海外FX入金ボーナスのクッション機能とは?クッション機能のメリットデメリット

man
「海外FXのボーナスのクッション機能とは、何ですか?」
「海外FXのボーナスのクッション機能のメリットデメリットを教えてください。」
「クッション機能ありのおすすめ海外FX業者を教えてください。」

海外FXボーナスには、同じ入金ボーナスであっても、クッション機能あり、クッション機能なしという点で違いがあります。入金ボーナスのクッション機能とは、何でしょうか?クッション機能について丁寧に解説します。

海外FX入金ボーナスのクッション機能とは?

海外FX入金ボーナスのクッション機能とは?

海外FX入金ボーナスのクッション機能とは

海外FXの入金ボーナスが証拠金と同じように利用できる機能のこと

「クッション機能」と言います。

例:クッション機能ありの100%入金ボーナス

10万円を入金
  • 証拠金 = リアルマネー:10万円 + 入金ボーナス:10万円

合計:20万円の証拠金

となり、

  • 20万円の損失を出すまではトレードが続けられる
  • 20万円の証拠金があるものとして、ポジションを持てる

ことになります。

この状態で

  • 5万円の損失 → 残りの証拠金:15万円でトレードが可能
  • 10万円の損失 → 残りの証拠金:10万円でトレードが可能
  • 15万円の損失 → 残りの証拠金:5万円でトレードが可能
  • 20万円の損失 → 残りの証拠金:0円でトレードが不可

となるのです。

例:クッション機能なしの100%入金ボーナス

10万円を入金
  • 証拠金 = リアルマネー:10万円 + 入金ボーナス:10万円

合計:10万円の証拠金 + 入金ボーナス(クレジット):10万円

となり、

  • 10万円の損失を出すまではトレードが続けられる
  • 10万円の証拠金があるものとして、ポジションを持てる

ことになります。

この状態で

  • 5万円の損失 → 残りの証拠金:5万円でトレードが可能
  • 10万円の損失 → 残りの証拠金:0円でトレードが不可

となるのです。

teacher

多くの投資家がイメージする「入金ボーナス」というのは、入金した金額の○倍の資金が証拠金として使えるため

  • リアルマネーの入金額以上のポジションを持てる
  • リアルマネーの資金が尽きても、残った入金ボーナスでトレードを継続できる

ものだと思われます。

つまり、トレードに活用しやすい入金ボーナスというのは

クッション機能ありの入金ボーナス = 証拠金として利用できる入金ボーナス

のことを言うのです。

teacher
入金ボーナスにクッション機能があるか?ないか?は、入金ボーナスを提供している海外FX業者のボーナス利用規約にしっかり書かれているため、ボーナスを利用する前にその情報を把握する必要があるのです。

「入金ボーナスにクッション機能がないケースなんてあるの?」

teacher
あります。

例:FBS「100%入金ボーナス」の場合

例:FBS「100%入金ボーナス」の場合

100%入金ボーナスを使用すると、利益を2倍にすることができます。資金を入金して、個人エリアでボーナスを有効にすると、初回入金に相当する金額を取得します。それは、取引のためにより多くのお金を持っていることを意味し、したがって、利益を2倍にする機会もより多くあります。ボーナスは入金予定の回数だけ使用できます!

入金額に対して、100%のボーナス(最大ボーナス額は1万ドル)が受け取れる入金ボーナスですが

例:FBS「100%入金ボーナス」の場合

口座残高または有効証拠金(ボーナス資金を除く)がボーナス金額の30%以下になると、ボーナスはキャンセルされます。

という文言があります。

つまり、

10万円を入金
  • 証拠金 = リアルマネー:10万円 + 入金ボーナス:10万円

合計:10万円の証拠金 + 入金ボーナス:10万円

という状態で

  • 7万円の損失 → 残りの証拠金:3万円(入金ボーナスが消失)

ということになるのです。

つまり、FBS「100%入金ボーナス」は

証拠金として利用できない(=クッション機能がない)入金ボーナス

ということになるのです。

「クッション機能がない入金ボーナスに何の意味があるの?」

前述したFBSの場合は、ボーナスが「出金可能なボーナス」となっています。

例:FBS「100%入金ボーナス」の場合

例:FBS「100%入金ボーナス」の場合

ボーナスは、必要なロット数が取引された後、取引口座から出金することができます。株式の取引を行う場合(MetaTrader5でのみ利用可能)、1ロットが0.1の標準ロットであることにご注意ください。ボーナス条件を満たす時にそれを考慮してください。

パートナーのいないお客様の必要な取引ロット数は次の計算の通りです:米ドル換算の入金額(=ボーナス額) / 3 = 出金の必要取引数(ロット)(セント口座の場合は、1ロット=0.01スタンダードロット)。

