海外FXはレバレッジよりも最大許容損失額で比較する。「いくら負けられるか?」が重要

woman
「レバレッジは高ければ高い方がいいんでしょ?」
「最大レバレッジの高い海外FX業者でトレードをすべき」

と勘違いしている投資家も初心者の中には多いようです。確かに海外FXはレバレッジ制限がないことが多くの投資家に選ばれている理由でもありますが、レバレッジに関する誤解が多いようです。海外FX業者を比較する上で、レバレッジよりも重要な最大許容損失額について解説します。

海外FX業者のレバレッジの有効性

海外FX業者の場合は

  • レバレッジが大きいもので最大3000倍
  • 平均的なレバレッジの相場は400倍~500倍

に設定されています。

国内FX業者の場合は

  • 法人:最大200倍
  • 個人:最大25倍

ですから、ほぼすべての国内FX業者が最大25倍のレバレッジに設定しています。

レバレッジが小さければ取引証拠金が増えます。

レバレッジ:25倍 国内FX業者の場合

「米ドル/円:1万通貨」を取引するのに必要な取引証拠金は

1万通貨 × 100(1ドル100円想定) ÷ 25倍 = 4万円

です。レバレッジを動かしてみると

  • レバレッジ:10倍(国内) → 10万円
  • レバレッジ:25倍(国内) → 4万円
  • レバレッジ:50倍 → 2万円
  • レバレッジ:100倍 → 1万円
  • レバレッジ:200倍 → 5000円
  • レバレッジ:500倍 → 2000円
  • レバレッジ:1000倍 → 1000円

となるのです。

国内FX業者だと1万通貨取引で最低でも4万円の証拠金が必要になりますが、平均的な海外FX業者(レバレッジ500倍)であればたった2000円の証拠金で1万通貨取引が可能になります。

だからこそ、多くの投資家が2011年に国内FX業者に適用されたレバレッジ規制に「証拠金が用意できない個人投資家の締め出しだ。」と反対していたのです。

しかし、残念ながらその抵抗もむなしく、国内FX業者にはレバレッジ規制が適用されてしまったため、多くの投資家が海外FXに口座を移転することになったのです。

実際に当サイトで投資家にアンケートを取ったところ

あなたが海外FXをはじめたきっかけは何ですか?:81名

「レバレッジ制限がないから」:52名

81人中52人(約63%)の方が「レバレッジ制限がない」こと、つまりハイレバレッジでトレードができることを理由に挙げているのです。

レバレッジは高ければ良いというものではない!

ただし、勘違いしやすいのはレバレッジは高ければ高い方が良いというものでもありません。

レバレッジ3000倍の海外FX業者で取引をする場合

1000円で3万通貨の取引が可能です。

だからといって、本当に口座に1000円入れて3万通貨のポジションを持つ方はいないはずです。

レバレッジ3000倍なら、0.0033pipsでもポジションの逆方向に動いたら資金は亡くなってしまいます。

レバレッジが重要なのではなくて

自己資金の中で、自分が取引したい取引量(取引枚数)でトレードをしたときにどのくらい損失が許容されるのか?

