海外FX比較では最大レバレッジではなく、ロスカットレベル(証拠金維持率)で比較する!

man
「海外FXはレバレッジ制限がなしで『ハイレバレッジ』が売りだから、最大レバレッジが高い海外FX業者の方が良いんでしょ?」

と勘違いしている投資家の方も多いようです。今回は、海外FX業者を比較するときに重視するべきロスカットレベルについて解説します。

海外FXのロスカットレベルとは?

海外FXのロスカットレベルとは?

海外FX業者も、国内FX業者も同じですが

ポジションを持っている状態で、含み損が大きくなってしまった時に強制的に決済(強制ロスカット)するルールを用意しています。

このルールのことを「ロスカットルール」と言い、「ロスカットルール」で設定されたロスカットを発動させる証拠金維持率のことを「ロスカットレベル」と呼ぶのです。

日本のFX業者では

  • ロスカットさせる証拠金維持率
  • ロスカット水準
  • ロスカットライン

という呼び方をされますが

海外のFX業者の場合は英語ですので

  • ロスカットレベル

と呼ぶのです。

「ロスカットレベル:50%」の海外FX業者

という場合には

証拠金維持率が50%以下になると強制ロスカットされるロスカットルールを採用している海外FX業者

という意味になります。

証拠金維持率の計算方法とは?

証拠金維持率 = 有効証拠金額( 資産合計 + 評価損益 ) / 取引証拠金 × 100

で計算することができます。

例えば

  • 預託証拠金:50,000円
  • レバレッジ:25倍
  • 米ドル/円
  • 1ドル=100円で1万ドルの「買い」ポジション(取引証拠金40,000円)

という場合に

評価損益が-10,000円になった場合

証拠金維持率 = 有効証拠金額( 50,000円 - 10,000円 ) / 40,000円 = 100%

評価損益が-30,000円になった場合

証拠金維持率 = 有効証拠金額( 50,000円 - 30,000円 ) / 40,000円 = 50%

評価損益が-34,000円になった場合

証拠金維持率 = 有効証拠金額( 50,000円 - 34,000円 ) / 40,000円 = 40%

という計算になります。

上記のFX業者のロスカットレベルが50%だとした場合

3万円の評価損までは耐えられる

ということでもあります。

レバレッジ25倍で、1万通貨取引で3万円の評価損ということは

1万通貨取引 → 1pips = 100円

pips計算早見表

取引通貨1pips5pips10pips100pips
1000通貨10円50円100円1,000円
2000通貨20円100円200円2,000円
5000通貨50円250円500円5,000円
10,000通貨100円500円1,000円10,000円
100,000通貨1,000円5,000円10,000円100,000円

ですので、「3万円の評価損までは耐えられる」ということは

「300pips」負けても耐えられる

ということになります。

マージンコールとは

海外FXでは「ロスカットアラート」の意味で使われます。

ロスカットアラートは「維持率低下の注意喚起」機能です。

強制ロスカットになる前のアラートメールのことで

consultant
「このままだともうすぐ強制ロスカットされてしまいます。追加で証拠金が必要です。」

というアラートメールが届くことになります。

※一般的にマージンコールは投資の世界では「追証(おいしょう)」のことですが、FXにおける「追証」とは意味が異なります。FXの「追証」は、「強制ロスカットが間に合わなかったときにマイナス残高分を投資家に後から請求すること」の意味で使われます。海外FXでは、マイナス残高になったときには口座は0円にリセットされ、投資家に追加で請求が来ることはありません。「追証がない」のも海外FXの売りなのです。マージンコールの意味を間違えないようにしましょう。

マージンコールは「注意喚起」ですので、当然ロスカットレベルよりも上に設定されます。

わかりやすいマージンコール・強制ロスカット発生の計算例

concierge

お分かりかと思いますが、上記のレバレッジ25倍の前述した例は、国内FX業者を想定したものです。

では、海外FX業者のロスカットレベルはどうなっているのでしょうか?

