海外FXの1pipsっていくら?pipsとは?1pipsの儲けは何円?計算例と計算機でpipsを徹底解説

man
「海外FXの1pip、1pipsっていくらのことを言うの?」
「ピップスの概念が理解できない。」

はじめて、海外FXをやろうとした方がまず理解しなければならないのは「pips(ピップス)」という単位についてです。今回は、海外FXの「pips(ピップス)」について解説します。

pips(ピップス)とは?

pips(ピップス)とは?

pips(ピップス)とは

FXトレードで利用される通貨の最小単位のこと

を言います。

日本の国内FX業者で、対日本円の通貨ペアの場合は

DMM FX

DMM FX

USD/JPY

  • Bid 110.868
  • Ask 110.871
  • スプレッド 0.3

ですので、もう少しわかりやすく表現すると

  • Bid(売値) 1ドル=110.868円
  • Ask(買値) 1ドル=110.871円
  • スプレッド 0.3銭

となります。

日本円であれば

1銭 = 1pips

となります。

※「pips」は「pip」の複数形ですので、本来は、1の場合は「pip」を使うべきですが、単位なので「1pips」と表現することも多いのです。

man
「えっ、最小取引単位じゃないじゃん!?」

確かに

  • Bid(売値) 1ドル=110.868
  • Ask(買値) 1ドル=110.871

となっていた場合は

最小取引単位は「小数点第3位」の「8」や「1」です。

実は、以前はFXトレードでは

  • Bid(売値) 1ドル=110.86円
  • Ask(買値) 1ドル=110.87円

「小数点第2位」までしか表示していないことが一般的だったのです。

しかし、FX業者の乱立とスプレッドの低下競争のあおりで、スプレッド自体が「0.3銭」「0.5銭」といった、最小取引単位よりも小さくなってしまったのです。

結果として、多くのFX会社では「小数点第3位」まで表示することが増え

  • Bid(売値) 1ドル=110.868円
  • Ask(買値) 1ドル=110.871円

と表示するようになったのです。

FX業者によっては、「小数点第3位」はおまけなので、「小数点第2位」よりも小さく表示するケースがあります。

DMM FX

そのため、現時点では

FXトレードで利用される通貨の最小単位のこと

というのは、あまり正しくなく

FXトレードで利用される通貨の最小単位よりも一桁多い数字のこと

と言えるのです。

man
「じゃあ、pipsなんて言い方せずに銭で表現してくれた方がわかりやすいのだけど?」

確かにそうですが・・・

通貨ペアが「ユーロ/米ドル」の場合はどうすれば良いでしょうか。

  • Bid(売値) 1ユーロ=1.17671ドル
  • Ask(買値) 1ユーロ=1.17675ドル
  • スプレッド 0.4

となっています。

  • 1ドル = 100セント

ですから、「ユーロ/米ドル」のスプレッドは0.004セントということになります。日本円が絡んでいないのに「銭」を使うことはできないのです。

1pipsを各国の通貨に当てはめると・・・

日本円0.01円1銭
米ドル0.0001米ドル0.01セント
ポンド0.0001ポンド
豪ドル0.0001豪ドル
NZドル0.0001NZドル
スイスフラン0.0001スイスフラン

FXトレードでトレードできる通貨ペアは

  • 国内FX業者で20通貨ペア以上
  • 海外FX業者で50通貨ペア以上

選択できる通貨ペアがこれだけ多いのですから、通貨ペアごとにその国の通貨でスプレッドを表記していたら、それこそ混乱してしまいます。

FXトレードでは「共通の単位」が望ましいのです。

そのため、「pips(ピップス)」を共通単位として、

最小取引単位の一つ上の桁 = pips(ピップス)

と呼ぶのです。

つまり、

「米ドル/円」の通貨ペア
  • Bid(売値) 1ドル=110.868円
  • Ask(買値) 1ドル=110.871円
  • スプレッド 0.3pips
「ユーロ/米ドル」の通貨ペア
  • Bid(売値) 1ユーロ=1.17671ドル
  • Ask(買値) 1ユーロ=1.17675ドル
  • スプレッド 0.4pips

となります。

1pipsの儲けは何円?