の方が重要なのです。

どういうことか例を挙げて説明します。

前提条件

  • 投資資金:10万円
  • 取引通貨ペア:米ドル/円
  • 為替レート:1ドル=100円
  • ロスカットレベル(証拠金維持率):100%

国内FX業者(レバレッジ:25倍)の場合

1万通貨を取引するための取引証拠金は

取引証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ

100円 × 1万通貨 ÷ 25倍 = 4万円

4万円です。

証拠金維持率が4万円を下回った際に強制ロスカットされてしまうため、許容される最大損失額というのは

10万円 - 4万円 = 6万円

になります。

海外FX業者(レバレッジ:500倍)の場合

1万通貨を取引するための取引証拠金は

100円 × 1万通貨 ÷ 500倍 = 2000円

2,000円です。

証拠金維持率が2,000円を下回った際に強制ロスカットされてしまうため、許容される最大損失額というのは

10万円 - 2000円 = 9万8000円

になります。

つまり、同じ資金10万円で1万通貨取引をした場合に

国内FX業者 → 6万円の評価損が発生したら強制ロスカット
海外FX業者 → 9万8000円の評価損が発生したら強制ロスカット

となるのです。

「どちらが有効に資金を使えるのか?」はあきらかです。

これが10万通貨取引を前提とするのであれば

国内FX業者(レバレッジ:25倍)の場合

10万通貨を取引するための取引証拠金は

取引証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ

100円 × 10万通貨 ÷ 25倍 = 40万円

40万円です。

「資金10万円では10万通貨のポジションは持てない。」ことになります。

海外FX業者(レバレッジ:500倍)の場合

10万通貨を取引するための取引証拠金は

100円 × 10万通貨 ÷ 500倍 = 2万円

2万円です。

証拠金維持率が2万円を下回った際に強制ロスカットされてしまうため、許容される最大損失額というのは

10万円 - 2万円 = 8万円

になります。

つまり、同じ資金10万円で10万通貨取引をした場合に

国内FX業者 → 資金が不足していて、ポジションが持てない
海外FX業者 → 8万円の評価損が発生したら強制ロスカット

となるのです。

海外FX業者での10万通貨取引の場合は、国内FX業者の1万通貨のときよりも許容できる損失額が大きいのです。

10倍のポジションを持っても、許容できる損失額が大きい

ということは

儲けられる可能性も10倍以上大きくなる

のです。

だからこそ、海外FXが人気になっているのです。

concierge

10万円の資金で10万通貨のポジションを持っても、8万円の損失が許容されるのですから、レバレッジは500倍あれば十分と言っていいでしょう。

レバレッジは高い方が良いのは間違えありませんが、500倍を超えていればそれ以上大きなレバレッジの海外FX業者である必要性はそれほどないのです。

海外FXはレバレッジよりも最大許容損失額で比較する

前述した通りで

国内FXよりも海外FXの方がレバレッジが大きいので、その分同じポジションを持っても許容できる損失額が大きいことが重要

なのですが

許容できる損失額は、レバレッジとロスカットレベル(証拠金維持率)によって決まってきます。

だとすれば

海外FX業者を比較するときも

レバレッジだけで比較するのではなく
最大許容損失額を試算して比較するべき

なのです。

最大許容損失額の計算方法

取引証拠金 = 為替レート × 取引量 ÷ レバレッジ

最大許容損失額 = 資産 - 証拠金維持率 × 取引証拠金

計算例

前提条件

投資資金:10万円
取引通貨ペア:米ドル/円
為替レート:1ドル=100円
ロスカットレベル(証拠金維持率):100%

AXIORY:最大レバレッジ400倍/10万通貨取引

  • 取引証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 400倍 = 2万5000円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 20% × 2万5000円 = 9万5000円
  • 10万通貨取引の最大許容損失pips = 9万9500円 / 1000 = 95.0pips

XM:最大レバレッジ888倍/1万通貨取引

  • 取引証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 888倍 = 1万1261円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 20% × 1万1261円 = 9万7748円
  • 10万通貨取引の最大許容損失pips = 9万7748円 / 1000 = 97.7pips

FXDD:最大レバレッジ500倍/10万通貨取引

  • 取引証拠金 = 100円 × 10万通貨 ÷ 500倍 = 2万円
  • 最大許容損失額 = 10万円 - 100% × 2万円 = 8万円
  • 10万通貨取引の最大許容損失pips = 8万円 / 1000 = 80.0pips

となるのです。

この例で言えば

  • AXIORY:最大レバレッジ400倍
  • FXDD:最大レバレッジ500倍

だけで比較してしまうと

FXDDの方が良い

となってしまうのですが、ロスカットレベル(証拠金維持率)が

  • AXIORY:20%以下で強制ロスカット
  • FXDD:100%以下で強制ロスカット

という違いがあるため、最大許容損失額も

  • AXIORY:95.0pips
  • FXDD:80.0pips

となるのです。

この2社で比較するのであれば、最大許容損失額が大きいのはレバレッジが低いAXIORYになります。

concierge
このように海外FX業者、海外FX口座を比較するときはレバレッジだけで比較するのではなく、最大許容損失額を算出したうえで、一番損失に耐えられる海外FX業者(海外FX口座)を選ぶことをおすすめします。