海外FX業者のロスカットレベル比較

海外FX業者最大レバレッジロスカットレベル証拠金維持率マージンコール証拠金維持率
XM888倍20%以下50%以下
AXIORY400倍20%以下50%以下
LAND-FX500倍30%以下50%以下
TitanFX500倍20%以下90%以下
FBS3000倍20%以下40%以下
IronFX500倍20%以下40%以下
iFOREX400倍0.25%以下0%以下
FxPro500倍20%以下25%以下

他の海外FX業者のレバレッジ・ロスカットレベルの比較はこちら

海外FX業者の耐えられる負けpips数比較

試算条件

  • 取引通貨ペア:米ドル/円
  • 為替レート:1ドル=100円
  • 取引量:1ロット(10万通貨)
  • レバレッジ:各海外FX業者の最大レバレッジを採用
  • ロスカットレベル:各海外FX業者のロスカットレベルを採用
  • 預託証拠金:10万円

XMの耐えられる「負けpips数」

  • レバレッジ:888倍
  • ロスカットレベル:20%以下

耐えられる負けpips数

  • 取引証拠金 = 10万ドル(1,000万円) / レバレッジ888倍 = 11,261円
  • 評価損益 = 資産合計10万円 - 証拠金維持率:20% × 取引証拠金:11,261円 = 97,747円

97,747円負けて、有効証拠金額が2252円になったときに強制ロスカットされます。

10万通貨の場合、1pip=1000円ですので

負けられるpips数 = 97,747円 / 1,000円 = 97.7pips

AXIORYの耐えられる「負けpips数」

  • レバレッジ:400倍
  • ロスカットレベル:20%以下

耐えられる負けpips数

  • 取引証拠金 = 10万ドル(1,000万円) / レバレッジ400倍 = 25,000円
  • 評価損益 = 資産合計10万円 - 証拠金維持率:20% × 取引証拠金:25,000円 = 95,000円

95,000円負けて、有効証拠金額が5,000円になったときに強制ロスカットされます。

10万通貨の場合、1pip=1000円ですので

負けられるpips数 = 95,000円 / 1,000円 = 95.0pips

LAND-FXの耐えられる「負けpips数」

  • レバレッジ:500倍
  • ロスカットレベル:30%以下

耐えられる負けpips数

  • 取引証拠金 = 10万ドル(1,000万円) / レバレッジ500倍 = 20,000円
  • 評価損益 = 資産合計10万円 - 証拠金維持率:30% × 取引証拠金:20,000円 = 94,000円

94,000円負けて、有効証拠金額が6,000円になったときに強制ロスカットされます。

10万通貨の場合、1pip=1000円ですので

負けられるpips数 = 94,000円 / 1,000円 = 94.0pips

FBSの耐えられる「負けpips数」

  • レバレッジ:3000倍
  • ロスカットレベル:20%以下

耐えられる負けpips数

  • 取引証拠金 = 10万ドル(1,000万円) / レバレッジ3000倍 = 3,333円
  • 評価損益 = 資産合計10万円 - 証拠金維持率:20% × 取引証拠金:3,333円 = 99,333円

99,333円負けて、有効証拠金額が667円になったときに強制ロスカットされます。

10万通貨の場合、1pip=1000円ですので

負けられるpips数 = 99,333円 / 1,000円 = 99.3pips

iFOREXの耐えられる「負けpips数」

  • レバレッジ:400倍
  • ロスカットレベル:0%以下

耐えられる負けpips数

  • 取引証拠金 = 10万ドル(1,000万円) / レバレッジ400倍 = 25,000円
  • 評価損益 = 資産合計10万円 - 証拠金維持率:0% × 取引証拠金:25,000円 = 100,000円

100,000円負けて、有効証拠金額が0円になったときに強制ロスカットされます。

10万通貨の場合、1pip=1000円ですので

負けられるpips数 = 100,000円 / 1,000円 = 100.0pips

海外FX業者の「耐えられる評価損」「耐えられる負けpips」を計算すると

海外FX業者最大レバレッジロスカットレベル証拠金維持率マージンコール証拠金維持率耐えられる評価損耐えられる負けpips
XM888倍20%以下50%以下¥97,74897.7pips
AXIORY400倍20%以下50%以下¥95,00095.0pips
LAND-FX500倍30%以下50%以下¥94,00094.0pips
TitanFX500倍20%以下90%以下¥96,00096.0pips
FBS3000倍20%以下40%以下¥99,33399.3pips
IronFX500倍20%以下40%以下¥96,00096.0pips
iFOREX400倍0%以下0.25%以下¥100,000100.0pips
FxPro500倍20%以下25%以下¥96,00096.0pips