1pipsの儲けは何円?

FXトレードで、友達の投資家が

staff
「今日は、50pips抜けたよ。」
「120pips勝った。」

なんて、会話を聞いたときに

man
「それって、いくら儲けたってことなんだろう?」

と思ってしまうかもしれません。

「米ドル/円」の通貨ペアを思い出してみると

  • Bid(売値) 1ドル=110.868円
  • Ask(買値) 1ドル=110.871円
  • スプレッド 0.3pips

ですから、

1ドル(1通貨)のFXトレードをしていたとしたら

1pip儲けた = 1銭(0.01円)儲けた

ということになります。

FXトレードでは、一番小さい取引量でも

  • 国内FX業者の場合:1通貨
  • 海外FX業者の場合:10通貨

ですから、取引量によって「1pipsの儲け」というのは変わってくるのです。

「米ドル/円」の1pipsの儲け

  • 10通貨 → 10銭の儲け
  • 100通貨 → 1円の儲け
  • 1,000通貨 → 10円の儲け
  • 10,000通貨 → 100円の儲け
  • 100,000通貨 → 1,000円の儲け

ということになります。

「米ドル/円」の1pipsの儲け早見表

取引通貨量1pips10pips100pips1,000pips
10通貨0.1円1円10円100円
100通貨1円10円100円1,000円
1,000通貨10円100円1,000円10,000円
10,000通貨100円1,000円10,000円100,000円
100,000通貨1,000円10,000円100,000円1,000,000円

国内FX業者の場合

通常の取引通貨単位 = 10,000通貨(1枚)

※多くの国内FX業者が1,000通貨の取引を可能にしています。

SBI FXトレード

1通貨からの取引が可能です。

海外FX業者の場合

通常の取引通貨単位 = 100,000通貨(1ロット)

※MT4/MT5の場合、0.01ロット(1,000通貨)からの取引が可能になっています。

XM

10通貨からの取引が可能です。(1ロット=1,000通貨のマイクロ口座なら、0.01ロットからの取引が可能なので、10通貨ということになります。)

pips計算機の使い方

pips計算機の使い方

「1pipsの儲けがやっぱりよくわからない。」という方には、pips計算機というpipsの価値を計算するシミュレーターを利用する方法もあります。


pips計算機の使い方

  • Pip Amount: 何pipsの儲けを計算したいのか?
  • Trade Size: 取引量は何ロットか?(1ロット=10万通貨)(1ユニット=1通貨s)
  • Currency Pair: どの通貨ペアを選ぶのか?
  • Results In: 計算結果はどの通貨で表示したいのか?

です。

これで計算してみると・・・

「米ドル/円」1ロット(10万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?
「米ドル/円」1ロット(10万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?

日本円で1,000円

「米ドル/円」1000通貨のトレードで1pipsの儲けの価値は?
「米ドル/円」1000通貨のトレードで1pipsの儲けの価値は?

日本円で10円

「ユーロ/米ドル」1ロット(10万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?
「ユーロ/米ドル」1ロット(10万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?

米ドルで10ドル

teacher

このぐらいまでは、pipsを覚えればわかるのですが・・・

マイナー通貨同士の通貨ペアで日本円の価値を知りたい場合には「pips計算機」が重宝されます。

「英ポンド/豪ドル」0.1ロット(1万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?
「英ポンド/豪ドル」0.1ロット(1万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?

日本円で83.4円

「ユーロ/NZドル」0.1ロット(1万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?
「ユーロ/NZドル」0.1ロット(1万通貨)のトレードで1pipsの儲けの価値は?

