株価指数投資(日経225・NYダウ等)なら海外FXがおすすめ!おすすめの理由と株価指数トレードでおすすめの海外FX業者とは?

man
「株価指数投資って何?」
「株価指数投資を海外FX業者でできるの?」
「株価指数投資を海外FX業者でやるメリットデメリットとは?」

株価指数投資というのは、主要な株価に連動する「株価指数」に対して投資をするトレード方法のことを言います。株価指数投資は、初心者にもおすすめできるトレードです。今回は、より株価指数投資をお得にする方法として「海外FX業者を使った株価指数投資のメリットデメリット」を丁寧に解説します。

株価指数投資とは?

株価指数投資とは?

株価指数とは?

株式相場の状況を把握するために、個別の株価を総合して数値化したもの

を言います。

主要な株価指数

日経平均株価指数(日経平均・日経225)
  • 東証一部上場企業を中心とした225銘柄の株価をもとに算出される株価平均型の株価指数
東証株価指数(TOPIX)
  • 東証一部上場企業すべてを対象とした時価総額加重型の株価指数
ダウ工業株30種平均(NYダウ)
  • ニューヨーク証券取引所やナスダック市場に上場している30銘柄を対象にしている株価平均型の株価指数
S&P500種指数(S&P500)
  • ニューヨーク証券取引所やナスダック等に上場する、代表的なアメリカ企業500社で構成された時価総額加重型の株価指数
ナスダック100指数
  • ナスダックに上場する、金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄の時価総額加重型の株価指数
FTSE100種総合株価指数

イギリスのロンドン証券取引所に上場されている時価総額上位100銘柄で構成される時価総額加重型の株価指数

これらの世界各国の株価指数を投資家はチェックしながら、株式投資をしたり、FXトレードをする材料としているのです。国の政策を進める重要な判断材料でもあるのです。

株価指数投資とは?

一般的な株式投資というのは、ドコモ、トヨタ、Google、Appleのように個別銘柄の株式を売買するものですが

  • 株価指数に対して投資をする

ということもできるのです。

  • 株価指数に対しての投資 = 株価指数投資

と言います。

株価指数投資は、初心者投資家におすすめ!

株価指数投資というのは、初心者におすすめの投資方法です。

例えば、日経平均株価(日経225)でトレードする場合

  • 個別の銘柄の情報・業績を追う必要がない
  • 日本経済が上昇するか?下降するか?のシンプルな判断でトレードできる
  • 日本の株式投資を少しずつ購入していることになり、分散投資と言える
  • 株式は国が成長する中で、必ず上昇していくため、多少の変動はあっても、長期保有なら負けない

からです。

日経平均株価の長期チャート
日経平均株価の長期チャート 日経平均株価の長期チャート
東証株価指数(TOPIX)
東証株価指数(TOPIX)
ダウ工業株30種平均(NYダウ)
ダウ工業株30種平均(NYダウ)

どの株式指数を見ても、国は成長するものですので、長期保有していれば、まず負けることが難しいものなのです。

  • バブル崩壊
  • リーマンショック
  • 東日本大震災
  • 新型コロナウィルス
一時的な大暴落があったとしても、長い目で見れば株価は上昇していくため、株価全体に投資ができる「株価指数投資」は、長期保有前提であれば、まず負けないため、初心者におすすめの投資方法と言えるのです。

株価指数投資をする選択肢

株価指数投資をする選択肢には

  1. CFD取引(証拠金取引)
  2. 先物取引
  3. 投資信託(ETF)

の3つの方法があります。

簡単に特徴を比較すると

比較項目CFD取引(証拠金取引)先物取引投資信託(ETF)
取引期限なし1カ月なし
配当ありなしあり
取引時間平日ほぼ24時間8:45〜15:15、16:30〜5:30平日ほぼ24時間
売り取引可能可能不可能
レバレッジ10倍~20倍20倍~30倍2倍

となっています。

この中で最もおすすめできるのが「CFD取引(証拠金取引)」です。

株価指数投資で「CFD取引(証拠金取引)」をおすすめする理由

理由その1.取引期限がない

先物取引の場合は「取引期限(1カ月)が設定されています。

先物取引は、「特定の商品」を、「予め決められた日(期日)」に、「予め取り決めた価格」で受渡しすることを「契約」する取引ですから「期限(限月)」が設定されているのです。