例:
900ドル入金した場合
100%入金ボーナス:900ドル
900 / 3 = 300ロット

パートナーのいるお客様の必要な取引ロット数は次の計算の通りです:米ドル換算の入金額(=ボーナス額) / 1 = 出金の必要取引数(ロット)(セント口座の場合は、1ロット=0.01スタンダードロット)。

例:
900ドル入金した場合
100%入金ボーナス:900ドル
900 / 1 = 900ロット

つまり、

クッション機能がない入金ボーナスではあるが、取引条件(ボーナス額の3分の1のロット数)をクリアすれば、入金ボーナス自体が出金できる

というメリットがあるのです。

10万円を入金
  • 証拠金 = リアルマネー:10万円 + 入金ボーナス:10万円

合計:10万円の証拠金 + 入金ボーナス:10万円

という状態で

  • 7万円の損失 → 残りの証拠金:3万円(入金ボーナスが消失)

ということになる反面

入金ボーナスが消失しないようにトレードして

  • 1000ドルの3分の1、334ロットを7万円の損失を出さずにクリアすると、入金ボーナスの1,000ドルが出金できる

というメリットがあるのです。

クッション機能がない入金ボーナスというのは「取引条件クリアで出金できる」等、別のメリットが用意されているものなのです。

一概にクッション機能がない入金ボーナスがダメというわけではありません。

ただし、出金するためには一定の取引ロットをクリアする必要があります。

クッション機能がある入金ボーナスとクッション機能がない入金ボーナスはどっちがおすすめ?

クッション機能がある入金ボーナスとクッション機能がない入金ボーナスはどっちがおすすめ?

クッション機能がある入金ボーナスです。

メリットデメリットを比較すると

クッション機能がある入金ボーナスのメリットデメリット

メリット

  • 入金したリアルマネー以上に証拠金が増える
  • 増えた証拠金の分、持てるポジションが増える
  • 増えた証拠金の分、負けられるpipsが増える
  • 強制ロスカットまでの余地が大きくなる
  • 入金ボーナスを証拠金としてトレードして得た利益は出金できる

デメリット

  • 入金ボーナスの付与上限が比較的少額に抑えられる
  • リアルマネーが尽きてからしか、ボーナス分を利用することはできない
  • ボーナス自体の出金ができない

クッション機能がない入金ボーナスのメリットデメリット

メリット

  • 取引条件(一定のロット数)のクリアでボーナス自体の出金が可能

デメリット

  • 入金したリアルマネー以上に証拠金が増えない
  • 証拠金が増えないので、持てるポジションが増えない
  • 証拠金が増えないので、負けられるpipsが増えない
  • 強制ロスカットまでの余地が大きくならない

となります。

クッション機能がない入金ボーナスを利用する場合

クッション機能がない入金ボーナスの唯一のメリットは

  • 取引条件のクリアでボーナス自体の出金が可能

という点なのですが、そのハードルが極端に高いのです。

前述したFBSの例で言えば

10万円分を入金して得た、10万円分の入金ボーナスを出金するためには

  • 1,000ドル(10万円) / 3 = 334ロット

のトレードが必要になります。

334ロット(3340万通貨の取引)

ですから、

1日5回、1万通貨(0.1ロット)の取引をする方の場合

平日だけで668日かかります。1年の土日祝日の数は、120日ですので、668日を消化するためには、2年9カ月の期間が必要になるのです。

しかも、有効証拠金(ボーナス資金を除く)がボーナス金額の30%以下になると、ボーナスは消失してしまうので

資金を30%以下に減らさずに、2年9カ月トレードを続けて、やっとボーナスが出金できる状態になるのです。

なかなか至難の業であることが理解できるのではないでしょうか?

teacher

クッション機能がない入金ボーナスの唯一のメリットは「達成条件がかなり厳しい」ため、おすすめできないのです。※海外FX業者によっては達成条件の緩いクッション機能のない入金ボーナスもあります。

とくにFX初心者やFXトレードの経験値が低い方にとっては、ほぼ意味がないボーナスになってしまいます。

クッション機能がある入金ボーナスを利用する場合

10万円を入金
  • 証拠金 = リアルマネー:10万円 + 入金ボーナス:10万円

合計:20万円の証拠金

という状態にいきなりなるため

入金ボーナスを得たすべての投資家が

  • 通常よりも2、倍のポジションを持てる
  • 通常のよりも2倍、強制ロスカットまでの猶予ができる
  • リアルマネーが尽きても、同じ金額の証拠金分トレードができる
  • 入金ボーナスを証拠金としてトレードして得た利益は出金できる