日本円で76.6円

「1pipsがいくらか?」の概念に慣れる方法

「1pipsがいくらか?」を理解するのは簡単です。

FXトレードをするのであれば、大抵の場合トレードスタイルを決めるので

  • 自分のトレードする「通貨ペア」
  • 自分のトレードする「取引通貨量」

は決まってきます。

前述したpips計算機を利用して

自分のトレードする「通貨ペア」
自分のトレードする「取引通貨量」

の場合、「1pipsいくらなのか?」だけ調べておけば

あとは、掛け算でいろいろなケースに展開できます。

例えば

  • 自分のトレードする「通貨ペア」:米ドル/円
  • 自分のトレードする「取引通貨量」:1万通貨

であれば

  • 1pips = 100円

です。

これだけ覚えておけば

「20pipsの利益が出た。」

→ 20pips × 100円 = 2,000円
→ 2,000円儲かった

「1回のトレードの損失を1,000円にしたい。」

→ 1,000円 / 100円 = 10pips
→ 10pipsを損切ラインにして、ストップ注文を入れれば良い

「今回のトレードは自信があるから、5万通貨のポジションを持って、20pips確保したい。」

→ 100円 × 5倍 × 20pips = 10,000円の利益
→ 5万通貨で20pips確保すれば、1万円の利益が出る

と展開して、考えることができます。これは小学生で習う四則計算だけで済みます。

  • トレードする通貨ペアを変える、増やす
  • トレードする通貨量を増やす

という場合には、再度「1pipあたりの儲け」を計算して、頭の中を更新しておけば、対応できるはずです。

pips表記の注意点

pips表記の注意点

FX業者の中には、稀に「pips」の単位が違うケースがある!?

例:ヒロセ通商のとクリック注文画面

例:ヒロセ通商のとクリック注文画面

Bid(売値) 1ドル=110.838円
Ask(買値) 1ドル=110.848円

となっていますが、右側に「pip損益:‐10」となっているかと思います。

あれっ

今までの1pipsの概念で言うと

最小取引単位の一つ上の桁 = pips(ピップス)

ですから、

本来は「pip損益:‐1」でないとおかしいのです。

これは、ヒロセ通商が

最小取引単位 = pips(ピップス)

という以前の法則を踏襲しているからなのです。

この場合「銭」で表現するのであれば、違いはありませんが、pipsの捉え方に違いがあるため、「pips」で判断すると、結果が変わってきてしまうのです。

稀にこのようなFX業者があるので注意が必要です。

海外FX業者、ほとんどは共通の概念で「pips」を記載しているので、問題は起こりません。

まとめ

pips(ピップス)とは

  • FXトレードで利用される通貨の最小単位のこと

を言います。

ただし、以前は、FX業者のレート表記が日本円の場合「小数点第2位まで」、米ドルの場合「小数点第4位まで」というのが一般的だったのですが、最近ではスプレッドの低下競争の影響もあり、日本円の場合「小数点第3位まで」、米ドルの場合「小数点第5位まで」表示させるFX業者が増えてきました。

結果として

pips(ピップス)とは

  • FXトレードで利用される通貨の最小単位の一つ上の桁のこと

となっているのです。

つまり、日本円の通貨ペアであれば

  • 小数点第2位 → 1pipsの桁
  • 小数点第3位 → 0.1pipsの桁

となります。

ただし、一部のFX業者は「FXトレードで利用される通貨の最小単位のこと」を踏襲しているため

  • 小数点第2位 → 10pipsの桁
  • 小数点第3位 → 1pipsの桁

となっているFX業者もあるので注意が必要です。

1pipsの儲けは、取引通貨量によって変ってきます。

「米ドル/円」の通貨ペアであれば

1pipsの儲け

  • 10通貨 → 10銭の儲け
  • 100通貨 → 1円の儲け
  • 1,000通貨 → 10円の儲け
  • 10,000通貨 → 100円の儲け
  • 100,000通貨 → 1,000円の儲け

となります。

pipsの儲けの計算は、日本円関連の通貨ペアであれば、わかりやすいのですが、それ以外の通貨ペアの場合は「pips計算機」などを利用するのが手っ取り早い方法です。

teacher

pipsの計算を頭にいれるためには

  • 自分のトレードする通貨ペア
  • 自分のトレードする取引通貨量

での「1pipsあたりの儲け」を計算した上で、状況に応じて「掛け算」「割り算」を駆使して、対応しましょう。慣れてくれば、自然と「pipsの概念」が身についてくるはずです。当サイトでも、FXトレードの書籍などを見ても、FXのセミナーでも、投資家同士の会話の中でも、ほとんどのケースで「pips」が登場してきます。「pipsの概念」を正確に理解して、FFX関連の情報を理解できるようにする必要があります。