となるのです。

単純にレバレッジの高い海外FX業者を選んだ場合

1位:FBS 3000倍
2位:XM 888倍
3位:LAND-FX 500倍

となりますが、

一番ロスカットされずに負けを耐えられる海外FX業者を選ぶ場合には

1位:iFOREX 100.0pips負けまで耐えられる
2位:FBS 99.3pips負けまで耐えられる

と順位が入れ替わってしまうのです。

iFOREXは、ロスカットレベルが0%なので

資金の100%(100pips)負けるまでは強制ロスカットされない

ということを意味しており、一番負けに耐えられる海外FX業者となるのです。

一方で

LAND-FXは最大レバレッジは500倍と上記の中では3位のレバレッジ設定ですが、ロスカットレベルが30%と高めに設定されているため

94.0pipsの負けで強制ロスカットされてしまいます。

concierge
この差はたった6.0pipsですが、この6pipsの間に為替レートが反転してしまったとしたら・・・後悔してもしきれないのです。

海外FX業者を比較するときには

  • レバレッジだけで比較するのではなく
  • レバレッジとロスカットレベルを見て
  • 「どのくらい負けに耐えられるのか?」を試算して
    比較する方が勝てる可能性が高くなるのです。
concierge
当然、それ以上に「スプレッドの狭さ」や「約定力・約定スピード」が重要なのは言うまでもありませんが、「レバレッジ」で比較するよりは、「どれぐらい負けられるのか?」の方が重要ということです。
また、1000倍以上のレバレッジでトレードできる海外FX業者もありますが、国内FX業者の25倍は小さすぎるのですが、200倍~400倍あれば十分なハイレバレッジであり、それ以上のハイレバレッジは必要ないと考える投資家も多いのです。

レバレッジが同じであれば

ロスカットレベルが0.0%に近い海外FX業者が負けに耐えられる海外FX業者

となるのです。

資金額と取引量を変えた場合の耐えられる負けpipsシミュレーション

  • レバレッジ:500倍
  • ロスカットレベル:20%
資金額取引量最大レバレッジロスカットレベル証拠金維持率耐えられる評価損耐えられる負けpips
¥100,0001,000通貨500倍20%以下¥96,0009600.0pips
¥100,0005,000通貨500倍20%以下¥96,0001920.0pips
¥100,00010,000通貨500倍20%以下¥96,000960.0pips
¥100,00050,000通貨500倍20%以下¥96,000192.0pips
¥100,000100,000通貨500倍20%以下¥96,00096.0pips
¥10,000100,000通貨500倍20%以下¥6,0006.0pips
¥50,000100,000通貨500倍20%以下¥46,00046.0pips
¥100,000100,000通貨500倍20%以下¥96,00096.0pips
¥200,000100,000通貨500倍20%以下¥196,000196.0pips
¥500,000100,000通貨500倍20%以下¥496,000496.0pips
¥10,00010,000通貨500倍20%以下¥6,00060.0pips
¥50,00010,000通貨500倍20%以下¥46,000460.0pips
¥100,00010,000通貨500倍20%以下¥96,000960.0pips
¥200,00010,000通貨500倍20%以下¥196,0001960.0pips
¥500,00010,000通貨500倍20%以下¥496,0004960.0pips

当たり前ですが

  • 取引量が少なければ少ないほど、耐えられる負けpipsは増える
  • 資金額が多ければ多いほど、耐えられる負けpipsは増える

のです。

まとめ

海外FXのロスカットレベルとは

FXでは、証拠金維持率が一定の割合を割った時に強制ロスカットされます。

このときの割合(%)のことをロスカットレベルと言います。

  • レバレッジが高くても、ロスカットレベルが高い海外FX業者は、許容できる負けpipsが少なくなります。

つまり、

海外FX業者を比較するときは

「レバレッジ」と同時に「ロスカットレベル」もチェックして「許容できる負けpipsの大きい海外FX業者」を選んだ方が、儲けられる可能性が高くなるのです。
concierge

また、ロスカットレベルのパターンを検証すると

  • 取引量が少なければ少ないほど、耐えられる負けpipsは増える
  • 資金額が多ければ多いほど、耐えられる負けpipsは増える

という関係になるため、自分の資産額やトレードスタイルの中で、最適な設定を探る必要があります。

海外FX業者を比較するときには「ロスカットレベル」もチェックしましょう。

海外FX業者のレバレッジ・ロスカットレベルの比較はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です