というメリットを享受できるのです。

teacher

入金ボーナスは、リアルマネーが尽きてからしか利用できないことが一般的なたため、資金をどんどん増やせる上級者、自己資金が大きい大口投資家にとっては、それほどメリットは薄いのですが

  • すぐに資金がなくなってしまう
  • 資金がなくなる可能性が高い
  • 少額資金でトレードしたい

FX初心者やFXトレードの経験値が低い方にとっては、非常にありがたいボーナスとなるのです。

つまり、

  • クッション機能がない入金ボーナス → 上級者向けメリットが大きい入金ボーナス
  • クッション機能がある入金ボーナス → 初心者、中級者にメリットが大きい入金ボーナス

と言えるのです。

teacher

多くの方にメリットが大きいのは

クッション機能がある入金ボーナス

と言っていいでしょう。

クッション機能がある入金ボーナスを展開しているおすすめの海外FX業者は?

クッション機能がある入金ボーナスを展開しているおすすめの海外FX業者は?

基本的に

入金ボーナスの多くは、クッション機能がある入金ボーナス(証拠金として利用できるる入金ボーナス)

となっています。

代表的なクッション機能がある入金ボーナス

XMTrading「入金ボーナス」

XMTrading「入金ボーナス」
100%入金ボーナス(最大500ドル)
20%入金ボーナス(501ドル~最大5,000ドル)

XMTradingの詳細はこちら

GEMFOREX「入金ボーナス」

100%入金ボーナス(不定期)

GEMFOREXの詳細はこちら

iFOREX「入金ボーナス」

iFOREX「入金ボーナス」
100%入金ボーナス(最大1,000ドル)
25%入金ボーナス(1,01ドル~最大5,000ドル)

iFOREXの詳細はこちら

代表的なクッション機能がない入金ボーナス

FBS「入金ボーナス」

FBS「入金ボーナス」
100%入金ボーナス

FBSの詳細はこちら

TradersTrust「入金ボーナス」

TradersTrust「入金ボーナス」
100%入金ボーナス(不定期)

TradersTrustの詳細はこちら

HotForex「100%クレジットボーナス」

100%入金ボーナス

HotForexの詳細はこちら

海外FX入金ボーナスのクッション機能に関するよくある質問

海外FX入金ボーナスのクッション機能に関するよくある質問

「クッション機能があるボーナス」と「クッション機能がないボーナス」を海外FX業者のウェブサイトで判別することが難しいのですが、どうすれば良いでしょうか?

どうしても、海外FX業者のボーナスに関する情報は、海外FX業者によって表記の方法が異なります。

  • ボーナスの詳しい情報にウェブサイト上では触れていない海外FX業者
  • ボーナスの詳しい情報(利用規約)は英語で表記している海外FX業者
  • ボーナスの詳しい情報(利用規約)を日本語で表記している海外FX業者

限られた日本人スタッフが世界展開している海外FX業者の利用規約を翻訳して掲載していることが多く、翻訳が微妙であったり、翻訳が間に合わず英語のまま記載しているため、混乱しやすいのです。

teacher
「クッション機能がないボーナスの特徴」を把握するためには、利用規約を見て、わからなければ日本語サポートに聞くのが一番確実な方法です。

ボーナスの利用規約を確認して、下記の特徴があるかないかで、ある程度、「クッション機能があるボーナス」と「クッション機能がないボーナス」を見分けることが可能になります。

クッション機能がないボーナスの特徴

「クレジット」付与という表記

「ボーナス」ではなく「クレジット」付与と書いてある入金ボーナスがクッション機能がない入金ボーナスのケースが多いです。すべてというわけではありません。

ボーナス消失条件がある

クッション機能がないボーナスの場合は

  • 有効証拠金がボーナス額以下になったら消失
  • 有効証拠金がボーナス額の30%以下になったら消失

というような消失条件が記載されていることが多いです。

クッション機能があるボーナスの場合は

  • 入金したリアルマネーを出金したときにボーナスが消失する

だけの消失条件なので、違いがわかりやすいです。

ボーナス自体の出金ができるもの

すべてというわけではありませんが、ボーナス自体が取引条件クリアで出金できるボーナスは、クッション機能がないボーナスのことが多いです。クッション機能があるボーナスは、ボーナスを証拠金としてトレードして得た利益のみ出金可能です。

teacher
どうしてもわからない場合は、日本語サポートに連絡して、聞いてみることで確実に「クッション機能があるボーナス」か「クッション機能がないボーナス」かどうかがわかります。

海外FXの入金ボーナスはこちら

おすすめの海外FX業者はこちら
海外FXおすすめ
海外FXプロトップページ
海外FX
海外FX業者のスプレッドをリアル口座で比較したデータはこちら
海外スプレッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円