッページ平均:0.8pips

FX業者B社

  • スプレッド0.5pips
  • 約定率90%
  • スリッページ平均:0.8pips

という2社があった場合、トレードを月200回繰り返したとすれば

FX業者A社

200回 × 50% × 0.3pips + 200回 × 50% × ( 0.3pips + 0.8pips ) = 140pips

FX業者B社

200回 × 90% × 0.5pips + 200回 × 10% × ( 0.5pips + 0.8pips ) = 116pips

となります。

スプレッドだけで比較すれば

  • FX業者A社:スプレッド0.3pips
  • FX業者B社:スプレッド0.5pips

ですから、FX業者A社の方がトレードコストの安いFX業者ということになりますが

約定力とスリッページを加味して、月間の総コストで比較すれば

  • FX業者A社:140pips
  • FX業者B社:116pips

となり、FX業者B社の方がトレードコストの安いFX業者ということになります。

「スプレッドの狭さ」も、FX業者を比較する際には重要なポイントであることは間違えないのですが、同時に「約定率」と「スリッページ平均」も重要なポイントとなるのです。

国内FX業者の「約定力・約定スピード」

国内FX業者の約定率調査データ

国内FX業者の約定率調査データ

出典:矢野経済研究所

を見ると、

200回の取引実行で3社が約定率100%
1位~6位までは約定率90%以上
15社の中、6割は約定率85%未満
15社中の最下位は50%
スプレッドが狭いほど、約定力が低い

となっているのです。

concierge

驚くべきは「約定率50%」、つまり2回に1回はスリッページが発生する国内FX業者もあるということを示しています。しかも、この調査を見ても、「スプレッドが狭いほど、約定力が低い」という傾向が見て取れます。

現在では、投資家にも、このからくりがばれてきていて、スプレッドの狭さと同時に約定力を重視し、約定力を公開している国内FX業者が増えてきています。

海外FX業者の「約定力・約定スピード」

XM(エックスエム)の場合

XM(エックスエム)の場合
全注文の99.35%が1秒以下で執行
執行率100%
注文拒否なし

となっています。

AXIORYの場合

AXIORYの場合
約定力:99.98%
1/1000秒の実行スピード

となっています。

AXIORYの場合は、さらに毎月のデータを開示しており

AXIORYの場合

2017年9月時点では

  • 約定率:99.9353%
  • スリッページ平均(Pips):-0.057473
  • 約定スピード平均:204.29ミリ秒

となっています。

約定力の高い海外FX業者

FBSの無料VPSサーバー

通常料金

33USD/月

無料条件

最低金額(有効証拠金‐クレジット)USD 450ドル以上 or 1か月に最低でも3ラウンドターンロット(30万通貨)以上のお取引

IronFXの無料VPSサーバー

通常料金

無料条件

最低金額(有効証拠金‐クレジット)USD5,000以上

concierge

入金条件が5000ドル(50万円)となってしまうと、それなりに無料VPSサーバーが利用できる投資家は限定されてしまいますが、月往復3ロット(30万通貨)~5ロット(50万通貨)ぐらいであれば、クリアできる可能性も高いのではないでしょうか。

海外FX業者の無料VPSサーバーを上手に活用して、コストをかけずに約定スピード・約定力(約定率)を上げましょう。

まとめ

約定力とは

  • スリッページなく、注文した価格で注文が成立する力のこと。

約定スピードとは

  • 注文してから、約定するまでにかかる時間のこと

です。

約定率が低ければ、スプレッドが狭くても、スリッページ分のトレードコストがスプレッドに乗っかってきてしまうため、トレードコストが安いFX業者とは言えなくなってしまいます。

FX業者を比較検討するうえでは

  1. スプレッドの狭さ
  2. 約定率
  3. スリッページ平均

の3つの項目をチェックする必要があります。スプレッドだけが狭いFX業者がコスト的に有利なFX業者になるわけではないのです。

総じて、海外FX業者の方が、国内FX業者よりも、約定スピード・約定力が高い傾向が強いのですが、そう感じられないという投資家も少なくありません。

なせかというと、注文を発注する自分のPCと、海外FX業者の取引サーバーの地理的な距離が原因で、約定スピードが遅延してしまうからです。

これを回避するためには、海外FX業者が用意しているVPSサーバーを契約して、注文を発注するサーバーと海外FX業者の取引サーバーの設置場所を同じにする方法があります。

concierge

VPSサーバーは、だいたい月20ドル~30ドルの料金がかかりますが、一部の海外FX業者では、大口顧客、優良顧客に慕いて、VPSサーバーを無料で提供しています。

条件をクリアできるのであれば、無料でVPSサーバーを利用できる海外FX業者を使うのも、賢い選択と言えるのです。

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円