海外FXの最大許容損失額比較

前提:投資資金10万円

参考:国内FX業者の最大許容損失額

証拠金維持率最大レバレッジ1万通貨に必要な証拠金10万通貨に必要な証拠金1万通貨取引時の最大許容損失額10万通貨取引時の最大許容損失額1万通貨最大許容損失pips10万通貨最大許容損失pips
100%25倍40,000円400,000円60,000円取引不可600.0pips取引不可

海外FXの最大許容損失額比較

海外FX業者名証拠金維持率最大レバレッジ1万通貨に必要な証拠金10万通貨に必要な証拠金1万通貨取引時の最大許容損失額10万通貨取引時の最大許容損失額1万通貨最大許容損失pips10万通貨最大許容損失pips

XM
20%888倍1,126円11,261円99,775円97,748円997.7pips97.7pips

XM
20%888倍1,126円11,261円99,775円97,748円997.7pips97.7pips

XM
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

AXIORY
20%400倍2,500円25,000円99,500円95,000円995.0pips95.0pips

AXIORY
20%400倍2,500円25,000円99,500円95,000円995.0pips95.0pips

AXIORY
20%400倍2,500円25,000円99,500円95,000円995.0pips95.0pips

AXIORY
20%400倍2,500円25,000円99,500円95,000円995.0pips95.0pips

LAND-FX
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

LAND-FX
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

LAND-FX
30%200倍5,000円50,000円98,500円85,000円985.0pips85.0pips

TitanFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

TitanFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

FBS
20%1000倍1,000円10,000円99,800円98,000円998.0pips98.0pips

FBS
20%3000倍333円3,333円99,933円99,333円999.3pips99.3pips

FBS
20%3000倍333円3,333円99,933円99,333円999.3pips99.3pips

FBS
20%3000倍333円3,333円99,933円99,333円999.3pips99.3pips

FBS
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

IronFX
80%500倍2,000円20,000円98,400円84,000円984.0pips84.0pips

IronFX
80%500倍2,000円20,000円98,400円84,000円984.0pips84.0pips

iFOREX
0%400倍2,500円25,000円99,994円99,938円999.9pips99.9pips

FxPro
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

FxPro
20%500倍2,000円20,000円99,600円96,000円996.0pips96.0pips

FxPro
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

FxPro
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

FxPro
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

MiltonMarkets
100%800倍1,250円12,500円98,750円87,500円987.5pips87.5pips

MiltonMarkets
100%800倍1,250円12,500円98,750円87,500円987.5pips87.5pips

Traderstrust
50%500倍2,000円20,000円99,000円90,000円990.0pips90.0pips

IFCMarkets
20%400倍2,500円25,000円99,500円95,000円995.0pips95.0pips

IFCMarkets
20%200倍5,000円50,000円99,000円90,000円990.0pips90.0pips

IFCMarkets
20%400倍2,500円25,000円99,500円95,000円995.0pips95.0pips

IFCMarkets
20%200倍5,000円50,000円99,000円90,000円990.0pips90.0pips

TRADEVIEW
100%500倍2,000円20,000円98,000円80,000円980.0pips80.0pips

TRADEVIEW
100%200倍5,000円50,000円95,000円50,000円950.0pips50.0pips

TRADEVIEW
100%400倍2,500円25,000円97,500円75,000円975.0pips75.0pips

TRADEVIEW
100%400倍2,500円25,000円97,500円75,000円975.0pips75.0pips