つまり、満期があるので、自分の好きなタイミングで決済できない(満期前の決済は可能)のです。

「CFD取引(証拠金取引)」であれば、期限なく、ずっと持ち続けられるので長期の取引が可能です。

理由その2.「売り」から入れる

「CFD取引(証拠金取引)」は、FXトレードのように「買いポジション」「売りポジション」どちらでも持つことが可能です。

新型コロナウィルスショックのような株価の暴落の局面でも、利益出せる可能性があるのです。

「買い」「売り」どちらのポジションでも取れるので、勝てる可能性が高くなるのです。

理由その3.レバレッジがかけられる(少額の投資額でも大きく稼げる可能性がある)

CFD取引は「証拠金取引」のことを意味するのでレバレッジをかけてトレードすることができます。

少額資金しかない投資家であっても、大きな利益を生めるのは「レバレッジ」があるからなのです。

ただし、国内CFD業者の場合、金融庁のレバレッジ制限によって、最大レバレッジが下記の通り制限されています。

  • 株式CFD   = 証拠金維持率:20%以上 (レバレッジ 5倍以下)
  • 株価指数CFD = 証拠金維持率:10%以上 (レバレッジ10倍以下)
  • 債券先物CFD = 証拠金維持率: 2%以上 (レバレッジ50倍以下)

株式CFDは、最大レバレッジ10倍が国内CFD業者の基準となります。

理由その4.平日24時間トレードが可能

CFD取引は、月曜日の朝から土曜日の朝まで、平日はほぼ24時トレードが可能です。

トレード時間が限られる「先物取引」と比較すると、会社員の方など、時間が限られる方でも、トレードしやすい特徴があります。

まとめ

日経225・NYダウ等などの株価指数投資をするのであれば

  • 取引期限がない
  • 「売り」から入れる
  • レバレッジがかけられる(少額の投資額でも大きく稼げる可能性がある)
  • 平日24時間トレードが可能

という点で「CFD取引(証拠金取引)」をおすすめします。

株価指数投資で「CFD取引(証拠金取引)」をするなら、海外FX業者がおすすめ!

株価指数投資で「CFD取引(証拠金取引)」をするなら、海外FX業者がおすすめ!

株価指数投資の場合「CFD取引(証拠金取引)」がおすすめと言いましたが、「CFD取引(証拠金取引)」をする方法として

  1. 国内CFD業者(国内の証券会社)でトレードする方法
  2. 海外CFD業者(海外のFX業者)でトレードする方法

の2つがあります。

海外CFD業者(海外FX業者)の方が、国内CFD業者(国内の証券会社)よりも、有利な条件で「CFD取引(証拠金取引)」ができるのです。

理由その1.スプレッドが狭い

FXトレードの場合は、海外FX業者と国内FX業者を比較すると

  • 国内FX業者 → スプレッドが狭い
  • 海外FX業者 → スプレッドが広い

という状況ですが

CFD取引(証拠金取引)の場合は、海外FX業者と国内FX業者を比較すると

  • 国内FX業者 → スプレッドが広い
  • 海外FX業者 → スプレッドが狭い

と逆転していることが多いのです。

実際に現在時刻(2020年3月16日)のスプレッドを見てみると

GMOクリック証券
GMOクリック証券

BID:17,811円
ASK:17,841円

スプレッド:30円

XM
XM

BID:17,727円
ASK:17,739円

スプレッド:12円

TitanFX
TitanFX

BID:17,450.4円
ASK:17,475.6円

スプレッド:25.2円

LAND-FX
LAND-FX

BID:17,230円
ASK:17,255円

スプレッド:25円

AXIORY
AXIORY

BID:17,139円
ASK:17,155円

スプレッド:16円

ですから、

概ね海外FX業者の方がスプレッドが狭いのです。

理由その2.レバレッジが大きい!

前述した通りで、国内CFD業者のCFD商品のレバレッジは

  • 株式CFD   = 証拠金維持率:20%以上 (レバレッジ 5倍以下)
  • 株価指数CFD = 証拠金維持率:10%以上 (レバレッジ10倍以下)
  • 債券先物CFD = 証拠金維持率: 2%以上 (レバレッジ50倍以下)

と規制されているため

株式CFDは、最大レバレッジ10倍です。

海外CFD業者(海外FX業者)の最大レバレッジは、500倍のものもあります。

日経225だけで見ても

  • XM 最大レバレッジ:200倍
  • TitanFX 最大レバレッジ:500倍
  • AXIORY 最大レバレッジ:100倍
  • LAND-FX 最大レバレッジ:500倍

と、圧倒的に高いレバレッジを利用できます。

teacher

前述した通りで、初心者の方は、長期保有による長期トレードをお勧めするため、それほど高いレバレッジをかける必要性はないのですが

  • バブル崩壊
  • リーマンショック
  • 東日本大震災
  • 新型コロナウィルス

など、あきらかに日本経済が失速するタイミングでは、「売り」ポジションでレバレッジをかけた短期トレードでも、十分な利益を出すことができるのです。

理由その3.強制ロスカットされにくい!