ACEFOREX
100%500倍2,000円20,000円98,000円80,000円980.0pips80.0pips

ACEFOREX
100%500倍2,000円20,000円98,000円80,000円980.0pips80.0pips

ACEFOREX
100%100倍10,000円100,000円90,000円0円900.0pips0.0pips

FXDD
100%500倍2,000円20,000円98,000円80,000円980.0pips80.0pips

FXDD
100%500倍2,000円20,000円98,000円80,000円980.0pips80.0pips

GEMFOREX
0%1000倍1,000円10,000円100,000円100,000円1,000.0pips100.0pips

GEMFOREX
0%1000倍1,000円10,000円100,000円100,000円1,000.0pips100.0pips

FXPRIMUS
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

FXPRIMUS
30%500倍2,000円20,000円99,400円94,000円994.0pips94.0pips

海外FXでレバレッジや最大許容損失額で比較するときの注意点

口座ごとにレバレッジは異なる

海外FX業者のレバレッジは口座によって変わってきます。

FBSの場合

  • スタンダード口座:3000倍
  • セント口座:1000倍
  • マイクロ口座:3000倍
  • ゼロスプレッド口座:3000倍
  • ECN口座:500倍
  • アンリミテッド口座:500倍

と口座によって最大レバレッジの設定が異なります。

傾向としては

  • 初心者向けの口座:高めのレバレッジ設定
  • 上級者向けの口座:低めのレバレッジ設定
  • ECN口座:低めのレバレッジ設定

となっています。

 

concierge

注意したいのは、最大レバレッジが高い口座ほど初心者向けの口座になっていることが多く、スプレッドが広い可能性があるのです。

前述した通りで、レバレッジというのは400倍~500倍あれば十分という考え方もできるので、大きすぎるレバレッジに固執することなく、スプレッドや約定力などを重視して比較する方が良いということです。

 

口座開設時に自分でレバレッジは設定できる

また、口座開設時に最大レバレッジの範囲内でレバレッジを設定することができます。

AXIORYの場合

  • 1倍
  • 10倍
  • 25倍
  • 50倍
  • 100倍
  • 200倍
  • 300倍
  • 400倍

最大レバレッジは400倍ですが、その範囲内で口座開設時に8種類のレバレッジから設定することが可能です。

concierge
「レートが想定外の動きをした場合には早めに強制ロスカットしてポジションを解消してほしい」という方の場合にはレバレッジを落とす設定が可能で、日本の国内FX業者と同じ25倍の設定もできます。

急な相場変動時はレバレッジが制限されるケースがある

LAND-FXの場合

2017年5月5日のフランス大統領選挙の時のメール

【Land-FX】仏大統領選挙に伴うレバレッジ変更のご案内
==================================

お客様各位

仏大統領選挙投票日が現地時間2017年5月7日(日)に迫っています。選挙日が近づくにつれてユーロ市場の不確実性が高まる可能性があります。また、投票前後の国際金融市場は流動性の低下、相場の急激な変動によりスプレッドの幅は拡大することがあります。

Land Primeは、これらの不確実性に備えて、お客様を保護する義務を有しますの特定の期間中、全てのお客様の口座の必要証拠金引き上げ(レバレッジ比率の改定)を実行することをご案内いたします。
2017年5月5日の00:00(サーバー時間基準 GMT-5)よりレバレッジは1%の証拠金が必要な100:1の設定に変更いたします。また市場の状況によっては事前予告なく取引条件の変更をする可能性がありますので予めご了承下さい。

==================================

となります。

concierge

Land-FXは通常時は500倍のレバレッジ設定ですが

このように事前にある程度ボラティリティが拡大することが見込まれる経済イベントがある場合に、事前にレバレッジを引き下げる予告があるのです。

500倍 → 100倍

ですので、それでも国内FX業者よりも断然レバレッジが大きいので、それほど意識する必要はありません。

まとめ

海外FX業者は国内FX業者よりもレバレッジが高いので、同じ投資資金でも

  • 持てるポジションの数が違う
  • 強制ロスカットが起こるまでの許容損失額が違う

のです。

同じ資金で取引をするのですから、持てるポジションが多くて許容できる損失額が大きい海外FX業者の方が有効に資金が活用できるのは間違えありません。

また、海外FX業者のレバレッジを比較するときも、レバレッジで比較するのではなく「最大許容損失額」に注目して、最大許容損失額で比較することが重要ということです。

ただし、レバレッジも400倍以上あれば許容できる損失額にも、それほど差がなくなってきます。

concierge
400倍以上のレバレッジがあるのであれば、許容損失額も大差ないので、それよりはスプレッドや約定力やボーナスなどで海外FXを比較する方が有益だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です