GMOクリック証券
GMOクリック証券 GMOクリック証券

株価指数CFD

取引時間終了時点の時価評価総額が、必要証拠金額を下回っていた場合(証拠金維持率が100%を下回った場合)追加証拠金が発生します。

XM
XM

必要証拠金率 0.5 %

つまり、

10万円の資金で8万円のポジションを持った場合

GMOクリック証券

  • 総資産が8万円を切ってしまった(含み損が2万円を超えた)場合に強制ロスカットされる

XM

  • 総資産が400円を切ってしまった(含み損が9万9600円を超えた)場合に強制ロスカットされる

のですから、どちらが有効に強制ロスカットを回避して、ポジションを持ち続けられるかはあきらかです。

長期保有であっても、レバレッジをかける以上回避しなければならないのは「強制ロスカット」です。「強制ロスカット」に遭ってしまえれば、そこで損失が確定されてしまうからです。

海外CFD業者(海外FX業者)は、証拠金維持率が以上に低いため、多少の価格の下落でも、「強制ロスカット」を回避できるメリットがあります。

理由その4.入金ボーナスを使えば証拠金を引き上げられる!

国内CFD業者(証券会社)になくて、海外CFD業者(海外FX業者)にあるものは

入金ボーナス

です。

入金ボーナスは、入金した金額に対して、ボーナス証拠金が与えられるもので、ボーナス証拠金自体は出金できませんが、ボーナス証拠金で得た利益は出金できる仕組みとなっています。

入金ボーナス:100%の海外CFD業者(海外FX業者)で10万円入金したら

入金した金額:10万円 + ボーナス証拠金:10万円 = 証拠金:20万円

でトレードできることになります。

入金ボーナスで、証拠金が増えるのですから

  • レバレッジを大きくかけられる
  • より、証拠金維持率が低くなる

メリットがあり、利益を出しやすくなるのです。

まとめ

国内CFD業者(国内の証券会社)よりも、海外CFD業者(海外のFX業者)で「CFD取引(証拠金取引)」をする方が

  • スプレッドが狭い
  • レバレッジが大きい!
  • 強制ロスカットされにくい!
  • 入金ボーナスを使えば証拠金を引き上げられる!

という点でおすすめできるのです。

株価指数投資でおすすめの海外CFD業者(海外のFX業者)

評価する点は

  1. 長期保有が前提になるため、海外CFD業者(海外のFX業者)の信頼性の高さ
  2. スプレッドの狭さ
  3. 入金ボーナスの有無

の3点です。

レバレッジなどは、海外CFD業者(海外のFX業者)であれば、十分に高いものですので、評価条件には入れていません。

株価指数投資でおすすめの海外CFD業者(海外のFX業者)

1位.XM(エックスエム)

比較項目内容
信頼性セーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンスを取得、10年以上の事業歴、日本人投資家が最も利用している海外FX業者
スプレッドの狭さ日経225:12円
入金ボーナスの有無100%入金ボーナスあり
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
信託保全
分別管理
2万EURまで信託保全(キプロス口座)
保険にて上限あり一部信託保全(セーシェル口座)
ロスカットレベル証拠金維持率20%以下
取引システムMT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
通貨ペア数57通貨ペア
口座通貨USD,EUR,JPY
口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
最小スプレッド
米ドル/円
1.501.500.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.600.10
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当
1位.XM(エックスエム)

2位.AXIORY(アキシオリー)

比較項目内容
信頼性IFSC の金融ライセンスを取得、全額信託保全を採用
スプレッドの狭さ日経225:16円
入金ボーナスの有無ボーナスなし
口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当
2位.AXIORY(アキシオリー)

3位.LAND-FX(ランドエフエックス)

比較項目内容
信頼性英国FCAの金融ライセンスを取得、10年以上の事業歴
スプレッドの狭さ日経225:25円
入金ボーナスの有無100%入金ボーナスあり
口座の種類スタンダード口座/MT4/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202ms
最低入金額2万円相当

CFD取引でおすすめ海外FX業者比較はこちら

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ

海外FX人気ランキング
海外FXランキング

海外FXプロトップページ
海外FX

海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円